介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

ケアの基本ってありますか?

  • きあなさん
  • 閲覧数:674
  • コメント:5


今現在わたしが勤務している職場では、この人にはこういうケアをしていくってゆう基本がありません。なのに臨機応変に対応する、ということをよく言っています。
排泄の時間にしろ、臥床の時間を設ける設けないにしても、各職員それぞれの思いや、解釈でケアをしている状態です。

新人職員が入ってきて指導しなければいけない時も『わたしはこうしてるけど他の人は…』としか伝えることが出来ず、とても微妙な気持ちでした。

やはりチームでやるからには、みんなが同じ方向を向いて、同じようにケアをしていかなければいけないのではと思っています。(入浴、排泄等の基本的なことから、日中の過ごし方等も含めてケアであると思っています。)利用者さんだって、この人はしてくれるけど、あの人はしてくれない…ということが必ず出てくる、出ていると思います。

そういったことも防ぐために、やはり基本となるものが必要であると思っているのですが、職員の中には基本を決めてしまうと、それ通りにしかしないから良くないという意見もあるようです。


みなさんの職場では、この人はこういう介助を、などを決めた基本ってありませんか?

また、それを一覧とした表みたいなものを作っていたりしますか?もしそれがあれば、どう活用しているのかも教えてください、


補足☆
うちの職場のユニット会議では、利用者さんの話がほとんど出ません。なので余計にそれぞれの解釈で…となっているのかも知れません。ここが一番の問題なのかも…。

コメントする

共通理解とチームケア

やまおやじさんの考えに私も共感です。

基本は大事ですし、各利用者の基本情報、日々の様子、観察、モニタリング、アセスメント、ケアのプラン、それらを共通理解し、チームケアが出来る職場ってとても少な気がします。

共通理解、チームケアに力を注がず、マウンティングばかりしている人が多いので、難しいですが・・・マウンティングが好きな人程、共通理解、チームケアが出来ない人が多い印象です。

それぞれの解釈で・・といのうは多いですよ。だからレベルが低いと言われてしまうのでしょうか・・?
自分の考えが正しいと思い込む人の多くは、他者の思考を受け入れつつ、良い方向に進める・・・という思考の柔軟性が低い印象があります チームというのはお互いに合わせる協力性が必要ですから、相手に合わせられない人は難しいですね。

同僚に協力できない人は。利用者さんの配慮やケアも上手く行ってない状況もよく見かけます。

(施設や職場内等、どこもそこの独自のケア?があり、人権擁護が低く、リスクを考えない古い考えで行なっているのも良く見かけます)

施設内部だけの勉強会でなく、外部の例えば認定看護師さんから嚥下摂食障害の講習をして頂くとか、ADLや事故対策に理解あるPTさんに転倒転落のリスクの講習をして貰うとか、なるべく新しいエビデンスや考え方、一般に通用出来る知識が無いと、共通理解、チームケアの良さも引き出せないかな・・と思うことあります。


共通理解、チームケアが出来たとしても、その内容が古く、改良された内容でなければ悪循環にもなる気もします・・

なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうございます!

お二人ともありがとうございます。
やはり基本があっての応用ですし、基本は大切ですよね。

それをチームの中で話し合い、理解し合いというのが本当に難しいところで…。

それぞれの解釈はもちろんあって当然であると思いますが、やはり基本的な方針というか、こういうケアをしていきましょうね、というところはみんなが共通の意識を持ってしていきたいなぁと思うところです(>_<)

なるほど 0
コメントする

ベース

きっとホームにも歴史があり、マニュアルを作ったために臨機応変な対応が求められても対応しきれなかったり下手にルールを決めたら不満が積もり離職になったケースがあるとしたら……、一つ言えることは私達の仕事は利用者中心としたチームケアである。 ということが言えますね。
施設の理念とかは分かりませんが、他者を変えることは人には難しくても自分ができる範囲でそれを実践していけば 周りもそれに多少なりとも影響を及ぼすのではないでしょうか?

なるほど 0
コメントする

主 ことのはさん、ありがとうございます!

わたしの職場は開設して4年ほど経ち、わたしは開設からいる職員の1人です。

開設から同じ部署にいますが、おっしゃっているような利用者さんを中心に考えた仕事が、私たちには出来ていないと…日々感じてはいました。
なかなか行動にうつすことが出来ず、口しか動いていませんでしたが、利用者さんのために、自分が出来ることをやってみようと思います。

なるほど 0
コメントする

きあなさんは指導者?

開設して4年の施設なのですか。
きあなさんは、開設当初からの継続職員さんなのですね。
新人さんに介護の理念、介護方法を指導する立場なのでしょうかね?

「チームケア」とは、介護を必要とする入居者さんがチームの中心となり、医師や看護師や療法士や介護士などなどがチームメンバーとなり「ケア(介護)を提供していく」のです。
ケアチームの内容が充実した「質の高い」ものでなければ、「技術が一定」でなければ、いくら多数の職員がいたとしても、単なる烏合の衆となる危険があります。

「臨機応変」とは、「入居者さんひとりひとりによって介護の方法が異なる」ということなのでしょう。

ひとりの入居者さんにかかわる多くの介護者が「共通理解」をするためには、ユニット会議でガンガン話し合いを勧めていってください。
<<きあなさんがリーダーとなって>>

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更