介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

隣の芝は青く見える?※愚痴です

  • がちゃともさん
  • 閲覧数:1,474
  • コメント:5

こんにちは、ご覧いただきましてありがとうございます。

すみません、お読みいただく前にお知らせしますと。
殆どの内容が愚痴になってしまうので、苦手な方はご覧いただかない方がいいかもしれません。ご了承下さい。


まず、自己紹介からなのですが 
現在、私は常勤のパートタイマーとして横浜市の訪問介護事業所で勤めております。

資格は介護福祉士を取得しており
現在の役職は移動支援管理責任者で主に計画書の作成や、登録ヘルパーさんからのサービスについての相談を受けたり、モリタリングを行っています。

お休みは週2回決まった曜日のみで、赤い日やお盆、年末年始は普通に仕事があります。

勤務年数は3年で、老人介護は今の事業所が初めてになります。(その前までは児童デイサービスで4年勤めていました)

時給は1100円でパートタイマーだからか役職手当や、資格手当はありません。

ただ、処遇改善手当を17000円いただいております。


とても小さな事業所で、父がお世話になっていたのがご縁で、いまの事業所にお勤めさせていただく事になったのですが

一年前くらいに先輩の唯一の女性サ責がお辞めになったのをきっかけに、私の負担が一気にあがってしまい、最近モヤモヤとした日々が続いています。

男性のサ責だけになってしまったので、登録ヘルパーさんが出来ない気難しい、また身体介護の難しい女性限定のところや、お風呂介助、女性でトイレ介助の必要な移動支援なんかは全てこちらに来ている状況です。

また、小さい事業所だからか登録ヘルパーさんに辞められては困ると、強くいえず、当日急ににお出かけするからよろしくと休む方もいます。

男性サ責は人が良いので、「ゆっくり休んでください」といった感じ、しかし休んだ分動き回っているのは私。といった状況です。


社員になれば?と思うかもしれませんが、社員になりますと休みの日に手が足りなくなると普通に出勤になりますし、この間はインフルエンザになっても出勤されていました…

また、その男性のサ責は仕事が終わった後でも登録さんからの電話やメールが沢山くるようで(聞いていると、電話の内容は殆ど愚痴のようで…)

小さな事業所なのでボーナスもなく、シフトがコロコロとかわって対応に追われている。

そういった状況を考えると、とても社員になりたいとは私には思えません。



今の働き方でしたらまた別の場所でやるのもいいんじゃないかと最近考えるようになりました。

しかし、老人介護はここが初めてで、他の所を知らず、そのサ責に聞くと「他のところはもっと大変だよ、残業も多いし」と言われ、悩んでいます。
時間が取れないからと会社で研修を受けた事もなければ、時間が合わず外部研修も受けた事がありませんので、本当に他事業所がどうなってるのかわからないのです。

ただ今の事業所でいいところは、周りの方が優しいという事と(いつもありがとうとおっしゃってくれますし、ごめんねともおっしゃって下さいます)残業がほぼないところです。また、たまにですが早めに帰して下さったりもします。
一日のサービスも大体4〜5件です。

今の状況に対する不満と、事業所へや利用者さんへの愛情がうまくまとまっておらず、乱文になってしまい申し訳ございません。

コメントする

社員になったら尚更…大変よね。

愚痴って書かないで「他はどうですか?」とか「今の待遇を客観的にどう思いますか?」って聞いて良いと思います。

09時〜17時もしくは18時
パート扱いだから休憩分は引かれますよね。
もろもろ引かれるもの引かれて、だけど17,000円処遇改善はついている。

有休取得ある程度取れる。
サビ残強要無し(立場上デスクワークもあるからピタ上がりは難しいかも)

で、あれば、主さんの職場が青く見える人もいるかも。。


不満なのは

女性サ責が辞めた分を主さんが丸被りさせられて、体力的にきつい。

男性サ責は登録ヘルパーに甘過ぎ。自分が被るならいいけど、こっちに流してるだけじゃん!!

の2点ですよね。

私自身、登録ヘルパーなんですが、登録ヘルパーをやってるのは、決まった曜日、決まった時間帯しか入れないからです。

家庭事情で自宅近くしか入れない人。
私同様の条件の人。

登録ヘルパーは一件ナンボだから、収入が不安定だけど、あえて理由があって登録ヘルパーを選ぶ人もいます。

ところが残念なことに、登録ヘルパーだから無責任で構わないと思っている人も中にはいます。
自分の受け持ちに責任もつのは常勤、登録関係ないと思います。
担当した日が祭日でも自分が行くのは当たり前だと思います。
せめて、事前に余裕を持って休みの申請を出すのが当たり前!!
体調不良とか、仕方ない理由のドタ休みはともかく「いつでも休める感覚」を許してはいけないと思います。
ただ、ヘルパー本人は仕事に行くつもりが、旦那がシャシャリ出てきて「今日は俺のおふくろが来ることになったから休め!非常勤なんだからそこまで責任持つ必要は無い!」とか言って、肩身の狭い思いでドタ休みするヘルパーもいるから、それはわかってあげてほしい。。

以前なら掃除や調理、買い物、洗濯をして「ありがとう」をやりがいに出来たけど、国が在宅シフトして、身体の仕事や障がいの仕事が増え、身体がきつい、全てやってもらって当たり前に思っている利用者さんの仕事が増えてきていると思うのです。

やる気があれば、身体は時給もいいので、私もやります!って言うヘルパーもいるかもしれないけど、高齢のヘルパーにはハードルが高いのではないでしょうか?

