介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

転職・就職

今後の自分について

  • ホイストさん
  • 閲覧数:1,514
  • コメント:10

介護の世界で15年間仕事してきました。もともと腰痛持ちで(椎間板ヘルニアと仙腸関節炎)、騙し騙しで仕事してきましたが、最近本当に腰痛が半端なく、介護職としての限界を感じてきました。現在37歳。
ここ4~5年、正直この世界から引退して、別の何かをしようと思っているけど、次何したいかもなく、結局そのまま仕事を続けているような状態です。
このまま無理して体を酷使するか、なにか探して新たに仕事するかを真剣に考えています。
ちなみに整形ドクターからも本気で治したいなら、介護辞めた方が言いと言われましたが、この世界しか知らない自分には正直辛い選択です。

コメントする

介護は介護施設現場だけじゃない!

現在どういった施設で働いておられるかはわかりませんが、現場だけが全てではありませんし、資格を取ってケアマネージャーになったり、一時避難として相談員業務。
利用者と向き合っていきたいのであれば、小規模多機能への転職やヘルパーなど負担を軽減しつつ出来る介護はまだまだあります!

ご自分の体を大事にしつつ、1番やりたい事を見つけてみてください!

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます

まぃみーのさん、コメントありがとうございます。

そうですね。現場が全てではありませんよね。老健施設にいますが、福祉用具があるのにお姫様だっこや、持ち上げる介護をしている人がいます。かなり重度化していて、自分は福祉用具使いますが、他の人は使わず当たり前にやってます。
もう少し様子を見ながら検討したいと思います。

なるほど 0
コメントする

事務系

現場が身体的に厳しいならケアマネになったらどうですか?勉強しなけりゃ簡単にはなれませんけど。また、パソコンに抵抗ないなら、介護施設の事務員もあります。福祉用具専門相談員は現場ではないですが、ベッドの運搬や組み立てがあり、体力も必要です。
介護施設で良ければ、厨房職員もあります。うちのデイの生活相談員は名ばかりで介護職と一切変わらず現場に出るので、そういうデイもあると思ってください。

なるほど 0
コメントする

主 はじめまして

ダルメシアン101呉さん
コメントありがとうございます

自分なりに考えて行動してみます。助言ありがとうございました

なるほど 0
コメントする

はじめまして

僕も介護の仕事で同じ様にヘルニアを経験しました。
当時の先生に現場で介護は出来ないと言われました。
その時に「相談員の仕事を探してみたら?」とあうアドバイスを頂きました。
そこから僕の介護人生はステップアップしました。
デイサービスの生活相談員からセンター長。
現在は管理職からは抜け出せなくなってしまうほど、楽しく仕事しています。
腰とは上手く付き合わなければいけませんが、それこそ、この身体で肉体労働も無理ですし、その分の現場経験を若手に伝えていったり、地域との連携に日々励んでいます。
腰の痛みは本当になってみないとわからないですし、人それぞれの痛み方があります。
他人事ではないと感じ、コメントさせて頂きました。

明るい未来へ向かっていかれますように願っております。
お身体を大切に

なるほど 0
コメントする

主 はじめまして

蓮パパさん、コメントありがとうございます。

腰痛とは一生付き合っていかなければと考えています。現場は好きですけど、自分の体も一番大事です。
騙し騙しやってきましたけど、今後のことしっかりと考えていきたいと思います

なるほど 0
コメントする

ほかに

  • REVさん

既出のコメントで出ていない介護関係の職種で言えば、ほかに、1-介護予防サービスの担当者、2-介護資格の研修講師があると思います。

1-介護予防サービスの担当者とは、よく「○○体操」とか言われる自治体などがやっているあれです。今は、「○○体操」では飽きられてしまい継続して参加していただくことが難しいそうです。理由は、参加者の生活に直結していないためと考えられているようです。こういう状況だからこそ、知恵を絞ってサービスを考える楽しみがあるように私は思います。

2-介護資格の研修講師とは、看護関係のメジャーな資格である「介護職員初任者研修」や「介護福祉士実務者研修」の講師です。講師になれるかどうかは、あなたの保有資格が決定的に影響しますが、講師になればご自分の職歴を活かせると思います。

両者いずれにしても、給与面では減収・不安定にあるでしょうが、仕事を掛け持ちしたりすれば、一定の収入が維持できると思います。

最後に一言。「やる気があれば、ご自分で事業所を設立・経営してみてはいかがでしょうか。」

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます

REVさん、コメントありがとうございます

なるべく腰の負担を減らすために、福祉用具を積極的に使って仕事してます。自分で腰を守らないと誰も守ってくれませんから。

少しずつ自分と向き合いながら色々と考えていきたいと思います。

なるほど 0
コメントする

辞めた方がいい感じ。

次に何をするかは分からないにせよ、辞めたい気持ちは強く出てるきがすので、続けても今以上にストレス感じると思います。

私も8年やって、やはり体がついていかないということで、このまま頑張り続けて事故起こして、将来後遺症残るレベルのことになったらいやだなぁと思い、辞めました。

失業給付金も約3か月は出るし、その間完全に仕事しなくてもいいんじゃないでしょうか。失業中にハローワークが管轄している学校にも通えますしね。
行きたくなかったら行かなくてもいいと思いますし。

私は介護離れて約3年になります。3年前から特に仕事したい気分にもならなかったので気が向いたら仕事するって感じでしたけど、そろそろ金なくなってきたし、介護の仕事またやりたいなって思えるようになったんですよね。
それそこそんな気持ちになったのは最近で、それまでは「2度とやるか」と思ってたんですよ。

よく休むことをおすすめします。

あと、貴方はヘルニアで私は違うけど、介護やめてからの方が体が痛いです(笑)働いてないからでしょうかね。

なるほど 0
コメントする

転職は?

  • TORABOOさん

介護の仕事が嫌でなく他にしたいこともなければ、皆さんがおっしゃるように介護関連の仕事をしたらどうでしょうか?

私もヘルニアがあり一時期 半日勤務にしてもらったり 整体に通ったりとしていたんですが ストレスからくる場合が多い!
とわかりちょうどその職場に嫌気がさしていたので転職をしました。

なんと転職により腰痛が軽減されフルタイムでも勤務ができました。

ケアマネは国家資格でもないのに資格取得が難しいです。

訪問ヘルパーのサー責などは フルタイム正社員で雇用されヘルパーが休む時に代打で出る!
などと一日中介護の仕事をしなくてもいいし、、、、

特養などは相談員の業種もあるのですが・・・

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更