介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

ユニット型について。

  • らむね。さん
  • 閲覧数:1,666
  • コメント:5

ユニット型で働いています。
1ユニット利用者10人を職員固定で、夜勤は隣のユニット10人の利用者を見る感じなんですが、 自分のユニットの利用者のことは把握できても、職員固定だと隣のユニットに行くことは少なく夜勤で入った時にびっくりするような事があります。職員同士も、ユニットがわかれているからか、情報共有しようとゆう感じもなく、事故が起こっても、各ユニットで考えたら?とゆう感じです。


ユニット型のメリット、デメリット、又は改善方法など、分かるかたがおられたら、教えてください。

コメントする

ユニットケアについて

  • zooさん

 GHの管理者です。 ユニットケアは、当初からGHがやりだして、
最近は、特養もやってますよね。 で、職員固定は、認知症ケアでは、慣れた職員がケアする方が良いからってことになっているので・・・
 ただ、GHでは、夜勤もケアは、9人だから問題は無いのですが、らむねさんのような夜勤のみ20人を見るような場合、やはり、夜勤時、他のユニットの利用者さんの事はわかりませんよね。
 ぼくのところでやっている方法ですが、随時、応援体制を敷いております。職員は固定していますが、夜勤をやる人は、1ヶ月に2~3回くらい日勤帯に他のユニットの応援をしてもらっています。そうすると、完全ではありませんが、うっすらと他のユニットの利用者さんの事もわかると思います。
 ただ、この方式は、らむねさんの管理者や施設長が取り入れないと出来ない事ですよね。

 では、どうするか? これは、ちょっと、イレギュラーかもしれませんが、休憩時間などに夜勤で見るユニットに行くことです。できれば、業務時間にも行ければいいと思います。そして、その時に、その利用者さんをよく観察していく事です。 

 また、事故が起こった場合、各ユニットで考えたら?っていうのは、ちょっと無責任ではないかなぁ~~!って思うよ。これは、管理者、施設長にも責任が多いにあるけど。 夜勤で、20人見るなら、その時間は20人のケアの責任がありますよ。
 でも、そもそも、夜勤だけ20人って言うのも根本的な問題点でありますよね。 

 特養のユニットケアは、まだまだ、いろんな面でデメリットありますよね。なぜかっていうと、GHみたいに、はじめっからユニットでやっていなくて、ユニットケアを真似てはいるけど、真のユニットの意味をわかっていない管理者、施設長もいるからね。

 ユニットのメリット、デメリットは、人に聞かないでご自分で勉強される方が、これからの真のケアに役立ちますよね。

なるほど 0
コメントする

主 主です。

コメントありがとうございます!

まだ、色々なユニットの施設を知らないので、これから介護を続けるとしたら、

メリット、デメリットを考えてみようと思います。

なるほど 0
コメントする

ユニットケアとは

  • goodssさん

まず、ユニットリーダー研修修了者は居ますでしょうか。もし居ればユニットケアの目的からデメリット解消法まで教わってきているはずですから聞けば良いのですが、、、

居ないとすれば
まずユニットケアとは馴染みの関係性を重視する為に固定配置が推奨されています。それによりらむねさんの困っている他のユニットの把握が難しくなります。理想は固定配置、でも職員の臨機応変な動きと合理的には2ユニットを1つの勤務表でローテーションが理想です。
先日ユニットケアの意見交換に行った際は固定配置をしていない施設も多かったです。理由は突発的な休みになるスタッフが居たり、情報の共有の面でそっちの方が合理的だった為でした。

実際夜勤は2ユニットを1人で見ます。となると隣の事は、、、、

私の施設の取り組みは、勤務表では固定配置ベースですが、突発的な休みに対応する為にケアマネを兼務させに両ユニットに定期的に入ってもらい(夜勤も)突発性の時の切り札にしています。

又職員の情報共有は、出勤する際に必ず両ユニットの申し送りと日誌を確認する事。日勤にフリースタッフを取れるときには設定し、両ユニットを1日行き来しながら業務に当たるスタッフです、これをスタッフ全員ローテで回すために日頃行かない反対側ユニットにも定期的に行くことになり夜勤業務も抵抗なく入る事ができます。

又隣のユニットは良い意味でのライバルと考えて動くようにしています。
良いところは真似をし、お互いのユニットで刺激し合う、ユニットリーダー同士の連携やスタッフの管理。もちろん事故防止に関しても各ユニットに事故防止委員が居るので起こった事故は他のユニットにも情報伝達します。(再発防止の為に)

ユニットケアは利用者が暮らしの継続ができるようなコンセプトで始まった方式なので、スタッフ目線からはデメリットが多いかもしれませんが、利用者がより良い暮らしができる為と思って色々アイディアを出して頑張ってみてください。

より具体的な対応策等他にも聞きたいことあれば直接メッセージを頂けたらと思います。

なるほど 0
コメントする

主 主です。

丁寧で詳しいコメントありがとうございます。リーダー研修は、行っていたと思われます。。しかし、情報共有については出来ていません。色々模索してみるつもりです。ありがとうございます

なるほど 0
コメントする

なかなか難しいのですよね。情報共有というのは。

  • joker99さん

ユニット経験ありますが、
どこの施設でも「情報の共有化」が問題かと思います。

ではどう改善するか?

個別注意事項という名目で各利用者の簡略化した情報を
各ユニットに設置するべきかと思います。
※紙媒体でファイルに保存。

これは何かと言ったら
今現在の利用者の情報を簡略化したもの。
趣向は何か?
どの場面で介助が必要なのか?
※入浴は・・特殊浴?一般浴? 同性介助?
 食事は・・見守り?一部介助?全介助? 等々。
備考欄に問題行動等についてユニットではどう対応してるかを記載。又生活スタイルはどうなのか?というのも記載。

これを全員分あれば異動してきた職員でもすぐに対応
でき、統一したケアもできるかと思います。

状態が変化してきたら赤字で訂正したりして、
ケアプラン更新時期にパソコンで刷新したりすればいいかと
思います。
それを協力ユニットの職員が見に行って情報をもらいつつ
利用者と会話して信頼関係を築く。

又、日々状態変化したり薬が変更したり等することも
多々ありますが、その場合は
別紙ファイルを作り、各利用者ずつにわけて
日付と薬変更したりとか居担のお願いを書いたりすれば
いいかと思います。


ご参考にしてください。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更