介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

介助の方法を教えてください

グループホームですから認知症の方が入居しているのですが、日中は大声を出して徘徊し、入浴拒否がひどいです。
日中は職員が常に一人支援しないといけない状況です。入浴は、脱衣、入浴、着衣ともに非常に強い拒否が見られます。このような方にはどのように介助すればよいのでしょうか。
特に入浴介助についてご助言ください。
追伸:けあとも様の掲示板には何回か投稿させていただいていますがそのたび参考になる助言をいただき本当に感謝しています。

コメントする

主 助かります。

拒否の理由を考えながら対応したいと思います。

なるほど 0
コメントする

作業優先になっておりませんか?

  • zooさん

 GHにおいて、認知症の方で入浴を嫌がる人を多くおります。
なぜ、無理に入浴させたがるのでしょうか? もともと、あまりお風呂は好きではなかったのですよね。 浴室に、誘導は出来る。でも脱衣は、ダメ。多いですよね。 ご本人は、何されるかわからないのに、無理に服を脱がそうとすれば、嫌がります。また、介助者は、服を着ているのに、自分だけ裸にさせようとする。これも、嫌がります。 寝る前だから、入浴しましょう。この方は、自宅では、寝る前に入っていたのでしょう。でも、環境が変わっているから、寝る前に入れって言っても、そうは、問屋が許さないでしょうね。畑仕事で汚れているから・・GHで畑作業ってあるの?
 あまり、入浴にこだわると、他の作業への拒否も出ますよね。入浴については、もう少し様子を見てからの方が良いように思えます。

 他の日中に大声をあげて、歩き回ること(徘徊ではないとおもいます)があると言う事は、何か、このご利用者様が介護に対して、不満があるのではないでしょうか? 
 ぼくも、GHなどで、認知症の人のこのようなBPSDを見てきましたが、やはり、介助に関しての不満、声掛けの不満などがあり、自分で言葉を発せない分、行動で示していると考えます。

 実際に、このご利用者様とそちらの職員の態度を見ていないので具体的なことは言えませんが、これらの事は、認知症のご利用者様の介護に対する何かしらの不満があると思うのですがいかがでしょうか?
入浴にこだわらないで、その前に、このご利用者様のBPSDへの対応を考えましょうよ。

なるほど 0
コメントする

入浴拒否のある方

いますいます!
「お風呂」っていう単語を出さないようにしています。

世間話をしながら脱衣場に案内することもあるけど、脱衣場に着いたとたん出ようとする方。更に歌を歌って引き付けたり。
お風呂って言うと「いや❗️」ってなるので
「温かいお部屋に行きましょう」とか…
探り探りの日々です。

なるほど 0
コメントする

なんで拒否するのかなあ

お疲れ様です。

「なんで拒否するのかなあ・・」

私は、こう想像したりします。

お風呂ってある意味社会活動です。
デートするならしんでも絶対に入りたい!仕事でも入りたい!だって臭くて迷惑よねー
風呂って気持ちいいのよね。さっぱりするしね。

じゃあ、認知症の進行した、ご高齢の方はどうでしょう?
見栄えを気にする意欲も、さっばりしたいと感じる気持ちもなくなってるとしたら、お風呂ってどう感じるでしょうね?
単なる疲れるだけの行為じゃないですかね?

ちなみに休日の私は、恥をしのんで告白しますと、何日も風呂に入らなくても平気です笑
風呂は好きなんですけどね。
でも、外に出ないなら臭くたっていいもんねー、めんどくさいわー、って思っちゃいますね。
いわんや高齢者をや、です。


次に、我が身に何が起きてるか理解出来ないレベルの方にとって、風呂ってどうでしょう。
脱ぎたくないのにすっぽんぽんにさせられ、寒くてふるえてたら、突然背中や足に熱いお湯をかけられ、突然頭にお湯をかけられ、頭からじゃーじゃーかけられてるから苦しい・・いつ終わるのこれ・・

なんて思いませんかね?

