介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

資格・試験

認知症ケア専門士の更新

  • まめんまさん
  • 閲覧数:1,857
  • コメント:2

こんにちは。
更新必要かなあ…と思いながら、
せっかく単位を取得したので
更新手続きをしました。

が、沢山の疑問があって、
なんとなくモヤモヤします。
お時間があったら
愚痴にお付き合いください(笑)

【1】 この資格を維持するためのコスパ

〇 資格取得まで
資格を取るための試験科目は4科目あり、
それぞれに受験料が必要です。
1次試験 3000円×4科目=12000円
4科目すべてをパスすると
2次試験 8000円
1次2次を突破して晴れて資格取得となります。
その後認定料(登録料)として15000円
任意ですが認知症ケア学会員になるために
5000円(年会費)
〇 資格取得後
認知症ケア学会費 毎年5000円
5年ごとに資格の更新が必要です。
資格を更新するためには
5年の間に指定の講座や研修を受講し
更新の為に必要な30単位を取得する必要があります。
この単位を取るためにも受講料が必要です。
おおよそですが、
5単位を取得するために3000円
7単位を取得するために6000~10000円
会場までの交通費
などの出費があり、
30単位を取得した後は
登録更新料10000円は必要です。
ざっと計算しただけで、
5年間で90000円程度の出費があります。
6年目以降は受験料は不要ですが
学会員になったとして50000円程度、
年間1万円程度の出費となります。

さて、では認知症ケア専門士の資格を持ち続ける事で
収入につながるかというと、
この資格に対する資格手当などで給与に反映している職場に
私はまだ出会っていません。

【2】 単位取得のための講座、研修

〇 地域ごとに行われる事例検討会
これは主に5単位3000円の参加型研修のようなもので、
1つの事例を1グループ6人程度で検討するものです。
職場でいうところの、ケア会議のようなものです。
現場で行われる会議とは違い、書面でADLやBPSDなどの情報が与えられ、さあ、どうケアしますか?
を話し合って発表します。
当然ですがご本人はいらっしゃいませんので、
こんな時にこんな表情をした
こうアプローチしてみたら通じ合えた
のような日頃のケアで日常的に得られる情報は無視です。
たいていは発表して簡単なまとめがあって終わりなのですが、
たまに、新しい発見を促してくださる講師の方がいらっしゃっていて
講評・解説をしてくださることがあります。
〇 地域ごとに行われる大会
7単位6000~10000円の講習会のようなものです。
専門の方々が講義をしてくださったり、専門士の事例発表会があります。

【3】 単位取得や資格更新とための手間
受講料、更新料などの払い込みは郵便振替しか取り扱いがありません。また、専用の振り込み用紙や送付用封筒などはありません。
ただし、毎年学会費を支払うための振込用紙だけは必要事項がバッチリ印字されたものが送られてきます(笑)
更新の為に必要な単位や講座の開催予定などは学会ホームページで確認する必要があります。
うっかり5年を過ぎてしまったら資格を喪失し、ふりだし(受験)からスタートです。

なんかもやもやします。
かけたお金と時間…
認知症ケア専門士でなくても事例検討会や大会には参加できるので、習熟の為にこの資格を保持する必要性も感じません(笑)
まぁ、更新してしまったので5年は有効ですが…

読んでくださった方、
こんな愚痴とつぶやきの為にお時間を割かせてしまって
すいませんでした(汗)
何か改善されなければ、次は更新しないなぁ…
これから資格取得しようとされている方のご参考になれば
または
この資格を持っていてこんな利点があった!という方がいらっしゃれば教えていただけたら
ありがたいです。

コメントする

分かりやすく書かていて参考になりました。

ありがとう

まめんまさん
お疲れ様です。

分かりやすく書かれているので、とても参考になりました。

私なら第一に、研修に参加するか、しないかは学費や交通費などの経費については、「費用を負担できるか、できないか」だと思います。

そして、この研修や学びが「給与に反映するか、しないか」ではなく、「実務に役に立つか、立たないか」だと思います。

働いている職場によりますが、認知症の利用者のみならず、現場には絶え間なく利用者がやってきます。

その認知症の利用者に対して研修を受けて、更新し続けることで、実務に役に立つなら、費用を負担しても、学びや研修に参加したいですよね。

今日、私は介護福祉士の国家試験に合格しましたが、職域団体には入りませんよ。職域団体には入っても、仕事の役にはたちませんし、はっきり言って、お金の無駄です。

介護職員初任者研修、介護職員実務者研修の費用と交通費、介護福祉士国家試験の受験料と教材費、全部合わせて約30万円かかりました。

こんなに費用がかかるなら、デジタル一眼レフカメラを買えばよかったです。

ちなみに、私はデイサービスに勤務していますが、資格で給与は変わりません。あくまでも稼働率です。管理者は無資格でも大丈夫ですし、私は大卒なので3科目主事なので、これで事足ります。

なるほど 0
コメントする

主 にこにこはらちゃんず さんへ

コメントありがとうございます。

介護福祉士合格 おめでとうございます!!

ご意見拝見して、
モヤモヤが少し晴れました。

おっしゃる通り、
自己研鑽に寄与するかと言えば、
全くないわけではないですが
期待値以下でした。
この資格を目指したときに
多くを期待しすぎたのかもしれません(笑)

それともう一つ気付きました。
介護福祉士取得ための出費は受験料だけだったのに
給与面で優遇されることも多いしランニングコストがかからない。
でも介護福祉士は国家資格ですもんね。
認定資格である認知症ケア専門士を同じ土俵に上げて
もやもやしていたような気がします。

視野が狭くなっていたようなので、
広角レンズにしてピントを合わせていきたいと思います。

ありがとうございました。

PS.私は取得直後から介護福祉士会会員になっています。
介護福祉士の処遇改善などご尽力いただいている事への感謝と、これからも頑張ってくださいのエールを込めて。
それだけでなく、会報には新鮮で興味深い記事が掲載されていたりセミナーへの参加なども利用させていただいています。
介護ボランティアに参加できるのも私にとっては利点です。
ご参考までに。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更