介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ニュース・記事掲示板

介護離職者は重要課題と認識

  • けあともニュース・記事

「介護保険利用者の認知症に関する質問」に対する答弁書(11/1)《内閣》 ■詳しくはこちらから■「介護保険利用者の認知症に関する質問」に対する答弁書政府は11月1日に、「介護保険利用者の認知症に関する質問」に対する答弁書を公表した。 「介護保険制度の改正」については、社会保障審議会介護保険部会において検討されている。具体的には、「要支援1・2の判定を受けた高齢者を介護予防給付の対象から外し、市区町村の事業へと再編する」、「特別養護老人ホームの入所者を要介護3以上に限定する」、「高収入高齢者の介護費自己負担割合を2割にする」など、利用者の負担増を招く内容となっている。また、介護をするために職を辞めざるを得なくなる、いわゆる「介護離職」という問題があるのも現状だ。 これを踏まえ長妻昭議員(衆議院)は、(1)65歳以上の介護保険利用者のうち、認知症判定を受けていた人(自立度I以上、一次判定時)は何人で、何割を占めるのか(2)要支援者を地方事業に移管した場合、認知症予防を推進する体制は確保できるのか(3)介護離職の原因と政

続きを読む

コメントする

その介護離職より

  • サゴさん

私は介護をするための介護離職より、介護職を続けられなくて辞める介護離職(介護職の離職)のほうが心配だったりします。

いつぞや安倍さんが「介護離職ゼロ」を掲げたときに、ずいぶん喜んだ覚えがありますが、誤解だったと知り、ずいぶん落胆しました。

いつもいつも思います、お偉いさん方、見るとこ間違えてますよって。


あちらさんの言う「介護離職」問題を解決するには、担い手である介護職の離職や待遇問題を解決しないと改善されないと思うのは私だけでしょうか?

親の面倒は子供が見る、誰かがいつも家に居る、という昔の形態をぶっ壊して、共働きの消費社会に国を変えておいて、その負担の担い手となっている介護職を差し置いて問題解決なんかできないと思います。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更