介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

介護ノウハウ

認知症の妄想への対処方法をアドバイスください

  • ken-sanさん
  • 閲覧数:1,194
  • コメント:9

93歳の母親、肉体的には健康ですがアルツハイマー病で要介護1の認定を受け、現在サ高住(特定施設)にお世話になっています。
その母親がこの2か月程幻覚や妄想に取りつかれた状態になっています。
部屋で寝ていると隅に女性(職員か?)がじーっと自分を見つめているとか、昔使っていたという湯飲み茶わん、箸、鉛筆、定規などを勝手に持って行って返さない、などと実際にはありえないことを訴えます。更に、そんな嫌なことばかり起こるのでこの施設から出ると言い張ります。
アリセプトを処方してくれている精神科医に相談してもなかなか的確なアドバイスがもらえません。
できるだけ本人に寄り添って、と思ってはいますが相当辛くなっています。経験をお持ちの方、良きアドバイスがありましたらお教えください。

コメントする

施設の職員とは相談されていますか?

みんなで相談しても解決できなかったからここで相談されているのでしょうか?
ここで質問するのが悪いという意味ではなく、お母さまのことを知ってる人達の方が一番良いアドバイスができるのではないかなと思ったまでです。


レビー小体型認知症の方にそういう症状がありますが、病名が特定できたからといって解決できる話でもありませんしねぇ。


できるだけその架空の話を否定も肯定もせず聞いてあげられるといいと思います。
何言ってんだよやれやれと思うので聞く側は大変ですが。

後、ご家族と外出したり、普段会わない人(例えば医者とかも)と会ったりすることで落ち着かれることはありました。


認知症の方で精神的に安定していない時は体に何かしらの変化があります。便秘や空腹、腹痛もそうです。
これは私が経験して感じたことですが、何で苦しんでいるのかを表現できないだけじゃないかなと思っています。

なので、まず体調に何か変化がないか気にしてみます。


レビー小体型認知症の方で便秘になると物凄く不安定になる方もいました。自殺してやるー!ってところまでいきます。


お母さまに今何が必要かはっきりしたことは分かりませんが、色々な人に意見をたくさん聞いて、一つ一つ試していくと良いと思います。

なるほど 0
コメントする

主 アドバイスありがとうございました

  • ken-sanさん

遠距離介護の私と、割に近くにいる弟と二人で対応し、ほぼ毎日電話でも話をするなどできるだけのことはしているつもりです。

日々対応してくれている職員や施設長にも相談したりアドバイスを求めたりしていますが、未だ割に新しい施設ということもありこういうケースの対処経験も少ないようで、腰が引けた感じの対応に終始しています。

体調面では、当初から便秘が続いています。看護師が便通の頻度をチェッ
クし必要に応じて下剤を服用させくれてはいます。その他多少心気症気味なところはありますが、特段問題を感じてはいません。

施設のベランダから飛び降りてやる、という殺し文句は入所後から頻繁に言っており、今でも時々言い出します。しかし単に口先だけなのか、勇気がないのか、あるいは私たち家族に与える影響を慮ってのことか、実行には至らず最近は口にすることも少なくなっています。

アドバイス頂いた「色々な人に意見をたくさん聞いて、一つひとつ試して」を実行し、来週には再度精神科医を訪ねて色々相談させてもらおうと思っています。

なるほど 0
コメントする

なるほどなるほど。

だいたい一施設一人はいますね。無礼な言い方して申し訳ないですが。

そうなんですねぇ。。

便秘についてですが、食事量はどうでしょうか?食べないと出ないですし、偏食でもやはり出ないですよね。

甘い物しか食べないとか、野菜食べないとか。

後は水分量も大事です。少ないと誰でもそうですが、身体機能が低下します。ボケたり歩けなくなったりします。駅伝の選手も時々そんなことになりますね。

自分の思い通りにいかない時に出る殺し文句なら本気ではなさそうですが油断できませんよね。
私が上で話した方も、フォークを手首に突き付けて訴えるということを繰り返して、一度も流血騒ぎになったことはありません。
いつもいつも自分の思い通りにならない時に泣きながらそうやって訴える方でした。

でも、お母さま、落ち着いてきたのなら少し様子を見ても大丈夫そうかなぁ。どうでしょうね。

ええっと、入居して1年2年経ってここ2カ月様子がおかしいのでしょうか、それとも入居して2カ月目でしょうか?

