介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

デイサービスでの看取りについて

  • やぢさん
  • 閲覧数:1,567
  • コメント:17

初めての事で悩んでいます。自宅かデイサービスで、その日を迎えたいという要望がありました。万が一の時に救急車を呼ぶのは延命だ、と医師が話したそうです。でもデイサービスの送迎で自宅に送るのも何だか違う気がします。皆さんのご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします

コメントする

主 その場合…

  • やぢさん

クラノスケさん、ありがとうございます。その時の急変した場合の計画は救急車要請でしたか?お風呂はどうしましたか?

なるほど 0
コメントする

てゆーか

本人が要望したのなら、まず実現できるかどうかを皆で検討すべきでしょう。
これこれこーゆう風にならできますが、こんな感じでよければ是非デイにいらしてください。これとこれはどうにも無理なので申し訳ない、て感じでお互い話してみるのが先です。

最近のデイは死にかけはお断りなのですか? 元気なうちはやれリハだの健康のための減塩だの、元気にすごすための個別援助計画だのと膨大な押し付けがましいプログラムで金もらっといて、いよいよひとつの人生を終えようという時には自宅とかデイは勘弁してくれ、病院かどっか行って死んでね。てゆー流れはどうなのかな。

出来損ないの介護保険や医療保険に振り回されてだけではなにも進展しません、せめて私達専門職がその中でその出来損ないの制度を上手に扱わなければなりません。

私は、その介護士たちのめげない一歩一歩の前進が、日本の介護を、保険制度を良くしていく礎になると思います。

なるほど 0
コメントする

たしか

お風呂はなし、その代わりあったかいタオルで清拭。
救急車要請はなしで、その方は訪問看護と往診にきてもらえるようにしといたのでそのおかげで在宅とデイの看取りできたのは大きいですね。

なるほど 0
コメントする

主 なるほど

  • やぢさん

その方は認知症で自分の意見は言えない状態です。父一人娘一人ですから、娘さんの思いが馴染みのデイで。との事なのです。今の会社では出来る事は限られています。でもクラノスケさんの、まずは一回からという経験、提案してみます。介護は本当に…色々な意味で難しいですね。勉強にもなりますが。またその結果をのせてみます。まずは明日、上に伝えます。ありがとうございました

なるほど 0
コメントする

看取りにあたっての注意点

  • 関西さん

まずは家族との話し合い。
そして主治医との打ち合わせとなります。


看取りと方針が決まれば
1.サービス利用中の急変した場合
2.サービス利用中に亡くなった場合
の段取りを詰めていかなくてはいけません。

問題点として
1については、「救急搬送する」であれば普段の対応と変わらないのですが「しない」となると、スタッフへの負担が一気に来ます。
救急搬送しないとなれば家に送るしかないわけです。
主治医+訪問介護に連絡して家で合流して引き継ぐといったことが考えられます。
送り中のお亡くなりという事態も想定できます。
送迎中となるとそこに主治医が来て死亡診断で済むのか、不審死扱いで検死となってしまうのか警察に確認が必要でしょう。


2については主治医に施設まで来てもらえるのか
どの時間で来てもらえるのか
それまでどこで待っていてもらうのか
お客様へのアナウンス
スタッフのメンタルケア
といった点ですね。

どちらにしても主治医の理解と協力が無ければ成り立ちません。


亡くなってからの移動は死亡診断書が無ければ遺体損壊とか遺体遺棄とかに問われたと思います。
絶対にしないでください。
死亡診断書があれば、葬儀屋や寝台車業者に依頼することでスムーズにご帰宅いただくことができます。
死亡診断書があれば自家用車でも移動できますが、警察に止められてしまうとまず殺人と疑われ、主治医への確認とか非常に時間と手間がかかると聞いています。

