介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

新しい取り組みについて

  • ポチャさん
  • 閲覧数:847
  • コメント:8

初めて投稿します!
皆さまのご意見をお聞かせください。

私は今、介護付き有料老人ホーム(全34名)で、介護リーダーをしています。
29歳女です。

今まで、見守り対象がいない程、介護度が高い施設で、住宅型から特定施設になりました。
現在は、介護度も上がり、見守りが必要なくらい転倒リスクが高い利用者さんも増えてきました。

そこで、日中は離床し、見守りを実施する事になりました。
が、うちの職員はなぜか部屋に帰して寝かせてしまいます。
その為、ナースコールやフットセンサーに追われ、「人がいないから見守りに人をさけない」と事ある毎に言います。

ナースコールやフットセンサーが鳴るのなら、コールやセンサーが鳴る方を離床して目の前で見てた方が、はるかに効率良く動けると思うのですが…
そうでもないのでしょうか?

うちの施設は、4階建てで、フロア担当制には出来ない為、階をまたいで動かなければなりません。
コールを鳴らす方や転倒リスクがある方は、各階にいます。

離床してて、暴れたり、危険行為のある方はいません。
臥床すると起き上がり頻回です。
先日は、昼間臥床し、センサーを設置し忘れ転倒させてます。

昼夜逆転の傾向もあります。
私は、出来る限り日中は離床し、夜に寝てもらった方がいいと思うし、コールに追われるぐらいなら起こした方がいいと思うのですが、皆さまはどう思われますか?

※レクと食事以外の時間の話です。
施設長も見守り対応をしなさい。と言っています。

コメントする

賛同します

うちはサ高住です。ナースコールやセンサーマットがよく鳴る人はデイサービスの回数を増やしています。デイはサ高住に併設されており、ケアマネも同系列なので、対応は早いです。
点数の関係で毎日はデイに行けない時は、共同スペースの食堂で過ごしてもらいます。食堂なら職員が近くにいます。
昼夜逆転し、夜間徘徊して他人に迷惑かける方は眠剤を処方してもらいます。

なるほど 0
コメントする

主 主です。

回答ありがとうございます。
デイサービスに行くのも、フロアで起こすのも、結果は同じですよね!
日中起きてても、夜寝ない場合は薬の力を使う…まずは、日中の離床からですよね。

スタッフの皆も「起こしておいた方がいい」とは言うんですが…寝かせて「見守りどころじゃない。人がいない」って言って、私がいない日はやらないんですよ…。
それでいて「コールに追われて大変だ」って言うんです。

どうしたら良いのかわからなくて…

なるほど 0
コメントする

他のところに問題があるのかなって思います。

貴方の施設の労働環境はよく分かりませんが、"人がいない"というのは確かに本当のことだと思いますが、だからできないのではなく、一人一人時間内にできる仕事量がオーバーしてるんじゃないかと思います。

頭の回転が早い人ならできる仕事でも、そうでもない人にとってはできない仕事になります。それでも、決まったことだからと無理矢理やらせると、自己判断で手を抜いたりしてなんとか終わらせようとします。
ということで本音はそこにあって、人がいてもその人には難しい仕事なのかもしれません。


解決法は幅広くありますが、なかなか大変なことです。

こういう時ってちゃんとできる人は仕事量も増えて苦労するんですよね。
同じ経験をしたことがあるので気持ち解かります。

なるほど 0
コメントする

主 主です。

回答ありがとうございます。

確かに、職員のレベルは相当低いと思います。
非効率的な動きしか、日々していません。

新しい取り組みをするのは、酷かとは思いました。
ですが、今のADL状況では実施しない訳にいきません。

毎日、事故報告書に専念するようになると思います。

指導?指示?難しいですね…

なるほど 0
コメントする

なんとも言えませんが。

もし、その新しい取り組みが他の職員にとって大変なことなら、何か他の業務の緩和をしていった方がいいかもですね。

現状面倒くさい、やりたくない気持ちの方が勝ってしまっているようだし、それを指導しようとしても、聞かないかなって感じもします。それなら何かを減らす。だったらやるんじゃないかと。

