介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

重身の支援について

  • ライカさん
  • 閲覧数:816
  • コメント:1

重度心身障者の支援をしていますが毎日、入所者から頭突きや爪立て、激しく掴まれ引っ張られて気持ちも体もつらいです。体につけられた傷痕は何年経っても消えないし、施設側は職員が入所者に対しての虐待には敏感ですが、職員の方が逆に虐待を受けています。入所者の家族は自分たちでは面倒見切れないから施設に入れたのに、たまに来て少しでもスリ傷や何かを見つけると虐待しているのでは?とクレームを言ってきます。そんな事を言うなら私たちの腕や肩を見てほしい。噛まれた痕やひっかき傷だらけだから。なら辞めれば?と人に言われるけど・・・
毎日排泄や食事の介助しか出来ないくらい人手も時間も不足しているのに上からはそれ以上を求められ、どんなに入所者が暴れても、その人らしさが失われてしまうという理由から薬も飲ませず自分たちで何とかしろと言われてます。その人らしさって・・・何なの?

コメントする

主 ありがとうございます。

ノーマライゼーションの考えでしょうね。
薬を使わないに越したことはないのかもしれないけど、無理だと思う。
どんなに健常者と同じくしようとしても人前で全裸になったり、他害や
自傷をためらいもなく出来る方達をどうしたら健常者と同じ扱いが出来る
のでしょうね?差別って言われるかもしれない、でも働いてみてより一層
無理なものは無理と思うようになりました。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更