介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

モニタリングの書き方教えて下さい!

  • フージさん
  • 閲覧数:1,291
  • コメント:5

先輩社員に付いてサ責の仕事を学ぶはずだったのですが、異動になってしまい何も分からずの状態です…モニタリングを頼まれたのですが、どう書けば伝わるのか?何を見ればいいのか詳しく教えてほしいです‼︎

コメントする

毎月モニタリングを書いています。

  • rann77さん

おはようございます
私の場合、5w1H
いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうした?
を、基準にして
利用者さんの現在の見える部分
見えない部分(背後の要因?)を踏まえて記入をしています。
モニタリングは、一月の利用者さんの状態を、上手いこと表現できない人の代弁しだと思って書いています。
担当ヘルパーさんに聞いたり、
聞くときは相手から利用者さんの状態を
引き出すことや導き出して、様子を聞いています。
例えば
先月までスムーズに歩くことができたのに
息子さま、娘さまが遊びにこられなくなってきた。
それによる因果関係が
ふらつきや元気がなくなってしまった
なんてことでもまとめてかいたり、
1人で歩くことができていたが、(今月の頭に)
手引き歩行になり、下旬には手引き歩行もままならない
この時の疑いが
脳の病気を疑いがでたり、足腰の異常
などやサービス内容の見直しも検討をすることが出てます。
モニタリングの場合、すぐに必要なサービスの見直しではなく、近い将来の見直しの意見かもしれません。
あと
その方が自分の事業所の良し悪しの評価、満足か?
サービスの見直しの有無
改善の有無
もしもわからない場合
「介護、モニタリングの書き方」
など
キーワードで検索をしたらヒットをするかと思います。
毎月60人以上モニタリングを書いています。
今月もまもなくモニタリングをかきはじめます。
慣れて来たら1人の利用者さん
5分から15分の間で書き込めるようになります。
ゆっくりで大丈夫ですから

なるほど 0
コメントする

わからない時には、先輩に助言を頂いては?

  • rann77さん

もうひとつですが
一度もお会いしたことがない利用者さんも書いています。
どうしてもわからない時には
アセスメントシートの情報
フェースシートの情報
その状態を見て、フルに想像を働かせて
訪問介護計画書も見て、介護度も見て
書いています。

一応利用者全員理解を心がけています。
頑張ってくださいね。

なるほど 0
コメントする

ケアプランに沿って

何をモニターしているかと言えば、ケアプランに記載された貴殿の施設の該当部分です。
計画書もそれに沿って作成されており、サービスも短期目標や長期目標を達成するために実施しているはずです。
従って、モニタリングには短期目標や長期目標に対してどんな状況なのかということを書けば良いと思います。
ケアマネさんが知りたいことは、自分のプランが上手くいっているかどうかです。
それが分かればいいと思います。

なるほど 0
コメントする

モニタリング

  • まやさん

はじめまして。
ケアマネが作成したケアプランを元に作成していると思いますが、自分達がどのように支援していけば達成するか、サービス内容があると思います。
私がサ責の時は、自分達が行う支援ができたか、それによって本人の状態がどうなったか(ADLの結果だけでなく意欲も含め)、職員に対して本人、家族はどう思っているか(評価)を記入してました。
一月の間の変化ですよね。どのように変化をしたか記入してました。
モニタリングシートにより書き方も変わると思います。
私の場合は目標、支援内容があり、それぞれ記入してました。今は少ないと思いますが、支援経過記録シートのような帳票であれば本人が話した内容を記入し、それに対して自分が話した内容を記入。(誰が言ったかも記入)
いざモニタリングシートを記入するとなると、考えてしまいますよね。
モニタリングシート記入例文などでネット検索するか、モニタリングの書き方の本を探して記入するのが良いと思います。
サ責の仕事に就いた時、私も悩んだ頃を思い出します。
参考になるアドバイスが出来なくですみません。
先輩や、他事業所の方と交流が持てた時に聞いてみるのも良いかと思います。訪問リハや訪看、他、それぞれモニタリングはしていますので。

なるほど 0
コメントする

誰にでもわかるように

とよく言われませんか?
「誰にでも」の基軸は中学卒業程度です。
日本では義務教育卒業程度の語学力は習得しているものとして考えてよいと思います。
なので、例えば漢字も「骨粗鬆症」ではなくて「骨粗しょう症」とか、専門用語や略語はあまり使わず、家族や素人がみてもある程度理解できる文章がよいと思います。

起承転結とか言うひともいますが、それも違います。あれは文学者が美しい古文の作成に用いる用法で、現代語に無理矢理あてはめる必要ないです。

時間の流れに沿って、見たままの事実をできるだけ擬音(ブルブルとかガクガクとかでなく寒そうに震えているとか)を使わずに書くとか、どんな様子だったか、それに対して何をしたか、などでよいかと思います。

変に上出来な文章にしようと思わず、その場の出来事を写真に撮ったつもりで、それを文で説明する感じで書くと色々気付くことも増えていきますよ

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更