介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

仕事中の皆さんの心理状態について教えて下さい。

  • 腰痛再発さん
  • 閲覧数:1,327
  • コメント:13

私は、施設の時は周りの職員の目が気になり、思うように身体が動きませんでした。
訪問介護に転職してからは、全てのお客様ではないのですが、ほとんどのお客様にきちんと出来ているのかなど、回数を重ねるごとに思い不安な気持ちが大きくなっています。
余計なことを聞いてしまったりするせいもあり、自己嫌悪によく陥ります。
結局は自分が悪いから、こんな気持ちになるんだとは思うんです。
いい意味での適当を心がけているのですが、気持ちが持続しません。
こんな気持ちを常に持って仕事されてる方いますか?
また、自分の職場にいるなぁーって方は、どんなアドバイスをしてあげていますか?
教えてください。

コメントする

主 にいちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんですか?
私、先に自分が押しつぶされてしまって、
介護で2年以上、同じ職場にいたことがありません。理由は色々あるんですが。
介護職に就く前は、同じ職場に初めは3年ほど。更に出戻りで2年ほど。更に出戻りで4年
この時も、自分が押しつぶされて引きこもりになり1ヶ月休んだりを繰り返していました。こんなままの私でも、人の目が気にならないようになることはあるんでしょうか?

なるほど 0
コメントする

大丈夫でーす。

私でもなんとか続けています。

なるほど 0
コメントする

悪いって思うことは逃げなんじゃない?

訪問やっていれば、ヘルパーチェンジにクレームに、落ち込むことはしょっちゅう。

たとえばさ、利用者さんの洗濯物干すピンチを破損したとするよね。
新品を踏んで壊したなら自分の不注意だから、自分が悪いよね。
でも、古くてプラスチックが劣化して、たまたま自分の時に割れたらどう?
私なら「やべっ超ー運が悪いんだけど」って思うな。
腰痛さんて、それも自分が悪いって思うタイプだと思う。
人間の性格なんか大人になったら、そうそう変えられるわけじゃないから、それに対して小難しく考えたらダメ。

適当なんて、わざわざ心がけるようなものではないと思うよ。

そんなことより新品壊しちゃったら、すぐに「申し訳ありません!不注意で壊してしまいました」って利用者さんに謝れる?
たまたまロシアンルーレットで当たった不運に「かなり古いので挟んだ途端に割れてしまいました。他のも、そろそろ割れそうです」って言える?

なんでも自分が悪いって思えば楽だもんね。

それ以上先に進まなくていいんだから…

反省したり学習って自分が逃げたいとか、ごまかしてる部分と向き合ってからじゃないと、ちゃんとできないよ。
漠然と自分が悪いって思うのは、いつまでも現実から逃げなくちゃいくなくなるんじゃ?

余計なこと言うのが性格なら、それでいいじゃん。

なるほど 0
コメントする

るしあさんは、面白いかたです。

るしあさんの文章は、いつも、面白くて的を射ていますね。
同意出来ることが殆どです。

一点だけ僕と違うのは
「なんでも自分が悪いって思えば楽だもんね。」の部分です。
「ひと(他人)のせいにするのが楽。」なんだと思います。

自分が悪いと思うと辛いのです。精神が疲弊していってしまうのです。
では、どうするのか?
<改善点を見出す> か <楽観的に考える(適当)> か。
改善点を見出すと → 向上していく。
楽観的に考えると → 思い悩まなくなる。

真面目なかたほど悩んでしまうのです。
「適当」って「いい加減」って、案外難しいことなのです。

ちなみに僕も
「やべ~!超運悪~い!ロシアンルーレットに当たっちまったぜ!」
って思うことは、ままあります。




なるほど 0
コメントする

主 るしあさんへ

コメントありがとうございます。
洗濯物干しのピンチの場合、私なら『運が悪い』とも思いますが、『触らなければ壊さなくて済んだのに。触った自分が悪い』とも思うと思います。
お客様には、どんな状況でも自分が悪かったと謝ることはできます。謝らないといけないので。
ミスがあった時やクレームがきた時は、改善しようと思い、次回のサービス時からは気をつけているつもりです。
だけど、ちゃんと出来ているか気になって仕方ないんです。
向き合えていないんですかね?
わかりません。

なるほど 0
コメントする

認めてほしいのでは?

  • nakamaさん

腰痛再発さん、見当違いだったごめんなさい。

腰痛再発さんのコメントを読んで、気になっています。
僕には、腰痛再発さんが頑張っている自分を誰かに認めほしいと心のどこかで思っているように感じるのです。無意識かもしれませんが。

自分をあまり責めないでください。
あなただから上手くいってることもきっとあります。
あたなにしかできないことも。
腰痛再発さんが好きなことってなんですか?

るしあさんのコメント、僕は元気できるけどなー。




なるほど 0
コメントする

承認欲求(しょうにんよっきゅう)について

「頑張っている自分を誰かに認めてほしいと心のどこかで思っている」
ことは「承認欲求」といい、人間誰しも持っているものです。

承認欲求が満たされると、ワンステップ上昇し、新たな探求心が生まれ、
また新たな承認欲求が生まれ、そして向上していく。
これこそが、人間としてのポジティブな思考回路であり、健全な社会生活をするための基本となるのです。

頑張っている事を誰も認めてくれなければ、やる気なんて起きません。

腰痛再発さんは、ずうっと悩みながら体の痛みに耐えて、訪問介護の常勤ヘルパーさんとして頑張っていらっしゃいます。

ルシアさんは非常勤ヘルパーさんであり、腰痛再発さんとルシアさんは性格も180度違うようだし(ルシアさんのような行動パターン&思考回路で生きていくほうが幸せだと思いますが)、サービスに入っている介護保険・障害保険の利用者(お客様)にも違いが有ります。

施設介護には資格が必要ありませんが、訪問介護には資格が必須です。

訪問介護をするためにはオールマイティーな対人援助能力が要求されるのです。ですから、若い女性や男性では出来ない仕事(サービス)が多いのです。

なるほど 0
コメントする

主 nakamaさんへ

コメントありがとうございます。
認めて欲しいです。認めてもらえたら、安心感に繋がりますから。
不安すぎてたまりません。
営業所で電話が鳴るたび、私のクレームの電話?と思ってしまうくらいです。
そのくらい、不安で自信がないんです。

なるほど 0
コメントする

主 山部呼六さんへ

コメントありがとうございます。
改善点を見出した時は嬉しいです。でも、実行した後に、これで良かったかな?出来てたかな?と不安になるんです。
でも、楽観的に捉えるのは仕事だから違うよなぁと思ってしまうんです。
適当に上手い具合に楽観的が出来ないから。
結果的に、オールマイティな対人援助能力がないから悩むんだと思います。

なるほど 0
コメントする

主 コメント下さったみなさんへ

皆さん、コメントありがとうございます。
感謝しています。
私は、正直なところ 自分は面倒臭い性格といえばいいんでしょうか。
前向きも持続できないし。自分でウザいと思います。
結局、何?と思うことがしょっちゅうです。
こんな私にコメント下さってありがとうございます。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更