介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

バルーンの利用者対応

至急お願いします。
バルーンの方で外にでてるタイプではなく、膣内に入ってチューブがでているタイプです。
チューブに注意しながら陰部洗浄をするのと薬の塗布をお願いされています。これは医療行為ではないのでしょうか?

コメントする

施設ですよね?

  • rann77さん

施設のことはあまりわかりません。
訪問介護ならば、絶対にケアマネからのケアプランがあります。
そこに計画書の
2表に記載がありますと行います。

ケアマネは必ず行政に確認をとられます
医療行為かどうかはケアマネも慎重になります。

介護保険を使っている施設なら
絶対にケアプランがあります。
ない場合は介護違反になり、
指導が入ります。

後は指示書
介護計画書
それを確認をとられるか、施設ならリーダーさんに
確認をとられましたか?

なるほど 0
コメントする

主 追記

そう言った文言はないです。

なるほど 0
コメントする

危険かも

  • rann77さん

となると
個人ファイルはどのようになっていますか?
何も記載がないのですか?

もしも 

仮定でお話をさせていただきますと
完全な介護違反になります。
ケアプランがない、指示書等のこともない。

とてもではありませんが、ヘルパーがやるには
とてもではないが、ちゅーたろうさんご自身も
皆様も医療行為もそうですが、
そればかりか
介護違反になります
もしもその方に
何かしらありましたら、どうなりますか?

抜けたら大変ですよね。

きちんとお話などをされておいたほうがよい気がします。

なるほど 0
コメントする

医療行為ではありません

お疲れ様です。

陰部洗浄と褥瘡の処置を除く皮膚への軟膏の塗布は介護職員にも認められています。

チューブが入っているから躊躇があるのかと思いますが やっていることはチューブに注意しての陰部洗浄という当たり前に行う介助でしかないです。


で これは単純に疑問なのですがひとつ質問をさせてください。
チューブが入っているのは本当に膣なのでしょうか。

なるほど 0
コメントする

追記

書き忘れました。

介護職の医療行為について厚生労働省の見解URLを貼っておきます。
ご参考にされてみてください。

http://www.mhlw.go.jp/stf2/shingi2/2r9852000000g3ig-att/2r9852000000iiut.pdf

なるほど 0
コメントする

施設ならば

万が一、抜去した時はすぐに対応できますよね。
今は、介護職の仕事の幅が広がりつつあるよね。
カテーテル周辺の清潔に気をつけ、あとは、カテーテルを体位変換したり
介助する時に抜けてしまわないように注意することかしら。
自然に抜去されることもあるので、洗浄時にぽろっとカテーテルが抜けることも稀にありますよ。
その時は、状況を見て、臨機応変にね。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更