介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

考え方の違いや介助方法の違いについて

  • はりふさん
  • 閲覧数:696
  • コメント:1

介助方法や介護についての考えって、人によって様々ですよね。職場であまり統一されてない場合、どのようにしてますか?
新しいことを教えてもらったりするのも、家族への対応や、ゴミの片付け方とか些細なことも含めて。
どっちでもいいことから重要なことまで、
いちいちダメ出しされたり起こられたりするのも嫌ですが、後から何も言わずやり直されたりするのも少しストレスです。
みなさまどのように対応されてますか?
気持ちの切り替えどうしてますか?

コメントする

文章が長くなりそうなので。。。

気持ちの切り替え方についてコメントしたいと思います。

私も介護観は一つだけじゃないので、色んな考え方があっていいと思ってますが、「こうするべきだ!」とか介護観が全然違うと“頭がおかしい”と言わんばかりの反応されますねぇ。

私は、その方のプランがちゃんと行われていれば、後は色々どうでもいいことチクチク言われても真剣に受け止めてません。

まーた、八つ当たりしてる。ストレス溜まってるんだなぁ。と、自分はこうならないようにしよう。だってそういうストレスって利用者に伝わるって私は思っているので、攻撃を受けても闘わないようにしてますね。
馬鹿は相手にしないってやつです。


ダメ出しとか文句ばかり言う人に限って自分を棚に上げてる人が多いんで、そういう連中の言うことは信じてないし、真に受ける方が時間の無駄になりますね。

だから距離感も大事にしてるし、そういう人には余計なことを言わないように注意してます。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更