介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

ご飯を食べてくれない利用者の

  • はちなつさん
  • 閲覧数:1,160
  • コメント:2

ショートステイに入居されている95歳の利用者が食事をほとんど摂取してくれません。強度認知症で機嫌の起伏も激しく、暴力もあります。エンシュアを1日2本処方されていますが、1日1本飲めばいいほうです。看護師は介護職員のやり方が悪いと言いますが、看護師が食事介助をすれば薬も服用させることも出来ません。ちなみに介護職員は薬の服用は全員出来ます。看護師は私達のやり方が悪いのだからもっと食べさせるようにと言われ困っています。食事に時間をかけたり食器を変えたり好きな物を出したりとしているのですが、どうすればいいでしょうか?

コメントする

結論から言えば・・・。

確かにうちにもこのような利用者さまいますね。
結論から言えばしょうがないのではないですか?

食べたくないなら、胃ろうになるか?そういうことです。
できる範囲で食事を摂取したらいいと思います。

なるほど 0
コメントする

ご家族、ケアマネと話し合いが安心

お疲れ様です。

95歳のショートステイ利用者に、頑張って食べさせるべきか微妙、って感じもしますけど・・

食べないなら、食べたくないか、食べない理由があります。
認知症になられた方は、無軌道に生きているわけではなく、良くも悪くも自分の欲望に忠実です。
拒否は意思表示ですから、なぜ拒否をするのか観察して、原因を探り、解決するのが基本です。
原因不明→一番困る笑
食堂のざわめきで興奮しているかも→居室対応を検討
食器がたくさんあるせいで頭が混乱してるのかも→手持ちの軽いボウル一つでまとめてみる
ゆっくり自分で食べたい、食介が邪魔なのか→早め開始、自力促進のためカトラリーを工夫する
単にまずいのか、エンシュアが嫌なら、メイバランスのコンポタ味なら飲むかも?とか。
病気かも?老衰間近かも?自宅なら食べるかも?可能性はいろいろです。

しかしその前に、摂取量に関しては本人と家族と手をかけて話し合うべき案件と思います。
今後の介護方針や、健康、命、延命への考え方になるからです。
食べないなら食べないでいい家族もいれば、最後は胃ろうになってでも、って家族もいるでしょう。
状況から来る介護職医療職の見解、データ、取り組み、施設で出来ること出来ないこと、などきちんと提示して、家族に選んでいただくべきですね。
言った言わないにならないように、ケアマネに入ってもらうと安心かと思います。

拒否は大変ですよね。頑張ってください。



なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更