介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

甘々の職場

  • たまなあやさん
  • 閲覧数:814
  • コメント:1

訪問介護でサ責をしています。同じ事業所内のケアマネが重病になり、サ責の一人がケアマネになり、常勤ヘルパーがサ責になることになりました。元々いる若いケアマネは、件数が少なく、重病のケアマネの担当を持って欲しいと言うと泣き出したので、そうなりました。他の常勤ヘルパーはユルユルで、サ責になるヘルパーのケースを移そうとすると、移動が遠い、休憩がない、3件も入浴があってつらいなど、断ること前提にまず文句。それを怒ると、管理者は私を怒るので認の字で諦めること多々。空きがあってもベラベラしゃべっていることが多いです。居宅の管理者のケアマネが持つケースの訪問の担当で、そのケースをサ責になるヘルパーが訪問しているので、ヘルパーを変えるので、他の曜日に変更して欲しいと、申し出ると、事情はわかるけど、他の事業所に変えてもいいから。と、バッサリ。訪問の管理者も事業所の都合で曜日や時間変更するなと怒られる始末。このままだと回らなくなるはず。その同じ事業所内のケアマネが重病で、訪問介護にまで影響が出ているのに。常勤ヘルパーが減ることがどれだけ負担か分かってないのか、、、。募集して新しい責任者やケアマネもあるのに、慣れている人がいいからと、新しい人材を増やす事はなし。こういう時こそ、同じ事業所内の居宅と訪問介護が協力して、事業所全体を盛り上げていくことが大切なのに。ヘルパーもほとんど60代で、先はないし、転職をし転職を考えていますが、みなさんはどう思われますか。

コメントする

転職したほうがいいですよ。

このままだと、一人で空回りするだけ。

そこにいて頑張っても色々押し付けて来られるだけだと思う。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更