介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

有料老人ホームの営業

  • たけお育ちさん
  • 閲覧数:410
  • コメント:3

有料老人ホームへ管理者候補で今回転職しました。
うちの有料は住宅型で18床です。
現在11名入居中ですが今月も一人別の施設へ転居になります。経営者側からは居宅への営業と顔繋ぎをお願いしたいと言う要望から営業へ飛び出しました。
しらみ潰しに行くものかどうか迷ってます

コメントする

参考になれば

居宅介護支援事業所に営業に行くとき、

しらみつぶしに営業することは手段の1つですが、

時間帯と時期、内容に注意した方がいいですね。

私の所の居宅と知り合いの所のケアマネさんがよくぼやいてました。

午前中、ミーティング直後のお仕事始めは、支障がでるようです。

夕方、支援経過等一日の記録をする時間帯も、支障がでるようです。

月末、モニタリングや利用票等の配付時期もです。

レセプト時期も、だそうです。

簡潔な内容ではないと、聞く気持ちになれないようです。

いつ行ったらいいの?って、なってしまいますよね。

大事なのは、いつ行っても大丈夫な関係を築くことですが、

その前段階として、良い印象を残すことでしょうね。

忙しそうな時に、営業トークをしない。

興味を持っていただける施設の特長。

簡潔でわかりやすく、ダラダラしない。

押し付けない。

など、介護に限らず、営業の基本を実施することでしょうね。




なるほど 0
コメントする

紹介会社

こんにちは。住宅型有料老人ホーム勤務です。

ネットや紹介会社は使われてないのでしょうか?
営業記録から紹介媒体のデータをとっておられるかと思いますが、有力な紹介媒体はどこでしょうか?そちらをあたられる方が確実と思います。

うちのデータだと、居宅は紹介媒体の中では病院以下で、5パーセントに満たないです。
紹介会社半分、ネット三割、残りの二割がいろいろな媒体といった割合ですね。

居宅営業もかけますけど、労力に対する効果は低いですね。
居宅でケアマネに覚えていただくためには、頻繁に行く必要があると思いますが、そこまでのエネルギーを割くほどの成約率ではないと思います。
居宅からの紹介は、お付き合いのあるケアマネさん、そこの居宅、が多いですので、ケアマネさんとの誠実なお付き合いを心がけるようにしています。

営業活動をするなら、紹介会社営業と、頻繁な紹介サイト更新の方が効率が良いと思います。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます(^O^)

適切なアドバイスありがとうございます。
そうですね時代の流れ、文明の力学…
それを考えると媒体からの戦略が先決かもしれませんね。
そしてケアマネさんの仕事を考えると「はいはい…」となってしまいがちですよね。
参考にさせて下さい。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更