介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

疲弊した介護福祉士の思い

  • zowieさん
  • 閲覧数:1,451
  • コメント:3

知人の介護福祉士が最近送ってきたメールを
一部抜粋しました。彼は介護士歴8年目の介福です。
現在、彼は有料老人ホームでの夜勤専従と、居宅支援で
重度障害者訪問をしています。

彼は介護業界で正職員になるつもりが一切ないので、
ここ数年請われているサ責や主任等の、事業所における
役職の申し出があっても全て断っている人物でもあります。

詳細は知らないのですが、地道にやっている自営業に
彼の主眼があるからと思われます。

どう感じられますか?
私は彼の思考というか心情に肯定的です。

ちなみに私は施設パートの准看です。

以下です。


介護、という漢字があるでしょ?

”護”はもちろん、警護等にも使われ”まもる”
という読み方もあるから意味が分かる人も
多いと思うけど、”介”の方、これの読み方は
”すけ”しか知らん人が多いよね。

”介ける”と書けば、”たすける”と読めるんです。

だから介護は、助けて守る、って意味です。

でも、ほんまにそうなんかなぁ…

どの業種、要はなんたら業界(産業)と付く世界があるでしょ?
放送業界、金融業界、外食産業、自動車産業等々ありますが、
看護は医療業界に分類されると思うけど、介護は福祉業界で、
その中での介護業界になると思います。

その各々の業界で、ネガティブなニュースとなることが
毎日のように多々起こっていますが、どこの業界で、産業で、
これほどに頻繁の暴行傷害や殺人のニュースが踊ってる?
賑わせてる?

介護業界だけやろ。

たすけてまもる、ってのがそのものズバリの文字設定ですよ。
然し乍ら現実は、きずつけてころす、に変わってるな(;´∀`)

これは循環が悪いことに原因がある。

賃金が安い=人が集まらない=人手不足=猫の手も借りたい=
程度の低い人間しか来ない=人間的に問題がある=
反社会的である=マトモな人間は一緒に働きたくない=
より低レベルになる=それでも賃金は上がらない=
人が集まらない………

完全なる負のスパイラル。

ダメな要因に気づいて一石を投じようとしても、
思っても、実際に行動しても、利益重視の民間企業では、
その運営に携わる人間の判断如何、思想思考で
全く違うものとなる。

それでも資本主義である日本では、力を持ってる
ものが正義である=企業側が正義である。明らかな
脱法、違法さえなければ。

嫌なら辞めれば良い、ということが通じるからね。

そんな中で仕事してると、ほんま虚しさしか
ないと思うのね。変わらんもの、何をやっても。

北朝鮮や一部のイスラム勢力やないけど、
人の価格がやっすい。価値がひっくい。

僕が介護職をやる上での座右の銘ですが、
『木乃伊取りが木乃伊になるな』です。

しかし最近はそうでもなかったりしてる。

久坂部 羊の『廃用身』、葉真中 顕の『ロスト・ケア』。
医療介護に関連する小説ですが、随分前ですが、
2冊とも買って読みました。

僕は、けっこう肯定的なんです、これ等の小説の内容に。
実際あっても全く不思議ではないし、似たような現実は
起こってきたと思います。

まぁ、頻繁に起こる傷害、殺人に関しては、
マトモであった人間でさえも変えてしまう
劣悪な職場環境に深く起因してると思うのと、
提案や追求があったとしても、劣悪な環境を
改善しようとしない其の運営企業風土に
大問題があり、またそんな企業が多い介護業界
の闇どころか、地獄という現実があるからこそ、
決して変化しないという、これまた重い事実が
あるから、一向に減らないどころか今後
増えていくと思っています。

そもそもマトモというか、上記もしましたが、
問題ありの人間を雇用していることが多々あるわけで、
そりゃ、あっさりと暴行傷害なんてことが起こるわけですよ。

キチガイに刃物=危なさ倍増ってことですが、
健常欠陥人間に弱者(老人、障害者)=死亡者
倍々増ですよ。

切腹の際に、必ず介添人という者がいます。
これは、切腹を命じた側の温情でもあります。
腹を割っ裂いただけでは人は即死せんからね。
結局切腹は、斬首ですから。

その斬首を施すものが介添人です。

僕は、介護士ではなく、介添士のような
気がしてならない今日このごろですわ。

コメントする

で?

  • goodssさん

何が言いたいのですか??

なるほど 0
コメントする

うーん( ̄∀ ̄)

別に暴行事件や殺人は介護業界だけが頻回じゃなくね。
てか何処が疲弊してるのかわからん

なるほど 0
コメントする

他人ごとではないと思います。

他人を殺める事件は介護に限って行われるわけではないけれど、過去に点滴に細工をして患者の命を奪ったり、ベランダから落としたり、医療や介護の現場で起きたものは、ほかと一緒にしてはいけないと思います。

ベランダから落とした事件は利用者さんの金品にも手をつけていたそうですが、今回は50名を2人の夜勤でみていたこと、人員配置基準は満たしていたと説明していたこともあり、ネットの意見の中には「こんな状態ならわかる気もする」と同情的に擁護する意見や「真面目にやっている介護士が変な目で見られたら気の毒」という意見も目にしました。

イライラすることはあっても、殺めるところまで行くのは異常だと思います。

それでも一回でもこんな事件が発生するのは、介護士個人の問題ではなく、システムとして不完全だからではないかと思います。

世の中には国家資格を持っていても低賃金の業種が多々あります。
自動車整備士、保育士…

生活保護不正受給、以前の派遣切り問題。
就労努力について「仕事なんか選ばなければいくらでもあるだろう。清掃でも飲食でも、あとは介護とか」と言われます。

「でもとか」で語れる国家資格が介護です。
けして「保育とか」とは言われない。

そのくせ、税金の無駄使いがニュースになれば「そんな無駄使いするなら介護の人達の給料を上げてやれ」とも言われます。

けあとものスレッドを見ても、疲弊している業界であるのは事実。

だけど、この仕事を好きでい続ける人もたくさんいるのも事実。

介添業になることに危機感があるから、発信の方法を考えたほうがいいと思いませんか?






なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更