介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

介護職員の処遇改善加算

現在、28年度の処遇改善実績報告書を作成しております。
初めての業務で分からないことだらけなのですが、お知恵を貸してください!

常勤換算のため、常勤職員一人当たりが勤務すべき労働時間を算出したいのですが、
当社は1日8時間勤務、1か月9日休みと規定されております。
この場合、
31日ー9日=22日(月の労働日数)
22日×8時間=176時間(月の労働時間)
という計算で大丈夫でしょうか。

それと、非常勤職員の実労働時間を算出する場合、残業時間も含めて良いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。


コメントする

簡単に考えてはいかがでしょうか?

  • 関西さん

ありがとう

月や年で考えると面倒だと思います。

週40時間が基準なのでしょうから、それで考えてはいかがですか?


非常勤職員の常勤換算としては残業を含めず契約時間で常勤換算します。
残業はイレギュラーなものであり、通常ではないからです。

なるほど 0
コメントする

主 関西様

ご指導ありがとうございます。
40時間基準でやってみようと思います。

当社は非常勤職員の勤務時間が長く、常勤職員とほぼ変わらない労働時間の職員が多いのですが、たとえ労働時間が長くても、非常勤職員として契約している以上は、非常勤職員として考えるのでよいのでしょうか。

計算してみたところ、常勤職員の年間延べ人数が20人なのに対し、非常勤職員の常勤換算数が80人になってしまい、心配になってしまいました。

なるほど 0
コメントする

状況はそのままに

  • 関西さん

週40時間を正規職員として設定している以上、40時間未満の方は非常勤として常勤換算を行います。


会社として週40時間の方も、週36時間の方も正規職員として扱うとしていても、40時間という基準がある以上、36時間の方は常勤1.0とは計算できません。


常勤が20名で、常勤換算が80名というのは会社の採用・運営方針であって、人員配置基準を満たしておればなんら問題ありません。

なるほど 0
コメントする

主 関西様

ご丁寧にありがとうございます。
とても勉強になりました。
ご指導いただいた内容をもとに、書類作成を進めたいと思います。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更