介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

同僚がアスペルガー障害です。気づいたら自分がノイローゼになりました

  • ローゼさん
  • 閲覧数:36,263
  • コメント:21

自分:介護福祉士(5年目)
同僚:初任者研修(2年目)

タイトルの通り、同僚のA子さん(仮名)がアスペルガー障害です。

A子さんは入社当時から、職員にも入居者さんにも配慮のない発言や行動が見られたり、
動くべき場面で動かなかったりと、どこかおかしい人だな?と思う事はありました。

入社から1ヶ月もしないうちに、配慮の無さや空気の読めなさは増々酷くなり、
最初感じていた違和感は、「明らかにおかしい!」という確信に変わり、
上の人間がA子さんに問いただしたところ、実はアスペルガー障害であることが発覚しました。

その後も、A子さんの暴虐武人な振る舞いはますますエスカレート。

注意しても、言い訳や屁理屈ばかりを繰り返して全く改善せず、
何度も同じミスやトラブルを起こしては、
その都度相手に責任転嫁をする・・・を繰り返しています。

最初は注意していた同僚達も
「この人には何を注意しても無駄だ」と諦め気味になり、
それでも諦めず注意を続けた同僚(2名)は、
何故かA子さんから「この人は私を嫌いだからイジメている」
というレッテルを貼られ、逆に精神的に追い込まれて退職しました。

自分も、A子さんに何とか改善して欲しいという気持ちがあり、指導・注意を続けてきましたが、
ある時期から不眠や原因不明の胃痛、休日もA子さんのことが頭から離れない等、
精神的・肉体的に明らかな不調をきたしてきたので、
おかしいと思い、医者に相談したところ、中度のノイローゼだと診断されました。

このままでは仕事を続けられないし、
これ以上A子さんに関わると自分が壊れてしまうと思い、
周りに退職の意思がある旨を相談しましたが、
同僚は皆「A子さんのことであなたが辞めることはない」と引き留めてくれます。

同僚の気持ちは物凄くありがたいですが、精神的にはもはや限界に近いです。
しかし、自分が辞めた後、残された同僚や入居者さんがA子さんに何をされるかと思うと、気が気ではありません。

自分は一体どうすればいいのでしょうか。
もはや自己判断もできないくらい疲弊しきっています。

コメントする

主題と離れてしまい大変申し訳ありませんでした。。。

  • サゴさん

つい気になったコメントにばかり注目していまい、主様の主題と外れてしまってすみませんでした。。。

内容は取り下げませんが、主題に対して謝罪します。

指摘してくれた方、ありがとうございました。

主様、からだ、こわさないようにしてくださいね。

脱線王の私よりいいアドバイスできそうな方にコメント頼んでおきました。

来てくれるといいのですが。

なるほど 0
コメントする

こんにちは

カウンセラー薫織です。

カウンセラーの私からアドバイスは

今のローゼさんに必要な事は
退職ではなくまずは休職して静養、治療、緩和だと思いますよ。

まずは医師の指示のもと静養、治療、緩和してから
それから進退問題を考えられた方が良いと思います。

今、現在ローゼさんは自己判断能力が低下している自覚ある中で中で
進退問題で最良の答えを出せないと思いますので

まずは休職して静養、治療、緩和してそれから考えられることを
おすすめ致します。

なるほど 0
コメントする

驚きました

  • mizukaさん

はじめまして、私は先月まで老健施設に勤務していたのですが、
今は訳あって、デイサービスで働いていいます。

実は、三年前に、先月まで勤務していた老健施設に、A子さんと全く酷似するようなケースの女性介護職員がいました。

なるほど、今を思えばアレはアスペルガーだったわけですね。
その人(以下、Bさんと呼ばせていただきます)は、100%Bさんに落ち度あって、別に責めてるわけでもなく、単に同じ過ちを繰り替えないでほしいという思いを込めて注意をしても、自分は悪くないと断固言い張り、それで機嫌を損ねるとロクに挨拶すらしなくなります。

更に3秒でバレる嘘を平気でつき、利用者とのトラブルも絶えず、入社して一週間で同僚からもそっぽを向かれ、一緒に仕事したくないというクレームがつきました。

それが事務長の耳に入り、他の部署に異動させてくれるかと思いきや、「仕事だと割り切って、最低限度の関わりしか持たないようにして、我慢しろ」と言われました。

それから少しして、Bさんが事務長と二人で相談室で会話してるところを見かけ、てっきり、事務長がBさんを解雇しようとしてるのかと、思いきや、事実は真逆で、周囲からの白い目に耐えかねたBさんが、事務長に退職を切り出したところ、事務長は辞めないように説得しているようでした。

二人の会話がドア越しに聞こえていたので、部屋の前を通るたびに、内容は大体わかりました。

Bさんは、うちの法人が経営するアパートを寮として借りており、事務長は以前、私にもしつこくそのアパートに引っ越しくるように誘われたことがありました。

つまり、事務長にしても、Bさんに辞められてアパートから出て行かれたら困る理由があったわけです。

それでデカい態度をとるようなったBさんのおかげで、それから半年間は、悪夢のような毎日でしたが、半年してから、
ある利用者のお金が数十万円単位で盗まれる事件が起こり、
警察も捜査に来ました。

Bさんは、その日夜勤で来ていたのですが、出勤してから一時間半くらいで具合が悪いと早退し、その日を境に、退職することになりました。

警察の話では、Bさんが犯人だと一応の目星をつけている、とのことでしが、新聞で逮捕された記事はのっておらず、おそらく、弁償して和解したか、証拠不十分で不起訴になったか、そのどちらかと思います。

