介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

外国人介護士との共存の方法についてご意見をください。

在日フィリピン人の介護職支援をしています。現場の受け入れに際していろいろと解決しなければならない課題がたくさんあろうかと思います。
しかし、それらの課題を前向きに解決して、共存できることが、今の介護現場で必要なことだと信じています。
明るく、いたわりの心が強いその彼らには、ケアギバー、介護職・介護士になることが小さいときからの夢であったと語る人が多いです。
そこで、どのように取り組めば、彼ら在日フィリピン人介護士たちとうまく共存して、現場をいい方向に変えていけるのか、ご意見をいただければ幸いです。

コメントする

関わったことはありません

ありがとう

関わったことはありませんが、フィリピン国籍の方と働いたことがあります。
とにかく、心根が優しいです。
おっかさんみたい。
コミュ力も高いので、心配ないんでしょうか。
定期的に親睦会を開いてみてはいかがでしょうか。

なるほど 0
コメントする

国民性が異なるのでなかなか大変ですよ

  • zooさん

ありがとう

 中国人の介護士さんとフィリピン人の介護士さんと働いたことあります。 国際結婚して日本人の奥さんとして、非常勤で働いておりました。ただ、外国人介護士としても、中国人の人とフィリッピンの人では、国が違うので、対応は異なりますよね。 
 ただ、言える事は、相手の国の状況を見極めないといけないと思います。そして、歴史も・・・
 そして、日本みたいに、単一国家ではないので、ある程度の自己主張もあるし、割り切りもありますね。 中国の人は、あまり、非を認めたがらないって一面があるかも。
 フィリッピンの方は、多くの人がクリスチャンで、優しい面を持っているように見受けられました。
 でも、外国人の方とのお付き合いは、言葉の問題があります。日本人みたいに以心伝心とはいかないでしょうね。 フィリッピンの人は、英語は、得意ですが、漢字は苦手でしたね。
 介護士として、一緒に働いた場合、心配事はたくさんありましたよ。
でも、お互いに認め合う事が大事です。
 

なるほど 0
コメントする

国民性の違いを・・

ありがとう

お疲れ様です。
中国人、フィリピン人と複数回勤務経験があります。

デメリットは、はっきり、言語の壁。
大卒インテリ一族のお嬢様で、日本で結婚して子育てしている中国人も、しゃべる言葉と介護での会話の壁に苦しんでいました。
ざっとしゃべるだけでは通じない。
正しく正しい日本語でなければ通じないので、周囲の配慮が必要でした。

フィリピン人は、私の知ってた人達は時間や規律が、あれ?なところがありました。
日本の感覚だとルーズなのですが、良く言えばおおらかというか・・・時間のとらえかたが「だいたい」とか30分の前後の幅があるのです笑
要はそういう感覚?国民性なのでしょうから、悪意があるわけではないな・・と考え。
腹を立てずに粛々と、最低限、遅刻はやめてね、日本では時間はぴったりに行動するのよ、と、話せばわかってもらえました。

結局のところ、何人であろうとも、良い人か悪い人か、のシンプルなカテゴライズですね。

でも、国民性や言語など、いろいろな感覚の違いがありますから、こちらも理解して対応する必要があると思います。
仕事での感覚の違いを許してはいけないけれども、日本の感覚で「非常識!」とかっかせずに・・
それは国民性と受け止めて、日本の考え方を理解してもらうように話せば解決します。

経験則ですので、ご参考まで。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更