施設経験があるとか、年齢を感じさせない元気ヘルパーもいるけど、ヘルパー自身が骨が弱くなってる人もいますからねえ(*´ω`*)
いつのまにか骨折の危険もあります。

うちの責任者も「うちは予防介護取らないから、どんどん仕事減っちゃうよー」って研修で言ってましたよ(*´ω`*)

辞められたら困るって言うけど、辞めても思い通りの仕事なんかありませんよw
登録ヘルパーの私が言ってんだから、間違いないって!!

ありがとうありがとうって言われるのが当たり前の時代は終わったのよ。

そーゆー仕事もあるけど、ヘルパー資格いらなくなったんだもん→予防介護。
予防介護引き受けてる事業所に行って、時給下がって、それはそれで文句たれるのが関の山だと思う。
仕方ないじゃん、国が決めたんだからって思うよね(*´ω`*)

男性サ責がもう少し強気に出ないと、主さんみたいな頑張っている人材を外に逃がしちゃうよね。

甘やかしても、辞めるヤツは辞めますよ。

そこを主さんが男性サ責に言えたらいいんだけど、立場上難しいのかな。

なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうざいます。

るしあ 様

コメントいただきましてありがとうございます。
そうですね、ごめんなさい、愚痴を誰かに聞いてもらいたい気持ちと
他の方の投稿を見ていると私よりもキツイ方がたくさんいるんだから、こんなことで愚痴ってはだめなんだろうな、という気持ちが投稿前によぎってしまい、この投稿に対してどうしてもらいたいのか、打てずにいました。

 
勤務時間は9時から18時のフルタイム、過ぎた分は残業代が必ずでます。
また早朝出の場合は可能な日はその分早く退勤もできたりしています。

有給は申請したことがないので分かりませんが、毎日1件は現時点では私しか入れていない利用者さん(登録さんが入りたがらない、できない)ところがあるので、取れても午前休とかだと思います。

実働時間を調べてみますと月94時間でした。
男性サ責の方は月58時間です。

先日は処遇改善の割り振りを決めるための登録ヘルパーの評価をお願いしたいとの依頼がありました
男性のサ責は常勤の評価をするそうです。
登録ヘルパーさんは25名に対し
常勤は3人です。



女性サ責がやめたときにそれまで分割していた仕事がいっきに私に来たので、せめて私が風邪を引いた時など不測の事態に備えて代わりに行ける人を手配してほしい。と相談したのですが

「そうだよね」「わかるよ」「今の状態じゃ具合悪くなっても休めないもんね」と理解してくれる発言をするのですが、現状変わっていません。

あたってはくれていたのですが、高齢のヘルパーがほとんどで、移動支援ができない、身体介護は厳しい、気難しい利用者さんは無理。という方がほとんど。


また、新規の方で障害で80キロくらいの脳性まひの方のサービスが開始
訪問するとだいたいお部屋で転倒されているという状況でした。

足が細く、力が思うように入らないことと、手の力弱いので
起き上がらすのがかなり大変で、毎回汗だく
事業所はどうしているのだろうと利用者さんに聞いてみると

他の事業所は2人対応で行っているそうです。
それをサ責に伝えると「そうみたいだね」と

「一人ではきつい」と相談したのですが

「僕だって誰かいれてあげたいよ、でも人がいないんだよ」
「作業所で○○さんを見たけど、僕にはそんなに大変そうな人には見えなかった」

と聞き入れてはくれませんでした。

私としては、サービスについて彼に初めて吐いた弱音だったので

「この人に相談してもダメなのだ」としこりになってしまって

それ以降、つらい事があっても彼には相談はしなくなりました。
(この件については、重い方の起こし方の習得として自分の成長につながったと思っています)


イライラしてしまうのは、自分が入っているところは大変だと「ヘルパーが限られるようなところはダメだよね」と回数を減らすようにケアマネさんにお願いしたりしているのです。また、愚痴もすごいです。


小さな会社なので、家族経営で、男性サ責が息子でお母さんが代表で運営しており
息子さんに強めに言うのは可能なのですが、お母さんには大変お世話になったので、どうしても強く言えない

そんな私の未熟さがでています。


また、もう1人常勤の女性パートヘルパーがいるのですがかなり高齢で
無理をさせられないという理由から一日2件ほど、パソコンが苦手なので事務も本当に簡単なものをお願いしている状態です。

