介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

利用者さんの思いを無視する職員

  • くるみぱんさん
  • 閲覧数:2,069
  • コメント:5

80代の女性利用者さんのことです。バリバリ認知症あります。

午後になると、必ずかばんを持ち「バスが来ましたので帰ります」と帰宅願望があらわれます。そして、いつも隣の席にいる方を誘って、「一緒に帰りましょう」と言います。結果、二人でかばんを持ち玄関に向かいます。

その方は長い間、自営業をしてこられ、今も自分がいないと仕事がまわらない。お嫁さんだけじゃ大変だから。という思いが強く、帰りたいになっているのだと思います。

隣の席の方を誘うのは、その方を昔お世話になった方の娘だと思い込んでおられるため、自分が必ず一緒に帰って送り届けようとしているためと思われます。

普段、会話している中で得た情報で私はそう思っているのですが、他の職員は違い、「自分が一番じゃないと気がすまないから」「仕切りたいだけだから」と言ったり、隣の方を誘うのは、その方が言いなりになりそうだから。と言うのです。

利用者さんは認知症のため、しっかり気持ちを伝えられないので、私の推測は全然違うのかもしれませんが、他の職員が言うようなことではないと思います。表面しか見てないと思うので、その裏にある思いを考えなさい。と言うのですが、いつまでたっても考えず、おかしな対応をしてますます不穏にさせ、怒らせます。

また、絶対読めないような難読漢字を書いたプリントを作り、脳トレと言ったりします。

ほぼ一方通行なコミュニケーションしか取れない方に対しては、その方の世界、その日の話の内容をよく聞いて返事するように伝えるのですが、「自分の事ばかり言ってないで周りのことも考えましょうね」と説教してしまいます。プライドの高い方なので、当然怒ってしまうのですが、「〇〇さんが悪いんでしょ」とこれまた怒らせてしまいます。

認知症の利用者さんしかいない施設でこれらの対応はやはりおかしいだろうと何度も研修に行かせたり、注意を続けていますが、変わりません。

結果どうなるかと言うと、じっくり対応できる職員や主任が出ないと落ち着かないので特定の職員に負担がかかってしまいます。一度不穏になると、なかなか難しいので本当に疲れてしまいます。

こういう職員はどう指導したらわかるのでしょうか?

コメントする

ダメな職員とレッテルをはる前に

  • Tuñoさん

動機付けがうまくされてないのではないかと思います。

認知症を深く理解し、利用者が自分らしく穏やかに過ごせる様に関わっていく・・・のような感じでしょうか?我々の目指すところは。
こういった目的を理解して行動していないように思います。

ちゃんと目的を理解してそこに向かおうとしていれば、何故不穏になるのかを考えて接し方を工夫したり、上手く接する人や同僚に相談したりすると思います。

研修についても目的を持って行かなければ、行けと言われたから行くだけで、講師の話を聞いてきただけで終わりになると思います。
いくら注意しても本来の目的を理解していなければ、文句をつけられたと感じて聞き流して終わったり、注意されたのは利用者が不穏になるからと思い更に利用者に当たったりする可能性があると思います。

自分はこの業界まだ3年ですが、職場の同僚や研修で一緒だった人と仕事の話をすると、こういった動機付けがうまくされてない人が以外に多いと感じます。

何度も注意している職員さんが、ちゃんと動機付けされているのか確認してみるのも良いかと思います。
どうやっても動機付けがうまくされないのなら、その職員さんは投稿の利用者様に関わるのは無理だと思います。
出来る範囲の仕事をやってもらう程度の使い方が無難と思われます。

なるほど 0
コメントする

穴八です。

  • 穴八さん

認知症の方の対応は難しいですね。訳の分からない事を言っていても私達は、傾聴する、話のわかる所は共感し安心して頂くしかありません。きっと、その職員の方は同じレベルで話をしているので認知症だとわかっていても対応出来ないのでしょう。あくまでも脳の病気だと言う事をわかって貰うしかありません。そう言う職員の方は、その入居者さんも嫌いだと思います。皆さんが大変だと思いますが、入居者さんの為に、その職員のフォローだと思わず接してあげて頂きたいと思います。入居者さんは、よくわかっていますよ。

なるほど 0
コメントする

チームケア

こんにちは。

温度差に苛立つお気持ち、わかりますよー

大前提として、介護はチームケアですから、同じ方向を向いている必要があります。
やり方としては、同じ方向に「向かせる」のでは、なく、「向くような環境を作る」ことです。

スレ主さんの思いはとても伝わって来ますが、それは、独りよがりになってはいませんか?
自戒をこめて申し上げますと、私も、「この人はこういう気持ちなんだ!」と、理解したい余りに先走ることがあります。
その時に役立つのはカンファレンスですね。
いろいろな人が「その人をどう見ているか」の意見を聞くことで、全員から良い影響をもらます。
また、自分が「この人はこう考えているのてはないか」と意見を出す時には「なんとなくそう感じる」ではなく、対応と結果を入れ込んだ説明が必要です。

これも自戒をこめて申し上げますと、どうしようもない職員で、指導しなくては、という思いだと、なかなか意識の共有が出来るようになりません。
皆の意見を聞いて、参考にしつつ、まとめていけば、気持ちも一緒になって行くことがあります。

まず、カンファレンスやコミュニケーションを増やしてみてはどうでしょう。

なるほど 0
コメントする

主 遅くなりましたが、ありがとうございます。

色々なご意見ありがとうございました。時間が経っていますが、つい先日も同じ利用者さんに「もうこんなとこ来ません!!」と怒られ、「じゃあ来なくていいですよ」「他の方は来て下さるんで」と返事してさらに怒らせていました。どんなことがあっても、デイという仕事なのに「来なくていいですよ」は言ってはいけない言葉だと思います。

去年、その職員を認知症の実践者研修に行かせ、研修の最後のほうにある利用者さんを特定してケアプランを考える。というものがあり、一番うまく対応出来ていないので、その利用者さんのケアプランにするようアドバイスし、気が付いたことを伝えたり、カンファレンスをして職員一同協力しました。最終的になんとか合格を貰えるようなプランになり、彼もこれで少しはうまく対応出来るようになるだろうと思っていました。

しかし、その後も変わらずです。私も目的をはっきりさせないまま研修に行ってしまい、失敗した経験があるのでよくわかるのですが、その研修で何を学ぶか?何を出来るようになりたいのか?などの目的をしっかり持ってと伝えたのですが、理解できなかったようです。本当に管理者に行けと言われたので行った。だけのようです。

先日あまりにもひどかったので、管理者に相談すると、彼は無理かもしれないね。出来ていないことをどうやったら出来るようになる?とか出来ている人を見習おうという考えがないから。と諦めていました。

他に良いところもある人なので、そちらを伸ばせるよう工夫しようという結論になりました。私は利用者さんに合わせてどんな状態の方でも安心出来るケアをしてこそプロと思っているのですが、彼には無理そうです。


なるほど 0
コメントする

介護職員を守る現場作りも大事では

介護職に正義感は必要でしょうか?

認知症の利用者の闇は深いです。
認知症の病気が精神面をも変化させる

認知症の症状だけでなく精神病も患ってる
状態でもあり

そこに寄り添うって思った以上に忍耐がいり、無理に寄り添えば介護の現場が不穏にまみれます。

介護職員の精神面を考慮しながら介護の現場を地道に鍛えていく必要がある気がします。

職員の質も緩やかにあげていけばいいと思います。

クライアントは家族であり利用者ではないですし

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更