介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

営業の仕方について教えてください

  • バフェットさん
  • 閲覧数:473
  • コメント:9

はじめまして

最近、介護業界に参入しました。

介護施設は様々だと思いますし、大小色々な施設があると思います。

弊社は、保険外の見守り器具を扱っております。

この前飛び込みでサ高住に営業に行くと、「うちでは判断できない。本社を通してほしい」と言われました。

介護施設の方は忙しいのでなかなか相手にはしてくれないと思いますが、現場に方よりも運営会社に営業するのが筋なのでしょうか?

サ高住や有料老人ホームの場合、特に難しいと感じでいます。

コメントする

保険外の見守り器具

入居者もしくは家族がお金を払うんですよね。
有料の場合、お金に余裕のある人が多い施設、余裕のない人が多い施設とに分かれますが、まあ、それでも固定経費が自施設ではなく他企業に流れてしまうことには、いい顔をしないと思いますよ。本社に行けというのはそういうことだと思います。

なるほど 0
コメントする

決定権がない

サ高住に勤務しています。設備・備品などに関する決定権は現場にはなく、運営会社(本部)にあります。コップ1つ購入するにしても本部決済です。

なるほど 0
コメントする

お疲れさまです。。。

ありがとう

違う業界で営業職していた経験があります。

その会社で、営業職になる前は長年事務職でしたが、飛び込み営業が来ても「覚えてないし、ああ、また何か来た」程度です。
月初めのクソ忙しい時に空気読めずにくる飛び込み営業は迷惑な存在でしかない。


個人で買うものか、施設の共用スペースに設置するものか?
設置に伴い設置作業が必要か?

それを使うとどんなメリットがあるのか?

保険を使える福祉用具には無い、自腹で買っても良かったと思える「その商品の魅力」
類似商品との比較。
将来、介護保険が使えるようになる可能性の有無。
このあたりをアピールしたパンフレットを作る。

個人で購入するものなら、訪問介護事業所などはA4サイズの一枚ものチラシを三つ折りにしたものなら、チラシスタンドの片隅に置いてくれる程度なら協力してくれる可能性があります。
月末月初を外して営業まわりしてみては?
商品を知ってもらうのが先よね。

地元経営の施設ならうまく行けば経営者まで辿り着ける可能性はゼロではない。

まさかやみくもに営業かけてないよね??
営業マンたるもの、それは無いよね???

まとめてドンと売れたらいいな♪的なイッパツ狙いの考えしかなくて、ハコモノまわりばっかしているんじゃないよね??





なるほど 0
コメントする

話はずれてしまいますが…

  • 坂田さん

ありがとう

お金やお上などの都合の他に、施設では「見守り」と名が付く道具はやり方ひとつで、行動を制限されていると受け取られかねないのはご存知ですか。
正しく運用できていても「規則や時間には厳しいくせに行動を監視するのはいいらしい、今は無くともいずれ私も」なんて噂された日には…です。

職員の見守りに手抜きがあるという理由で撤去された施設もあるくらいです(導入を進めている施設ももちろんありますが)
どれも少し調べたら分かります。
大口狙うならリサーチに時間を惜しまないでください。

今いろんな選択肢が増えて業界が盛り上がっていること、私は、末端のいち職員として歓迎していますので頑張ってください(^_^)/~

なるほど 0
コメントする

るしあさんへ

  • 坂田さん

ちまちま書き込んでたら内容がかぶってしまいました(爆)
リロードすれば良かった…ごめんなさい…。

なるほど 0
コメントする

坂田さん☆

違う人も同意見なのは「つまり、そういう事」って話なだけだと思うよん。

壊れた場合のアフターメンテナンスとか、坂田さん言う通りで、拘束扱いにされない根拠も大事よね。

ついでの追加で書いちゃうけど。

想定される質問に対して答えられる準備も営業として大切だし、わからないことは「調べていついつまでにお答えいたします」も大事。

ターゲットの施設のホームページをみたらどこが経営しているかわかるんだし、地元の社会福祉法人とか医療法人なら、きちんとした提案書を作成してプレゼンまでこぎつける。

ホームページには施設の方針や理念が載っているので、それも理解する。

「ウチのこと何もわかってないのにノコノコ営業に来たの?で、売りたい?アホですか」ってならないようにしないと☆

なるほど 0
コメントする

はじめまして。

ありがとう


私は昔、某コピー会社で営業をしてました。
勿論、飛び込みの営業もしてました。

決定権が本社にあっても現場に行くのは良い事です。
大切なのは、焦らない事です。忙しい相手にはチラシ等を持って行き、「時間がある時にでも、見ておいて下さい」だけでも良いです。

顔つなぎが出来てきたらアポが取りやすくなります。アポが取れればしっかり話を聞いてくれますよ。
中には一緒になって本社に働きかけをしてくれる人もいました。(商品が気に入ればですけど)
最終、本社に営業をかける時も現場の声を持って行くこともできます。
焦らずコツコツと頑張って下さい。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます。

そのサ高住は他の用事で訪問したことがあるので行ってみました。


なかなか厳しいものですね。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます。

確かにサ高住は大手が運営してますし、入口からして他の人が入りにくいイメージがありますね。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更