介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

転職・就職

介護職の正社員は介護福祉士のみ?

  • myu skyさん
  • 閲覧数:1,820
  • コメント:4

とあるサイトで、介護職で介護福祉士の資格を持たないものは正社員の採用になることは基本ないです。介護福祉士の資格を持つ者のみ正社員の採用があります。それ以外のヘルパーまたは無資格者は基本的にパート採用です。
ということが記載されてましたが、求人サイトとかでもそういうことは記載されてませんが実際そうなのでしょうか?

とあるサイトというのは施設のサイトでなくたまたま別件で質問した質問サイトです。

コメントする

法人の考え方によりますが

  • 関西さん

絶対に、介護福祉士がなければ正社員として採用されないかというとそんなことはありません。



実際、うちは無資格でも正職員として採用しています。

ただ、有資格者と無資格者では待遇に差があります。


なんでも画一的に行われているわけではありません。

なるほど 0
コメントする

社員のくくりと資格とは、別物と考えております

  • zooさん

 一時期、流通業の経営者をやっていた時ですが、社員のくくりと資格とでは、まったく別に考えておりました。
 資格とは、業務に対して、その資格があるためある程度の知識があるとかその資格がないとできない業務(運転免許がないと車の運転ができないなど)があるということですよね。
 社員の採用については、その企業、その法人の人事担当が、採用面接等を行い、企業、法人の求めと求人者の求めが一致している場合、資格とは別に、常勤社員、非常勤社員として採用します。
 常勤の中には、正規社員と契約社員があり、非常勤の場合は、パートタイム社員があると思います。 パートタイム社員は、労働時間が週40時間以内の従業員と一応しました。
 したがいまして、介護職で介護福祉士がないと正規社員になれないということは無いと考えます。でも、当然介護福祉士の資格の有無で採用の有利、不利はありますよね。

なるほど 0
コメントする

そういう会社が多いだけだと思います。

正社員と常勤社員は別だし、常勤社員と非常勤社員も別。

会社の考え方だと思う。




なるほど 0
コメントする

人間性をもとめています。

  • rann77さん

特養と訪問と両方パートで働いていましたが。

特養では社員になるのに、ほとんど資格は関係がない代わりに
常勤さんやパートさんがその方の働きぶりを見て誰でもが認めたら社員に施設長に相談をしてなる方式のところや

訪問でも年齢制限で40歳前後になると正社員になれないという大手の事業所で35歳を超えたら、介護福祉士やケアマネの資格所持者でも社員になれないところもありました。

逆に若い方ならばヘルパー2級で未経験者さんが社員さんに手働いていました。

私が今所属をしている小さな事業所はそのときの状態により初任者研修の方でも社員にも考えています。

皆さんがおっしゃられるように法人の考え方になるかと思います。

求人の募集を見ても多くが介護福祉士ということを求めているのかもしれませんが、私の中では人間性ですよね。
いくら介護福祉士やケアマネの資格所持者でも
人間性によっては社員としてはというのが出てきますよね。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更