この方も、もう引退したようで、何度か辞めたいとお願いしたようなのですが、介護のサ責が足りなくなるからと懇願されてとどまっているようです。


介護予防のお話がでたので、それもお話すると(本当に長くなってしまいすみません)

代表としては、要望があるかぎり介護予防は受けていく
利用者さんの言うことはなんでもやる。といった方針であるとのお話がありました。

しかしご存じのとおり、介護予防は報酬が少ないので短時間のサービスになる。短時間では登録ヘルパーさんはやりたがない、常勤のヘルパーにお願いすることになるという事をおっしゃっており

これからさらにサービスが増えるんだろうなと思うと、またモヤモヤとしてしまいます。
男サ責はお掃除サービスは「クレームが多いから」と行きたがらないので
(これについては私もカチンときて「身体があるサービスで女性限定はわかるが、お願いだからお掃除だけのサービスで女性限定は勘弁してほしい。本人にはたまに女性ヘルパーが休んだ時は男性がお伺いするかもしれないという事でのんでもらってほしい。」と口を出しました。)

愚痴を聞いて下さり、ありがとうございました。



また、改めまして、みなさんから見て私の状況は客観的にみていかがでしょうか。
よければご意見いただけますとうれしいです。

なるほど 0
コメントする

今のままでいいのでは?

横浜市の訪問介護事業所で、先のような勤務状況ならば、今のままでも社員になられても、さほどの変わりは無いように思います。むしろ、今のままの方が面倒くさくないような気も致します。

社員になってもボーナスは期待出来ないと思います。

身体介護も生活援助も事務所内での事務仕事も時給1100円ということでしょうか?

パート職員として月当たり【(1100円×8時間×22日)+処遇改善手当17000円】の額と、社員としての月給を比較して考えてみましたか?

配偶者に扶養されているか否か。
社会保険や雇用保険には加入出来ているか否か。
税金やその他の保険料として差し引かれる部分はどのくらいなのか。
公休日以外の休日に有給休暇を取得可能か否か。

個人経営のようですので、就業規則や雇用契約については、話し合いの余地が有りそうですね。

サービス内容に関して言えば、訪問介護の登録ヘルパーさんは50代60代が多いので、重度訪問介護は行えない。身体介護はキツイ。男性ヘルパーにお任せ。
介護予防の生活援助は、無資格ヘルパーでもサービス提供可能。短時間サービスなのでお金にならない。事業所自体が受けないところも有る。
掃除メインとか調理メインとか買い物メインとかは、お婆さんの独り暮らしだと、男性ヘルパーは敬遠される。

ま、がちゃともさんの感じていることは、日本全国、皆、多かれ少なかれ感じていることと同じだと思います。

・入浴介助などの身体介護で体重80kg以上の人へのサービスは、2人介助が認められているはずですが、脳性麻痺者ならば、1人介助でも対応可能だと思います。

以上、私的な意見からのコメントです。

なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうございます。

山部様

ご覧いただきまして、ありがとうございます。ご意見いただけまして、大変参考になりました。

社員の方の具体的なお給金はわかりませんが、190000〜となっています。
ずいぶん前ですが男性サ責がお話の中で

「忙しい月でも、そうでない月でも頑張った月でもお給料は手取り20なんだからやんなっちゃうよ…」とお話されていたので、大体それくらいなのだと思います。

私の手取りが170000ほどなので、変わっていなければ3万程しか変わらない事になります。

体重の重い脳性麻痺の方の介護は基本1人でのケアが普通なのですね
他事業所は2人対応なので、試行錯誤しながら汗だくで起き上がらせる度に、「2人対応だと分かっていたのに、どうして引き受けたのだろう」と悲しくなっていました。

また、1人で起き上がらせる事がすんなり出来たときに「やってのけたぞ」という達成感があったのですが、井の中の蛙。他の事業所は基本1人対応で、出来て当たり前だったのですね。

貴重なご意見、ありがとうございました。
参考に、いろいろと考えてみます。

なるほど 0
コメントする

体重80kg以上のかたの身体介護は2人介助。

お給料については、社員だと月給制になり、手取り額は税金差引額ですね。
がちゃともさんに旦那様がいらして扶養されているのならば、年間所得額により扶養控除されなくなり、税金が高くなります。
がちゃともさんの家族構成などが解らないので、何とも言い難いですが。さほど変わらないのであれば、「今のままの形態で働いてみては?!」と、申し上げた次第です。
Salary will be commensurate with experience.

体重80kg以上のかたの身体介護は【2人介助が認められている】。
基本2人ですが、1人しかいない場合は仕方ないので【1人でサービス提供するしかない】。
「脳性麻痺者が作業所で働いている」ということは、四肢麻痺では無いはず。
「室内で転倒していることがある」ということは、少なくとも立位不可能では無いはず。
ですから、【対象者の残存機能を利用することにより1人介助も可能】と述べたのです。介護者自身の腰部圧迫骨折のリスク回避の為には【2人介助が望ましい】。
Understand?

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更