なるほど 0
コメントする

主 今回の症状は2か月も続いています

  • ken-sanさん

食べ物の好き嫌いはさほどなく、施設で出された食事もほぼ毎回完食していますので食事面では特に問題はないと思っています。

しかし以前から水分摂取量は少なく、我々家族もペットボトルの水を欠かさず置いたり、施設職員も水を飲むよう促したりしてくれていますがなかなか十分とはいかないのが現状です。便秘の原因の一つはこの点にもあるのではないかと思っています。

1年半前の入所そのもののきっかけも幻覚や妄想によるものでした。その後も症状は断続的に現れたりしましたが、1~2か月程度で落ち着きを取り戻したりで何とか乗り越えてきました。

しかし今回は「もの盗られ」の症状が連続的に発生し、かつ2か月以上も続いているために当方も当惑しています。

明日、弟が担当してくれている精神科医を訪れて相談することになっています。特効薬はないとは思いますが、何かヒントでも貰えればと期待はしています。

なるほど 0
コメントする

少しだけ距離を置いては?

親が90代であれば「今日、この電話が母と最後の会話になるかもしれない…」そんな想いもあるのではないですか?

ご家族の中には経済的な問題も含めて、親の介護にかかる負担割合などて兄弟間が不仲になるケースもあります。
主さんのところは、兄弟で力を合わせてお母様に寄り添おうとしている。
「兄弟が力を合わていせる」ことが一番の親孝行だと思います。

女性は物盗られ妄想の方が多いし、相談内容は「よくあるケース」です。

息子にとって、いつまでも母親は母親。
変わって行くお母様を見るのも辛いのかな。

例えば、お兄様が日曜日、金曜日、弟さんが水曜日と電話をかける日を決めてはいかがでしょうか?
また、様子を聞くような会話じゃなく「母さん?俺だよ。今、仕事の帰り(または休憩時間)なんだけど、急に母さんの声が聞きたくなって電話したんだよ」と甘えてみては?

私の母は83才団地に一人暮らしです。
認知症があります。
子供は私だけ。土曜日は必ず行きますが、他の日は電話で話すだけの日も多い。
様子を聞くような会話に持っていくと、デイに行きたくないとか、そんな会話になっていくので、作戦を変えて「今、仕事帰り。ちょっと声が聞きたくなってさ」って言う会話にしたら「帰ったらゆっくり休みな」と言うようなセリフに変化しました。

間接的に親に甘えるイメージかな(*´ω`*)

あと高齢者は水分取らないよねー!
私の母も2年前に熱中症で入院しました。
主さんのお母様は食事はしっかり取れてるようですが、ご家族の差し入れと言うことでフルーツゼリーなどをデザートとして食事の時に出してもらうことは不可能ですか?
夏のギフトなどに常温保存のゼリーとかあるじゃないですか?
私は訪問ヘルパーですが、私の母も、利用者さんも冷たいものが苦手な方が多いです。
水分取らない方、多いです。
夏でもお茶とか温かい飲み物を好む方も多い。
私の母はいつも座っている人利用リビングコタツ(イスで座れるタイプ→夏はコタツ布団からマルチカバーに変えてます)の上にティファールを置いて、横にティーバッグとコーヒー、500のペットボトルを置いてから、手が届いて便利なせいか水分をとる量が増えました。
テレビを見ながら、ちょいちょい飲んでいます。
土曜日に空いたペットボトルの数をカウントして水分量をチェックしています。

有利老人ホームで働いていた時、居室にミニ保冷庫を置いて、ご家族がゼリーやペットボトルのお茶を毎週補充している方もいました。
水分に関しては、お母様の好むものを探して工夫してみては?

