介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

グループホームって

グループホームは、認知症が入っていても比較的介護度が軽い方が入所する施設として国が考えたと思うのですが、今では、終末介護まで行う施設が多くなっているような気がします。でも、常駐の看護師はいないし、医師も常駐していません。結局は、グループホーム本来の目的から離れてしまった気がするのですが、このような状況を皆さんはどう思って働いているのです。
教えてください。

コメントする

形は変わるもの

認知症ケアは日々新しい情報や手法が出てくるし利用者、家族のニーズは多様化しています。

今は馴染みの関係の中で最後までという考え方が主流だと思うのでグループホームで最後までというのも自然な流れかなと思います。

たしかに医師や看護師がいないのは不安な部分もありますが、その分しっかり支えられる環境、体制を作るのもケアする側の仕事だと思うし、足りない知識を補うのも大切な仕事だと思います。

ケアする側が自分の限界を決めてしまったらそこから漏れてしまった利用者の行き場がなくなったり、悲しい最後を迎えてしまうのではと思います。

せっかく介護の仕事をしているのだから必要な知識、技術を身に付けて利用者、家族が満足できるサービスを提供したいです。

なるほど 0
コメントする

グループホームは認知症のかたが入所する施設です。

グループホームとは、認知症(病気)のかたが、亡くなるまで暮らしていける居住空間の提供の場ですよね。認知症では死亡しませんが、認知状況が悪化することにより他の疾患が生じてきます。そうなれば、重症化いたします。他の病気を見逃さないために、介護職員が配置されているのです。

終末期介護は、はじめから判っていたことです。

なるほど 0
コメントする

現在は 看取りまで

  • totoさん

>比較的介護度が軽い方が入所する施設として国が考えたと思うのですが、

 認知症のある方に対して、どんなに適切な環境・対応を取れたとしても、進行を止める事は出来ません。

 最初の考え方は主さんの書かれている通りだったとしても、認知症の程度も介護度も年々重度化していくのは仕方がない事でしょう。

 だからこそ「医療連携体制加算」が作られたという経緯もあります。

 『家庭的な環境』と理念にも定められていますが、自分の家に医師・看護師がいる家庭なんて有り得ず、具合が悪くなった時に病院を受診する、というのが普通でしょう。

 ただ現実的に難しいケースが多いので、看護師は医療連携を使い、受診は訪問診療を使う、となっている所が多いと思いますが。

 良く「認知症が重度になった・介護度が重くなった」からグループホームにわ合わない、なんて耳にしますね・・・。

 でも『有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにする』事がグループホーム本来の目的であるなら、認知症が重度であったとしても、介護度5で寝たきりの方であっても、『今この方に出来る事は何か?』を突き詰めて考えられる事がグループホームの仕事だと考えています。

 ただ、常時医療的な処置が必要な状態になった場合には、この限りではありませんが。
 

 

なるほど 0
コメントする

追記

  • totoさん

 付け加えておくならば、

 まだまだ出来る事が沢山あるのに、時間が掛かる、転倒が怖い・・・等の理由で全て職員がやってしまってADLを落としてしまう・・・。

認知症ケアの勉強もせず、不適切な対応で症状を重度化させている・・・。

 いまだにそんなグループホームが多く見られる現状では、認知症やADLの重度化を退去の理由にするのは何か間違っている気がしますね。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更