介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

役職者雇用試験

  • ゆなゆなさん
  • 閲覧数:710
  • コメント:3

うちの法人は、主任、副主任を募集して、雇用試験を受けるみたいなのですが、対象は「所属事業所、職種問わず」のみで、勤務年数も募集人数も無いのですが、そもそも、役職者って募集して決めるものなのですか?
上司が任命して就いてもらうものではないのでしょうか?

コメントする

いいと思う

質問の意味は、現職の主任、副主任を対象に役職者を募集して「役職者雇用試験」なるものを実施しているということですね。応募することはやる気があるという現れなのでいいんじゃないでしょうか?
内心辞めるつもりの人を任命しても意味ないですし。
うちは、役職者候補の採用試験を実施してます。その試験は運営本部で行われ、社長面接もあります。一方、現場での採用試験もあります。一般介護職となります。

なるほど 0
コメントする

いい方法ですね。

  • 関西さん

やる気もない人にお願いしてやってもらうと、中途半端になることがあります。
「言われたから就いただけ」と言われたこともあります。

やりたい人が試験を受けて合格を目指す。
落ちても何が足りないのかを理解してその先を目指す。

応募資格に勤務年数が入っていないのもいいいですね。
入社1年でも上を目指す機会が与えられています。



>上司が任命して就いてもらうもの
試験に合格して会社が認めたスタッフに対して、会社が任命するということですね。

なるほど 0
コメントする

他業種の

  • 坂田さん

適正試験がついてくる会社の面接とか、一般的な企業現場なんたるかとか連想してしまうとモヤモヤしちゃう…かな?
しかしここは介護業界。

可能性のひとつとして、あのひとの辞令に納得いきません派や太鼓持ち&乗せられやったれ小姑タイプの意識は、雇用試験なるものに向かうのでしょう。
ならそれだけで存在意義はあると感じました。その他の選出スタイルを否定したいわけでは決してなくて、募集かけて試験を経て…のスタンスそのものは私は賛成です。

言いたかったことの多くは既に他のかたが話されていたので…斜め上から失礼しました(^_^;)

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更