職員にとってはいつもの行為でも、利用者にとっては、恐怖の拷問なんじゃないですかね?

それに気づかずに画一的な入浴介助を続けた結果、入浴拒否利用者の出来上がり、なんですよ。

これらは、あくまでも私の想像ですが。
「高齢者の機能を加味したら、お風呂はどんなふうに感じるのだろうか」と、想像して、嫌がられそうな気がする介助をやらないようにした結果、入浴拒否はほとんど起きなくなりました。

入浴介助で温まっている我々より、寒く感じるはずだと思うなら、脱衣所をほかほかにすれば、拒否の種は減ります。
突然熱いお湯をかけられたら怒るだろうと思うなら、声かけしてから、ぬるめのお湯をかければ、また拒否の種は減らせます。
耳が悪い利用者ならば、声かけは無意味です。
その場合は、体をとんとんと叩き、目の前にシャワーをかかげてから、ぬるめのお湯をかけるならば、拒否の確率は下がります。

一つ一つ、嫌がられそうな行為を減らして、「お風呂は気持ちがいい、安心する」と思っていただくことを目指せば、拒否は起きないです。

スレ文の方はすでに「お風呂は楽しくない、嫌な場所」って思ってしまっているのでしょうね。
何をどうしたらいいのかは、現場で考えるしかないと思いますが。
「楽しい「気持ちがいい」気持ちになれる環境作りを心がけて行けば、いつかは拒否が減ってくるのではないかと思います。

(まあ、もともと風呂に入らない習慣の方の場合、何をしても嫌がるかもしれませんが・・

なるほど 0
コメントする

お風呂

理由を見つけることが第一として、、

あちらにピンクの椅子を用意してるからいきましょう、あちらは涼しいし座りゴゴチもいいですよー(お風呂とはいわず)

脱衣所までいったら、雑談をしながら、しばらくして 背中に虫刺されのようなものがあったから、ちょっとみていいですかー?ちょっと脱いでもらっていいですかー? 
とか、首もとが乾燥してたので、きれいなお湯で流してみましょうかねー、大丈夫大丈夫、お風呂じゃないですよ~とかいいながら。で、浴室に誘導できれば、せっかくだから綺麗にしときましょーかー。すぐ終わるしー(^^)とかいいながら、軽めに洗髪と洗体♪ できればいいな。
これが成功するひともいれば、成功しないひともいますが。。

なるほど 0
コメントする

むずかしい

結局、どんなに頑張って説得しても、誘導しても、絶対に入らない人もいますよねー。
かとおもったら別の日に、、すんなり立ち上がって鼻唄とか歌いながら浴室に向かうときもあるし  私は浴室まで誘導し、自然な流れで説得し、それでもだめなときはいったんそこから離れます。一人にします。 影からみてます。  そうしたら、なにも言わず一人で脱ぎ出されることもありました。
介護って答えがないですよね。その日のその人の状況次第で、答えはかわってくるものですよね。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます。

どのような介助をすれば気持ちよく入っていただけるのか試行錯誤しながらやってみます。心理面も考えながら。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます。

やはりみなさん、工夫しながらやっているのですね。私ももっと心理面も含めてもっといろいろな方法を試してみます。

なるほど 0
コメントする

主 よく分かります。

ありがとうございます。ほっとしました。本当にその時その時の状況で変わってきますよね。でもこの方は常に不穏なのです。

なるほど 0
コメントする

失礼ながら

  • totoさん

 皆さんのコメントを理解されているように見えますが・・・

>でもこの方は常に不穏なのです。

 このひと言に「拒否はこの人の性格が原因だ」「自分達の介助方法は間違っていない」といった心情(本音)が見えるような気がします・・・。

 「常に不穏」と言うならば(精神的な疾患が原因である場合を除き)、「常日頃からやっている自分達の介助に何か問題は無いだろうか?」という方向に考え方を変えてみる意識が必要かと思います。

※決して「介助方法が原因だ」と言っているのではなく、そういった意識を持って対応する事で、相手の反応も少なからず変わって来ると思っています。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更