介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

ケアマネが作る提供票

  • ぽぽさんさん
  • 閲覧数:575
  • コメント:6

サービス提供責任者をしています。私は有料老人ホームで働いていて、居宅と訪問の事業所が併設されているのですが、ケアマネが作る提供票が毎月、毎月間違いだらけです。
まず、「同一建物減算」が掛けてなかったり、深夜や早朝にも関わらず加算が付けてなかったり。オマケに、これは使っているソフトにも問題があるのですが、新しい提供票を作る時に、前の月のをソフト上でコピーして貼り付けた時に、月末のサービスが抜けてたりします。
例えば入浴が毎週水曜日なら、1番最後の水曜日の入浴に「1」が入っていないなどです。
これが毎月です。たまになら「違ってましたよ」と同じ建物の中ですし、すぐに快く指摘出来ますが、毎月毎月だと、「一体どういうつもりなんだろう?」と思ってしまいます。サ責は私1人でやっていて、利用者様は38人抱えています。(提供記録のチェックは訪問の管理者にも手伝って貰っていますが、もちろん私も全てチェックします。)もっと大変な環境の方もおられるかも知れませんが、現場も出ているので正直きついです。先月、泣きながら居宅の管理者にきちんと確かめて欲しい旨を伝えましたが、今月分も変わらずでした。その時も私からしたら「分かった、分かった。ごめんね。」という軽い感じでした。有料老人ホーム側の管理者には相談しますが、「あの人(居宅の管理者)はああいう人だからね。誰か後釜を見つけて辞めるしかない」と言われます。訪問の管理者にも相談しますが、まだ管理者になりたてで、正直訪問介護のことをまだあまり分かってないので、いまいちピンと来てないようです。
居宅にはケアマネが2人いて、それぞれ25人くらい持っています。その中には、ウチの利用者さんではない、外部の方もおられます。
このようなケアマネさんのミスは、忙しくて仕方の無いことなのでしょうか?私が我慢しなくてはいけないのでしょうか?

他にも、ケアマネから貰う計画書の介護保険の期間が違っていたり、長期や短期目標の期間が辻褄の合わないことになっていたり、上げればキリが無いです。私だって間違いはありますが、迷惑をかけないように何度も確認しています。

大変に長文になってすみません。
みなさんはどう思いますか?

コメントする

怠慢です

  • zooさん

 前半部分のケアマネの問題については、ぼくは、居宅でないのでわからない所もありますが、後半の「計画書の介護保険の期間が違っていたり、長期や短期目標の期間がつじつまの合わない・・・」とは、計画を作る段階でほんの初歩的なことですよね。それを、いい加減にして計画書を作成することは、そのケアマネの怠慢でしかないと考えます。ケアマネは、忙しいからミスして良いってわけないと思います。ぼくの知り合いにも居宅のケアマネさんたくさんいますが、みんな忙しくってもやるべきことはやっていると思います。
 計画書がこのような書き方だと、利用者に対することもいい加減なんではって、思っちゃうね。

 また、もう一つ気になる点は、有料ホームの管理者の言葉が、「あの人はああいう人・・」だとしたら、管理者失格ではないかと思っちゃう。
 管理者になりたてだろうと管理者になったら、勉強して居宅介護の事を知らないといけないですよね。管理者とは、本来そう云うものです。

 なんか、主様の文章を見ていると、知らないのに失礼ですが、いい加減な事業所って思ってしまうなぁ~~!その中で、サ責の主さんは、とっても頑張っていると思います。
くれぐれもストレスでつぶれないようにと祈っています。

なるほど 0
コメントする

ケアマネも人の子

ケアマネだって人間なので間違います。うちはグループ全体でカイポケを使っており、このソフトは肝心な機能が貧弱なので、間違いが起こり易いです。
例えば、サービス提供時間を入力するのに通常、夜朝、深夜を自動判断出来ない。時間とは別に朝夜、深夜も入力するので、朝夜の時間帯なのに通常のサービスとなる。
また、デイサービスの時間中なのに訪問介護を入力出来る。
訪問介護の2時間ルールも判断出来ない。
これらはソフト側で容易にチェック出来るのに、カイポケはまったくスルーします。
こんなことを人間にさせるソフトが駄目ソフトだと思います。
このカイポケでケアマネが利用票を作ってデータ連携されるので、間違いが訪問介護にも入り込んで来ます。私たちもこれで泣かされることがあります。
介護ソフトを変更すれば、改善するんじゃないでしょうか?

なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうございます!

>>zooさま
確かに、いい加減な事業所かもしれません

なるほど 0
コメントする

主 コメントありがとうございます!

>>ダルメシアン101号さま
そうそう、カイポケってそうですよね!
だけど私が思うのは、そういうソフトだって分かってるなら、より自分で確認することが重要だと思うんですよね。←その私の思いは、先月泣きながら訴えた時に言いました。間違えることは、仕方無い。だけど、その後が大事だと思うんです。前の月にミスがあったって指摘を受けたら、次の月は気をつけるものじゃないかな?それも、間違いが1人や2人の利用者様分だけじゃないし、私が今の事業所でサ責に就いて1年くらいなんですけど、文字通り毎月ですからね。必ず毎月です。間違いの無かった月がありません。確かめてないと同じですよね。ていうか、確かめてないんだと思います。私が「ここが違いますよ」って言ってくれるから、それから直せば良いと思ってるんじゃないかと思ってしまいます。細かく指摘せずに、間違いのあった提供票に「不備があったので訂正して下さい」とだけ付箋を付けたら、どこが違うのか分からなくて、そのまま返って来たってこともありました。わっ、また長くなってしまいました、すみませんm(_ _)m

なるほど 0
コメントする

前職

私の前職はソフト開発のエンジニアでした。元エンジニアとしての立場からみて、ユーザにチェックを強いるソフトは最低だと思ってます。人が間違えないように導くのがソフトの重大な機能です。人が楽しないとソフトを使う意味がないですよ。

なるほど 0
コメントする

フォローし合いましょ。

介護ソフトのカイポケについては。
ちょこっと見てみたけど、ちゃんと月1で更新しているって、うたってますよね。
月額制のレンタルソフトみたいだし、電話によるトラブルシューティングもあるみたいだし。
明らかなバグは、メンテ依頼しないと!!
使い勝手が良くなりゃ、アプリケーションソフトの売り上げ向上にもつながるでしょうしね。
ユーザーからの声は、大切だと思います。

が、

ポポさんとこのケアマネさんが、ミスに気付かないテキトーさんなのかな?いいかげんな性格なのかな?とも思います。

辻褄の合わない書類だと、監査が入った時に指摘され返金させられちゃいますよ。そんなことになったら大変ですよ。

誰かが我慢するとかじゃなくって、皆さんで協力しましょう。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更