なるほど 0
コメントする

いつもと変わらぬ日常に身を置きたいのはわかりますが

  • VOWさん

「看取り」と一口に言っていますが、
死亡診断を取るところまでが看取りではないのですか?
デイサービスで「死」を迎えることをいくら本人が希望したとはいえ、「看取り」と言ってはいけません。
死亡事故または殺人の完全な否定ができないからです。
いくら末期がんとはいっても、病死である判断がその場でできなければ
誰かが殺したか、あるいは事故による死亡である可能性があります。

当然、自宅以外での死亡は警察案件です。
現場にいた他の利用者も当然聴取の対象となりますし、現場検証も行われます。
家族の同意があっても、本人の同意があっても例外はありません。
必要があれば、死亡解剖もされます。
疼痛管理のために麻薬を使用している場合はなおさらです。
それでも良いのでしょうか?

それにしても、もし、デイサービスで息を引き取ろうとしたとき、その方は家族に見守られていなくても良いのでしょうか?
だからと言って家族との関係性が悪いとは言い切れませんが、その程度の希薄な家族関係の場合、もしかしたら「自宅ではなく、デイサービスで死んでくれればいいのに」と思っているかもしれません。
もちろん、関係者は「そんなことはない」とおっしゃいますし、
福祉でいう「看取ってあげたい」という気持ちなのでしょうが、第三者も同じ目線で見てくれるとは限りませんよ。

そういった事も踏まえて判断する必要があるのではないでしょうか?

「何とかしてあげたい」という気持ちから考え始めるのもいいですが、
今一度、冷静になって判断することも必要です。
「看取り」をしたデイサービスが必ずしも「立派」だとは思いませんし、
「看取り」を断ったデイサービスが「勇断した」とも思いません。

ある程度想定される問題をクリアにしてから判断された方が賢明です。

そもそもデイサービスって何を目的にしているのでしょうかね?
「看取り」する所でしたっけ?

なるほど 0
コメントする

あらゆる事を想定して、ケアをして下さい✨

このケースの場合、沢山の方が述べられている事が想定されます。敢えて、その事は触れません。職員も、相当なリスクを背負い覚悟が必要になると思います?しかし、本人の希望を叶えられた時、今までの介護観とまた1つ違った、介護に対する考え方が芽生えると思います!既にされていると思いますが、その事を踏まえて本人、家族、職員、医療関係者と話し合いケアをしてあげて下さい。個人的な意見で、大変申し訳ありませんが、貴重な経験が出来ると思いますし、むしろ今後こういったケースは増える可能性が充分にあり得ると考えています!デイでの看取りをされる場合は、チームケア一丸となって乗り切って下さい!

なるほど 0
コメントする

追加です!

ケアをされる場合、このような場合に備えて生活の様子が詳しく記録できる、介護記録を新たに作成すると良いと思います。万が一、警察・裁判沙汰になった時の為に証拠として提出できるように!

なるほど 0
コメントする

正義感だけではどうにもならないのも現実

入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行うこと(利用定員が厚生労働省令で定める数以上であるものに限り、認知症対応型通所介護に該当するものを除く。)をいう。

これが介護保険法の通所介護の目的です。
先の方も言われているように原則として生活する場でない以上、看取り判定は難しいと思います。あくまで上記のサービスを提供する場所です。
もちろんしっかり考え医療介護で連携をとって結果そうなった場合はあるとおもいますが、、、居宅サービスでの緑を容認推奨してしまうと、いろんな事件が起こってくると思います。
あくまで居宅サービスに位置付けられたものなので、それを飛躍して実行するのは今の段階では飛躍しすぎていると思います。

個人的な意見ですが、いつも通っている美容院にここで死なせてくれって言ってるのと変わらないように感じます。

なるほど 0
コメントする

主 デイで看取り、次段階

  • やぢさん

明後日ついに、担会です。皆さんに出して頂いた意見や、自分達のデイでの限界を話してきます。結果は悩みましたが載せます。今後、特に田舎はこんなケースが増えるのかな、と悲しいけど思っています。ただ、デイサービスに出来る事は限られていますから、私も勉強してきます。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更