介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

資格・試験

福祉用具専門相談員について

  • ゆなみんさん
  • 閲覧数:926
  • コメント:2

小規模多機能施設で介護福祉士をしています。スキルアップのために資格取得を考えており、住環境に興味があり、去年は福祉住環境コーディネーター2級を取得しました。
それでは物足りず、今は福祉用具専門相談員の資格はどうかなと考えているのですが、もし転職するのであれば有利な資格になるのでしょうか? 福祉用具販売店では必要人員2名?となっているみたいですが、介護福祉士であれば誰でも受けれる資格ですし、今後の重要性というか現場ではあまり聞かない資格でしたので、もしいらっしゃったら待遇面など教えて頂きたいです。
 ケアマネージャーの資格も考えていたのですが、母が持っているのですが、聞く話だけでも仕事内容がハードで、休みの日にも電話がかかり、4年に1度の更新があるというのも億劫に感じています。。しかし必要性、活躍できるのはこの資格かと思いますし、どうしようか悩んでいます。

コメントする

確か…。

介護福祉士持ってるなら、
福祉用具相談員の資格なくても
大丈夫だと思いますよ(^ω^)
介護福祉士>福祉用具相談員。
介護福祉士は国家資格。
福祉用具相談は員任用資格。

なるほど 0
コメントする

キャリアアップ的に

  • 関西さん

現場で直接介護を行うのも、年齢的なものや体力的なもので定年まで行きつける方はなかなか居りません。

そんな中で、社会福祉主事資格(地域によっては介護福祉士でもOK)を取って相談員業務に移る方も多いです。

それか介護支援専門員を取得してケアマネ業務ですね。
更新は6年ごとです。

やはり直接援助から間接援助に移行するにあたって、そこに馴染めるかどうかが問われます。
業務の内容が全く違うので。ただ、現場経験はすごく活きます。

理由があって異動したものの、やっぱり直接関わりたいと戻る方も居ます。



そして、福祉用具専門相談員の資格は介護福祉士を所持しているのであれば不要ですよ。勉強したいということであれば受講するのもいいと思います。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更