介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

介護事故による緊急ショートステイの利用について

  • いとっちさん
  • 閲覧数:1,383
  • コメント:2

特養併設のシートステイ事業所で、施設職員の移乗時の介護ミスにより右足に5針縫うケガを負わせてしまいました。
ケガをされた日が退所日だったのですが、在宅に戻った際、家族での病院受診対応が困難ということで、家族とケアマネに連絡し協議した結果、「緊急ショートステイ」利用となりました。

こういった場合(介護事故の責任の所在は施設にある場合)でも、緊急ショートステイは使えるのでしょうか。
延長分の費用負担金や介護保険を使うことそのものも気になっています。
客観的な意見をお聞かせいただければ幸いです。

コメントする

それは

ありがとう

介護保険としては請求できると思いますが、施設職員による介護事故なわけですから施設の負担とするのか利用者様に請求するのかは、その辺りは、利用者様のご家族と施設とでの話し合いになると思います。

なるほど 0
コメントする

主 確かに

kameチャンさん コメントありがとうございました。
確かに、施設の負担とするのか利用者様に請求するのか早めに決めるべき事ですね。

【追加情報として】
特養の入所定員50名
短期の入所定員4名
全て満床の為、ショートステイ退所予定日(事故があった日)以降は、静養室を利用した緊急ショートステイで対応するしか継続利用方法がないと。苦肉の策を取ることになりました。 

本来、緊急ショートステイの受け入れの要件は、
「利用者の状態や家族等の事情により介護支援専門員が緊急やむを得ないと認めた場合」
となっていますが、今回は、利用者や家族の事情ではなく、施設側が起した事故が起因です。

週末なので保険者も休みの為、相談できておりません。
緊急ショートステイが認められないとなると、施設もですが、本人や家族が困ることにならないかと。。。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更