私もそういう職員のいるところにいました。

これは私のいたところに限りますが、私はそういう職員に対して指示したりとか、業務体制を変えようとしましたが、うちの職員は高齢ということもあり、ついていけない感じでした。もちろん人手不足や無理なシフトも負担になってたから、高齢の上に負担も若い人より大きかったと思います。
そういう状況で頑張ろうとしても無理だよねっていう気持ちもありました。職員が倒れるかなと。

そんな環境になってから2年ほどやりましたが、劣悪な環境でも行動しない職員、会社にいることは自分のためにもならないし、やることもやったから満足だったので辞めました。

なので、こういった難しい環境を経験できる時に経験しておくことはチャンスでもあると思いますが、一向に良くならない場合は自分の未来も考えて異動も考えてもいいと思います。
現状、その人達のレベルに下げないと不可能なら、貴方にとって良くないかなって思います。もっとレベル高い人と一緒にいた方が余計なストレスなく働けると思いますよ。

なるほど 0
コメントする

参考までに

  • 坂田さん

共同スペースで過ごす利用者は7〜9名。
建物の構造上そこは動線が繋がっていて、通りかかったついでにチラッと見渡せば、おおよその状況確認と把握はできるようになっています。
この場所でタオル畳むなどの作業をすることもあります。

…が、これは一部の職員から見ると、見守りではなく放置だそうで(イヤミ)
見守り=交通整備スタイルorヘルパーは手の届く位置にいるべき…という認識だけが強い職員からは、危険!可哀想!!という声が頻繁にあがっています。
なぜに部屋へ連れてった??という時の「なぜ」には主観による明確な理由がある場合が多いです(^_^;)

主さんのとこは新しい試みとのことですし、発言権&影響力のあるヘルパーを味方に付けることができたらある程度は軌道に乗るのでは、という気がします。

なるほど 0
コメントする

そもそも

介護度が高い利用者さんが多くて大変なのかもしれませんが、職員都合で離臥床対応を決めるっておかしいと思いませんか?

毎日、誰も見守りが出来ないほど業務が大変なのですか??
もしそうなら早急に職場環境を見直すべきだと思いますよ。

見守りなら介護職員じゃなくてもできます。
事務員、相談員、ケアマネ、施設長などに協力を仰ぐ事は出来ませんか?
うちは排泄介助などの忙しい時間帯は見守りを受け持ってくれますよ。
施設全体でしっかりと連携のとれるようにしていきたいですね。
うちの施設もまだまだです。お互い頑張りましょう!

なるほど 0
コメントする

主 主です。

皆さま、ご意見ありがとうございます。

単純に、部屋に戻して各階でコールやセンサーが鳴るから大変なんです。

確かに、臥床・離床を決めるのは、本来は私達ではないと思いますが、こちらで誘導しないと部屋で一人で動いて、転倒してるのを発見になります。

人手が足りない時は、事務所に協力を仰ぎなさい。
とも何度も言ってます。
でも、やろうとしません。

介助と言っても、入居者全員で34名で、介助が必要なのは10名程です。

その他の業務は、入浴・記録・ゴミ捨て等の雑務です。
ちなみに入浴は、入浴専門のパートさんがいます。
スタッフが取られるとしても、だいたい1人です。
例え、入浴に2人取られたとしても、フロア対応が0人になる事はまずありません。

1人が見守り・1人が動く
で十分出来ます。(もしもフロアが自分1人だったら、事務所の人に見守りをしてもらい、自分が動く)
と散々言ってます。

とにかく、コールやセンサーに追われてる状態です。(だから大変)

だったら、コールやセンサーが鳴る人を起こそうよ。って事です。(そうしたら、コールやセンサーに追われないですよね)

それを
「何か(アクシデント)があったら出来ないよ」とか
「やれというなら、そういう風にシフトを組んでもらわないと」とか
「今日は人がいなくて見守りどころじゃない」とか

言ってきます。
正直理解に苦しみます。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更