長くなりましたが、常識が通じない相手に、理性やモラルを投げかけたところで馬の耳に念仏と同じ、本人に届く事は絶対にありません。

世知辛い世の中、傷つくのはいつも、善良で他社に気を配り、思いやりに溢れた人間の方です。

Aさんに対する不満ややり場のない怒りは、他の職員もお持ちだと思うので、そういう方々と手を取って、最初は直属の主任に相談して、今のありのままの気持ちを上の人にわかってもらうことだと思います。

少なくても、慣れ親しんだ職場を離れる必要はあなたにはないし、理不尽な思いで傷つく必要もないと思いまます。

辞めるのは選択肢のうちの一つとして、他の可能性も是非、見出していただけたらと、思います。






なるほど 0
コメントする

障害者雇用に関する助成制度を利用しましょう

すべてはA子さんが障害があることを隠していたことが原因です。
発達障害のある人と仕事をするには、対応方法や指導方法を事前に学んでいなければなりませんでした。

なるほど 0
コメントする

主文から話を横道にそらす様で申し訳ありませんが

発達障害の娘を持つ親です。

発達障害を持つ物が社会に適合していくのは
難しい事は良く分かっていますし実感もしています。
娘も周りの友達と上手くコミュニュケーションが
取れずに苦労し、彼女なりに悩んでいます。

その様なおり、こちらの掲示板で
発達障害者を悪と決めつけられている様に思える方が
いらっしゃるのを拝見し非常に残念に思っています。


>言い訳や屁理屈ばかりを繰り返して全く改善せず、
>何度も同じミスやトラブルを起こしては、
>その都度相手に責任転嫁をする

うちの娘も、同じ失敗を良くします。
ただ、他者に責任転嫁するよりは
サゴさんも言われていますが
どちらかと言うと自分を責めてしまいます。

人間 十人十色
色んな人がいると思います。
ただ、発達障害だから。。。と言う考え方は
辞めて欲しいです。

最後に、僕は娘には
発達障害の理解ある会社に
入って欲しい。。親心です。



なるほど 0
コメントする

おそらくですけど、mizukaさんの元同僚さんは

アスペルガー症候群ではなく
ADHD単体またはADHD、アスペルガー症候群併発でADHD症状が強く出ていたのではないかと文面上からすると読み取れますね。

でも、その方と私が直接、お会いしていないのであくまでそうかもしれないですけど。

なるほど 0
コメントする

思うに

アスペにだとしても人権侵害、差別ですよ。

なるほど 0
コメントする

世の中

あなたみたいな考えの人がいるから世の中おかしくなるんですよ。発達障害で好きで間違えたりしてるわけでわないのでしょうか?貴方は、100%完璧ですか?間違えたことないのですか?私私ならご自分で会社を起こしたらどうでしょうか?貴方の好きな方だけ雇えばいいからです。

なるほど 0
コメントする

なんか、水掛け論になってきているような

  • サゴさん

介護郎さんの客観的で冷静な意見も、あさこさんの情愛的なやさしさや思いからくる人情的な意見もどっちも正しいと思いますよ。

ただ、それこそ障がいの有無や利用者と職員の立場とか、それぞれの事情はさておき、そもそも「誰かが誰かのためにずっと我慢を強いられる」環境というのは、例外を除いて長く続かないと思います。例外ってゆーのは「親子や家族」のことで、あれは、「無償の愛」なので我慢を我慢とも思わない特例となりえる特殊な例です。

ですが、他人同士にそこまでの関係性は難しく、「誰かが誰かのためにずっと我慢を強いられる」環境下では不満やストレスが溜まりやすくなるんだと思います。

それを少しでも軽減するために、介護職ってゆー専門職が「誰かが誰かのためにずっと我慢を強いられる」環境を緩和したりサポートするんですよね?

それって、対利用者さん患者さんだけでなくて、自分の周りの環境だって同じことが起きていたら、助けは必要ではないでしょうか?

なので、今回の場合、障がいの有無は論点ではなく、

どうしたら主さんがその人との関係で陥っている「誰かが誰かのためにずっと我慢を強いられる」環境から脱することができるのか、を話すべきでした。

私の過去のコメントも、主題からやはり外れてますね、お恥ずかしいかぎりです。。。。

主さまも、そのAさんの障がいの有無よりも着目すべきは自分にとってどう被害がでているので、こう改善する必要がある、ってことですよね。

という経緯から考えると、あさこさんの思いやりのある意見も好きですけど、介護郎さんの言っている意見がとっても的を得ている気がします。

なるほど 0
コメントする

会社への不信感があるのでしょう

なんか、別の話で盛り上がっておりますが
まず疑問に思ったのは
ローゼさんがただの同僚であるA子さんにそこまで理解を深めて行く必要はあるのでしょうか?
ミスを指摘し教育するチームワークは必要だと思いますが、指導の仕方など大きな方針を決めるのは、上司の役目です

同僚は皆「A子さんのことであなたが辞めることはない」と引き留めてくれます。

とありますが、本来の理由はA子さんではなく、A子さんに対して具体的な対処を行わない、上司や会社に対して不信感があるので、退職するという理由だと思います。

ノイレーゼと診断されているなら、それを理由に休職するなり、転職をするのがいいかと思います。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更