介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

認知の全介助のおむつ交換時の拘束

  • ワリキリさん
  • 閲覧数:1,346
  • コメント:8

認知がひどく意志疎通もできない利用者さんですがおむつ交換時、体や陰部をかきむしります。力の加減でできないためすぐに血だらけになってしまいます

コメントする

うちも同じです。

そんなもんですよ。
陰部を搔いて
オムツを無茶苦茶にしますよ。
同じです。

それに、オムツ交換時、綺麗にしてもそのしりから、
排尿もされ
無茶苦茶ですよ。

なるほど 0
コメントする

いっそ拘束してもらいたいよ〜てことですか??

  • 坂田さん

スレ主さんの題名の意味がよくわからないのですが、とりあえずの対処を書きますね。

そういう利用者に対して、私はおむつ交換時のみ手に靴下をつけることがあります。タオルを軽く手に巻く職員もいます。
いずれも清拭時に限った対処で「汚染を防ぐ&傷を増やさないため」です。
便が付いても靴下もタオルもサッと外して洗えますし、結果的に自身も守れます。手浴で暴れてびしょびしょ…てな事態も防げます(^_^;)

職員によって対処が異なるため「これが正解」というのは分かりません。手が汚れても放置(おむつ交換しかしない)、おかし持たせながら食べさせながらetc…やりかたは色々あるみたい。

時間や人員にゆとりがある現場なら職員ふたり対応でも良いのかもね。困ったことは職員と共有するといいですよ。

なるほど 0
コメントする

いらっしゃいますよね。

  • masa09さん

拘束…はする必要はないと思います。そんなことされたらオムツ交換という行為自体にその方は拒否的な気持ちが出てきてしまうのではないでしょうか。
当面の対策としては、先にコメントをされている方と同様になりますが、手に柔らかい布やタオルなどを巻いたりして皮膚への刺激を和らげる。皮膚を掻くということは乾燥などによる皮膚トラブルが考えられるため、医師へ相談し、軟膏等を塗布して掻くという行為自体を減らすことができるよう配慮する。などの対応が挙げられます。
他にも方法はあるかと思いますが、私が思いつくのはこのぐらいです。お役に立てれば幸いです。

なるほど 0
コメントする

はじめまして

私も介護職をしているのですが、そんなときにはまず横漏れ防止にフラットシートを敷いて、利用者様本人にクッション枕を抱えてもらった状態で横向きになってもらい陰洗をしてみてはいかがでしょうか?枕を抱えてもらった状態で正面からできるならそのほうがいいです。また横向きの場合なら柵に掴まってもらうよう促してもいいと思います。
 
※身体状態がわからないので参考までにどうぞ。
 
 
 

なるほど 0
コメントする

はじめまして2

 
忘れていましたが、利用者様の両手を手袋をするのもいいと思います。この場合手袋を口に入れてしまわないかの注意が必要になります。この方法ならかきむしったとしても直接爪が当たるよりはいいのではと思いました。剥離しないかと皮膚の状態は気になりましたが、これもよろしければさんこうまでにどうぞ。
 
 
 

なるほど 0
コメントする

認知?

爪切りはまめにやっているのでしょうか?

だいたい「認知」という言葉を使う時点で施設の質が解りますよ。

なるほど 0
コメントする

無駄でしょう

  • totoさん

 へっせさん、私もトピが立ち上がった時から同様に感じていました。

 認知の全介助・・・『認知症で全介助が必要な方(利用者さん)』でしょ。

 でもこれだけのアドバイスをもらいながら、何のお礼も出来ない方なら書くだけ無駄かな・・・と。

なるほど 0
コメントする

Re:無駄でしょう

そうなんですか・・・
ありがとうございます。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更