介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

訪問介護サービス記録の書き方について

  • まっぴぃさん
  • 閲覧数:1,309
  • コメント:1

記録表には確認【火元、電気、戸締り】にチェック項目があります。前の事業所では
電気と戸締りは必ずチェックするよう教えられましたが、今の事業所では統一していません。皆さんバラバラです。
調理をしたら火元にチェックはしていますが
皆様の事業所では、電気、戸締りのチェックの基準はどうなっていますか?教えて頂きたいのですが。
初歩的な質問で申し訳ありません。
私の見解としては調理をしたら→火元
家の電気を付けた後に消す→電気にチェック
玄関を閉めて帰る→戸締りにチェック
と認識していますが。。。
皆様のご意見をお聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします
また、訪問介護計画書に確認【火元、電気、戸締り】がなくてもチェックしていいのでしょうか。

コメントする

基本は元に戻すを原点に

  • rann77さん

お疲れ様です。
訪問介護のヘルパーをしているものです。
私の場合、多くの事業所に登録を今までしてきました。
記録書には
おっしゃられるように、 項目で、
火元、電気、戸締まりなどの項目に似たような
書き込みをしているところも中にはありました。

そのような項目もない事業所もございます。

介護保険上、書式は何でもOKだから、
そこの事業所独自で良いかと思われます。

まずは
火元、調理をしたらチェックをする当たり前ですよね?
電気は利用者さんのところではどうなのかしら?
利用者さんは、消してねって言われていたら、
消しますよね?
ヘルパーがつけても、中には消さないでねって言う
ところもあります。
基本は使ったものは戻しましょうですよね?
戸締まりは
基本は閉めます。
でも、利用者さんにより閉めなくても良いからって
おっしゃられる方もいます。
ご自身がそのことを意識をなさっておられるなら
それで良い気がしますが?

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更