介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

資格・試験

介護福祉士失格事由

  • げんこつさん
  • 閲覧数:2,448
  • コメント:0

介護福祉士の合格発表がありましたね。
毎年のように合格率が気になりネットで調べていると、フッと気になることがありました。

それは介護福祉士の失格事由についてです。


「禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して二年を経過しない者」


これはどういう意味でしょう?
ネットで検索すると2つの解釈がありました。


・執行猶予期間満了後、2年を経過しないと介護福祉士として登録できない。

・執行猶予期間満了後は、その執行が無かったことになり、介護福祉士として登録できる。




実際はどちらなのでしょうか?
自分が介護福祉士の試験を受けた時は気にも留めていませんでしたが…………
実際執行猶予期間満了後に介護福祉士を受験した人教えて下さい。


よろしくお願いします。

コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更