なるほど 0
コメントする

そうなんですね。

老いの進行は止められないので仕方ないですが、どういう理由でそういった症状が出るのか解れば少し心持ちが変わります。

ヘルパーが認知症の方を相手にできるのも認知症について勉強しているからですね。

お母さんを入居する前の状態に戻すことはできないかもしれませんが、貴方や家族の考え方を変えてしまった方が案外楽になれるかもしれません。

難しいのが身内というところですが。
なかなか他人のように思うことができませんよね。でも心持ちを変えるだけで精神的な負担は軽減します。


お母さまのように認知症とも精神病とも言えそうな症状の場合、他に季節の変わり目に症状がひどくなったりします。後は不眠。
活動量が若い人と比べて少ないのでいくら睡眠薬飲んでも眠れない時は眠れないんですけどね。


他に対策としたら、お母さまがどういう性格かは分かりませんが、本人を明るい気持ちにさせたり、笑わせるといいです。
これはヘルパーがやってくれるといいんですけどね。

例えば「今日は素敵な服着てますね、どうしたの?」とか「いつも綺麗ですね~、みんな振りむいちゃいますよ。」とか「○○さんの顔見たら元気出ちゃった」とか。

↑これは昔いた施設で高齢者を笑わせるのが得意なヘルパーが言ってたんですけど、大抵効きました。
効かない時は真剣に話を聞いてほしい時くらいでした。


高齢者は認めてもらいたい、ちやほやされたい(気にして欲しい)という気持ちが少なくともあるんだと思います。
そういった孤独が積もり積もって精神に病ができるんじゃないかなと思ってます。

後はもう少し施設まかせにしてもいいと思います。もちろん今まで通り連携は大事ですが、負担軽減のためにも利用するところだし、そうじゃなきゃ施設に入っている意味ないですよ。

職員が腰ぬけでも必要なことはやってもらいましょう。



なるほど 0
コメントする

主 意識して距離を置くようにしたことはあるんですが・・・

  • ken-sanさん

携帯電話という便利なものがあるおかげで、何時でも、どこからでも話が出来ます。今では毎日のように、弟か私が電話をかけて話し相手になったり、あるいは様子を確認したりしています。更に何かあると母親の方から電話がかかってき、時には呼びつけられることも・・・。

時には頭が痛い、時にはXXXを買いにつれて行ってくれ、時には財布がない/盗られた(妄想)等等。

ちょっとやりすぎかなという気もしますので、頻度を下げたりしてみますが、そうするとちっとも電話してこないと愚痴が・・・

学校を卒業すると私は家出するように東京へ。弟も海外勤務が長く両親は放りっぱなし。父親が死んでからも母親には、結果的には10年も一人住いを強いてきた。

その点からすると我が家は、日本社会が現在抱える独居高齢者問題の縮図なのかもしれない。その結果が今の状態であるならば、やはり甘んじて受け入れるしかないのか・・・

なるほど 0
コメントする

独り住まいを強いた?

いやいや、子供は巣から旅立つのよ。
そこで自分を責めたらダメです。

親がなくとも子は育つ、子供が巣立てば親は何とかやれるもの。
息子さんだからかな?女は強い生き物だから、自分を責めたらダメです(*´ω`*)

携帯電話がきたら「今、仕事中だから。今、運転中だから」ガチャ!でいいんです。

私の趣味友達で主さんに近い状態の男性がいて、相談されたことがあります。
やはり、お父様が他界してからずっと一人で暮らしていたお母様がいらっしゃる。
骨折をきっかけに施設に入りました。
最初は主さん同様でだんだんストレスが溜まりだし、相談された時はかなり疲れた様子でした。

今は仕事中は基本母親からの電話はスルーだそうです→何かあれば施設から電話が来ると腹をくくったそう。

呼び出しも断る→仕事、自分の家族優先。ただし、日曜日か土曜日で月に二回は面会に行く→主導権は息子が握る

要するに母親に嫌われる覚悟をしたそうです。とはいえ、息子を嫌いになる母親はそうそういないよ。

辛かったらここで相談でもいいし、ブログでグチってもいいと思う。
ブログでもコメつくから。。
逃げ場も大事。
私達は介護を仕事にしているから、たまに利用者さんや家族の本音を知ることも大事。

そうだよね。長寿じゃなく長生社会の縮図よね。。

なるほど 0
コメントする

主 少し気持ちが楽になったようです

  • ken-sanさん

アドバイスありがとうございます。

そうですね、もう少し距離を置いて気持ちを楽にして考えたり対処したりした方が良さそうですね。できないことはできないし、そのことで悩むことはありませんよね。

深刻に考えすぎたり、もっと沢山背負い込んだりしてこちらが参ってしまったら、親の方も喜ぶはずはありませんよね、もし正当な判断が持てていたら。

「母親に嫌われる覚悟をする」というアドバイス、私自身がどこまで覚悟できるかよく考えてみます。

ありがとうございました。


なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更