介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

食事介助について

  • さん
  • 閲覧数:2,180
  • コメント:5

ヘルパー2名で最大4名の利用者様の食事介助を行う可能性が出てきました。またその合間を縫って1名の利用者様に居室配膳、服薬介助、下膳を行わなければなりません。さらに食介中に1名サービスに入る必要があります。もちろんその他の利用者様の服薬介助も行います。このような場合、皆様はどう対応されますか?

コメントする

うちは・・・。

ヘルパー2名で最大4名の利用者様の食事介助ですか?

うちは、1人で2人~3人の食事介助、服薬介助を毎食やってます。
2人いれば羨ましいですよ。

なるほど 0
コメントする

なぜ同時進行?

  • totoさん

 1人で2人の食事介助自体は無理じゃないと思うけど、それと並行して他の業務もとなると厳しいかも知れませんね。

 ただ、何ですべてを同時に行わないとならないのでしょう?

 時間をずらせば良いだけの事でしょ?

 上司から「そうやれと言われているから」で、何の提案も出来ない、対案も出せないのであれば、黙って言われた通りにやって、掲示板で愚痴るしか無くなっちゃいますよ。

なるほど 0
コメントする

想定の範囲内

  • 坂田さん

そちらのADLも嚥下も分からないのに偉そうに聞こえるかもですが想定の範囲内。むしろ良い方ですよ(泣)
相方の出方次第なのかもしれません。
信頼のある先輩に聞いたほうが確実です。

「今はまだ」「これから」の業務内容にケチつけても上は納得しないかも。何度かやってみてダメなら都合都合進言するしかないです。
ここで重要なのは、やらなきゃ怒られるからズルして時間内に終わらせたと見せよう、としてそれを裏マニュアル化しないこと。
「できるときはできるんだから皆やれ!」
となって結果的に全員の首を絞めます。

なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうございます

  • さん

コメントしてくださった皆様、ありがとうございます。またお礼が遅れてしまい申し訳ありません。
投稿からしばらく建ちましたが、現在の状況を。介助が必要な方、必要となる場合がある方の情報です。

・介助必須な方

I様:介護度4、ミキサー食、プラスチック食器使用

  昨年秋、シャント詰まりによる脳梗塞で入院。退院後IADL低下し、プラスチックスプーンの使用も困難。

Y様:介護度5、全粥+ミキサー食、プラスチック食器使用

   昨年春、左肩を骨折。現在も訪看によるリハビリ、注射続けている。また秋に脳梗塞により入院。右麻痺となる。

C様:介護度4、全粥+ミキサー食、プラスチック食器使用

   唯一サービスとして食事介助行っている。ある程度は自力摂取可能であり、日によっては半分ほどされることも。


・介助が必要となる場合がある方

U様:介護度5、全粥+極刻み、プラスチック食器使用

   昨年秋肺炎で入院。その際に判明した疾病があるが、本人には告知していない。お皿に取り分けた後は自力摂取されるが、体調によりスプーンを持てない場合がある。

A様:介護度5、ミキサー食、プラスチック食器使用

   落ち着いている時は自力摂取されるが、不穏になられるとお茶をこぼす、スプーンをかじる、折る等の行動見られる。傾眠みられることも少なくない。

なるほど 0
コメントする

主 続きです

  • さん

朝:7時20分頃から朝食(ヘルパー3名)、全利用者数28名

ホールにて配膳終了後、居室配膳(1名)行い、必要な方の食事介助開始。7:30に経管栄養の方の起床介助2名サービスに入る。

昼:11時20分頃から昼食(対応可能な職員数は日により変動)

経管栄養の方の起床介助ない以外は朝とほぼ同様。受診やデイサービス等により、利用者数は日によって違います。

夜:17時20分頃から夕食(ヘルパー2名、看護師1名)、全利用者数28名

A様は毎日家族が来られ、食事、服薬介助されます。17:30にサービスがひとつあります。


大体このような感じです。日により状況は変わります。個人的には朝がいつもギリギリです。6時から始まり、朝食までに9名、朝食中に2名サービス、インフォーマル問わず起床介助を終える必要があります。食前薬、点眼もあり、今まで誤薬等のミスがないのが不思議なくらいです。また8時からサービス、受診が入っていることが少なくありません。食事介助必要な方々はその時間までに臥床は不可能ですので、夜勤者がサービス残業するか、8時からのサービスの時間が押す、という毎日です。昼も夜もそれぞれ厳しい点はありますが。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更