介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

若い利用者対応方法

50代の利用者、他のサービス担当にもクレーム多く、気を付けて対応していましたが、職員が病院受診を確認したところ気に入らなかったらしく帰って行きました
社会復帰のために私たちも色々なプログラムをいれ応援してきました。確かに口調がきつかったかもしれませんが
職員は、余分なことは全く聞いてません。こういう利用者にはどのように対応して行けばいいですか?アドバイスお願いいたします

コメントする

今は放置あるのみ。

スレで読み取れないので、想像です。

気に入らないから帰った→デイですか??

私は現在、訪問ヘルパーです。
障がいの方の担当が多いのですが「秘密主義」の方も多いです。

家族ぐるみ秘密主義。
家族はもう少しどうにかしたいが、本人が言わない。

正直、これじゃあどうにもならんよ…みたいなお宅もあります。

50代だと障がいのある方と推測しますが、精神の病、自身の障がいを受け入れきれない、元々偏屈…いろいろ理由はあります。

その根底にあるのは「あなたに私の何がわかるの?」だと思います。
わからないよね(*´ω`*)
だって私はあなたじゃないから。。

社会復帰も余計なお世話。
本人の気持が変わらない限り、他人の指図を受けたくないのかもしれません。

障がいはケアマネさんついていない方も、けっこういらっしゃる。

私は以前、生活保護、障がいの60代の女性の担当になったのですが、その方がご家族とトラブルがあると、そのたびにストレスの発散なのか、言いがかりのようなクレームを入れられました。

あまりひどいなら「ここが合わないようなら、違うところに変える手もあります」でも構わないと思います。

高齢者の介護は「お手伝いさせていただく」的な感じだけど、障がいは対等な立場も必要です。
あくまでヘルパーはその方のジグソーパズルのピースでしかないし、単に社会資源の一つとして、許されている制度を使用しているだけに他ならないので。

通院確認で立腹したなら、ケアマネでも責任者からでも「ここを利用する場合、こういう理由で確認をしないといけないので、スタッフの確認に協力お願いします」でいいのではないでしょうか?

ご家族が、その方が社会復帰をしないと経済的負担が大きいから忙せているのですか?

クレーム内容によっては「出来ません」でいい いと思います。

曖昧より、はっきりさせたほうがご本人も頭の中で整理できることもあります。



なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうございます

るしあ様、とても的確なアドバイスありがとうございました。まさにその通りです。
運動をかなりされるので、状態確認は必須です。うちの施設利用者に腰低すぎて、
わがまま多く、それが結果トラブルにつながっています。リーダーはなんてことしたの?と怒ってましたがなんか違うと思ってました。
言うべきことはこれからいいます。

なるほど 0
コメントする

精神疾患の人には、付かず離れずのケアが必要です

  • zooさん

 若年認知症の人もそうですが、精神疾患をお持ちのご利用者様の場合、
こちらが良かれと思ったケアでも、相手が妄想らしきものなどを持っていたり、気持ちが内側に入りすぎていたりした場合では、自己中心な態度になりがちです。
 そのような場合、否定するのでなく、ある程度、離れた場所から観察するしかない場合もあります。
 リーダーの言葉は、当てはまらないと思いますよ。
 精神疾患の人は、自分の思いとケアする人の思いが一致しないと動かない人も居ます。 でも、その人の思いなんて、簡単にはわかりませんよね。
だから、わからない時は、変に低姿勢でケアするのでなく、第三者的な所にたって、その時は、必要最低限なケアでも良いと思います。
そして、その利用者の思いが分かってくるようにした方が良いのではって思います。 精神の人は、自分の思いに自分自身の気持ちが付いて行っていない時もあります。
 その人の真の思いを感じるようにするとその後のケアがしやすいと思います。
 やはり、付かず離れずのケアしかないような気がします。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更