介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

特養での仕事についていけません。

はじめまして。少し前に特養に異動になりました。
前職がデイサービスでしたので、特養での介護についていけません。デイサービスだと高齢者の方でもお客様なので、どうしても丁寧、手厚い介護をしてしまいます。特養での残存機能を生かすという考えにあまりついていけません。先輩より1人1人に丁寧に接しすぎているので、仕事が遅い、効率よくできていないと言われ困っています。
デイサービスよりも人員が少ないので、レクなどもやる時間もなくやっていけるか不安です。

コメントする

精神的にきついですよね。

  • pontさん

デイサービスも忙しかったことかと思いますが、特養はまた違ったものがありますよね。優先しているものが違うというか、あまり個別には見てあげられないというか。

おっしゃっている残存機能を生かすというのは本当にその目的で、ご本人にプラスになるという合意形成がなされて自分でやって頂いているのでしょうか?施設の方には大変失礼ですが、もしかしてご本人は助けてほしいと願っているのに自分でやってもらった方が手がかからないという理由だけになっていることはないでしょうか。そうだとしたら疑問が残るのも当然かと思います。

また、効率重視的な仕事を要求され、丁寧さや手厚さ、人としてのやりとりに注力していると仕事として不十分と先輩方に評価されがちですよね。

でも職場全体を見渡してみましょう。お仕事に就かれている施設は何人の方が入居され、一日当たり何人のスタッフの方がお世話されているのでしょう。また利用料金はどれくらいでしょう。特養なので介護保険を使っていますね。その枠組みの中で生活の場として施設を機能させるだけで精一杯なのが現状ではないかと思います。

朝起こす時は、声をかけて眠たそうならば少し後にして、食事の楽しみを大事にしながら本人のペースで無理なく食べて頂き、トイレや入浴に行くのを嫌がる人にはその気になるまで様子を見ながらコミュニケーションをとって。…とやるのは当然です。

が、それだと大抵の場合用意された枠組みに収まらないのです。時間的にも、人員的にも、設備的にも、資金的にも。先輩方はそのことをよく知っていることでしょう。介護保険でやっているのです。一生介護サービスを利用することがない方や、税金からのお金もあって賄われています。歯医者で保険なら奥歯(大臼歯)の治療は銀歯にせざるを得ないことと一緒で贅沢は言えません。精一杯やっての疲れから、寂しい扱いをする方もいるかも知れません。

でも、そのままで良い訳ないですよね。それは効率よく制度を運営できない国がいけないのか、受け取った介護報酬を効率よく人員や設備に使えていない施設運営が悪いのか、施設の理念が悪いのか、はたまた少子高齢の社会を作ってしまった我々全員が悪いのか。それは分かりません。

一人の介護職員にはできることは限られています。人を扱うのに人間性の尊重より効率を重視しなさいと言われているとしたら苦しいことではありますが、やるだけやってみて効率がアップできれば一人ひとりと向き合う時間も作れるかも知れません。夜勤をされているならば、夜間にそういう時間が少しあったりします。日中でもたまに散歩に行けるならばその時もチャンスですね。

とりあえず今要求されている仕事をクリアすることを目指し、周囲に認められる様になってからレクや丁寧な接し方、手厚い介護に着手されてはいかがでしょうか。多分デイサービスと特養は要求されるスキルが違うのですぐには効率よく動けず、時間がとれないというのはあるかと思います。また、他のスタッフにあまり負担をかけすぎると信頼や協力が得られず、結局レクなども行えなかったりします。

デイサービスで培われた経験や利用者様と丁寧に接しようとする思いは大切に温めていかれることをお勧めします。それを発揮できるチャンスはその職場の中で見つけていけると思います。

また、色々な職場を経験されることで技術だけでなく日本の介護の現状や動向もなんとなく見えてきたりします。そういうことが将来のステップアップにつながるのではないでしょうか。会社も、主様にそういうことを期待して異動しているのだと信じましょう。やってみて報われなければ次の職場探しちゃいましょう。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更