介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

余りにも無知な意見に、物申す。(怒)

  • ぱすかるさん
  • 閲覧数:1,378
  • コメント:24

ひとつ言いたいのは、幾ら世の中が困難な状況だからと言って、高齢者などを邪魔者扱いして、排除をするような意見には強く異議を申し立てる。

今の高齢者というのは、私たちが子供の頃に散々働いてきた人達なのです。
皆さんは子供の頃に働いてきましたか、一体何を生産して来たというのでしょうか。
なのに、高齢者は生産性が無いとか、税金を食い潰しているとかは、誰がどう見ても考えても可笑しな理屈です。
幼少期に誰に育てられてきたと思うのでしょうかね。
親は一生懸命働いてきて、生産もしてきて、子育てもしてきて、育てられたのですよ皆さんは。
もっと言うと、皆さんが子供の頃に大人だった人達が現在の高齢者ですが、社会全体で、しかも当時の労働者である現在の高齢者たちの税金で、義務教育も受けているし、多大な恩恵も受けて来ています。
その御恩を、今返すべき時なのです、幾ら困難であろうとも。

姥捨て思考や、優生思想などは一切認めないし、一切許しません。
そういう身勝手な理屈を述べる者こそが、撲滅するべき人間です。
一般社会からも排除するべきだと思う。

コメントする

はじめまして。

私はGHで管理者をしています。

主様の9月12日のブログも拝見させて頂きました。
今回の「高齢者などを邪魔者扱いして、排除をするような意見には強く異議を申し立てる。」も同意見です。
しかし、
「そういう身勝手な理屈を述べる者こそが、撲滅するべき人間です。
一般社会からも排除するべきだと思う。」
は過激過ぎますよ。
それでは「高齢者などを邪魔者扱いして、排除をする」と言う言い方と何ら変わりません。
身勝手な理屈を述べる職員が居たら指導しましょうよ。

私の管理者としての目標は、私の親や私自身が認知症になった場合、入所させたい、入所したいと思える施設にすることです。
職員不足の中、色々な考えを持った職員が入って来ると思いますが、高齢者の人としての尊厳を守っていけれるよう頑張りましょうね。









なるほど 0
コメントする

主 goodssへ

goodssは、かなり以前から拝見していますが、あなた自身のトピなどを見た事が無い。
必ず、他人の投稿に対して、批判と否定を繰り返すコメントばかりコメントしていますね。
要するに、単なる批判屋で愉快犯に過ぎないのです。

goodssは、かなり評判が悪いですね。
当たり前の話で、荒唐無稽な屁理屈ばかりを述べては面白がっているからなのですよ。
その証拠に、高齢者を一体どうしたいのかという問いにたいして、何も語ろうともしないで丸投げしている。
いいですか、意見というのは自分の考えを述べる事であって、他人を批判する事では無い。

この話しの本質は、少子高齢化と言う高齢者問題で困難な状況から逃れたいために、自己中心的な思考で自分の保身にばかり走っている事が問題なのです。
高齢者の面倒を見ざるを得ないし、投げ出す事など一切許されないのです、どなたにおいても、逃れようのない事実です。

他人の揚げ足を取っている暇があるのなら、少しは頭を使って諸問題を考えて行くべき事柄ですよ。
何度も言いますが、現在の高齢者の批判は、何れ我が身に降りかかる事ですよ、皆さんにも等しく同様に。

なるほど 0
コメントする

主張されているわけだから。

たぶん意見いらないと思う。
ぱすかるさんは「どう思う?」って書いてないよ?

自分の主張をここで述べてるだけだし。。
ブログだと下がっちゃうから掲示板にアップしたのかなって思った。

この前まで深夜ドラマでブラックカンパニーっていうドラマやってて、ブラック企業のハンバーガーショップの店長が最終回で「ブラック企業大賞」を受賞するんだけど、ドラマの中で受賞した感想を話すシーンに、団塊世代以上の人に対して、若い世代の考えがセリフに込められているんだなあって、ぱすかるさんのトピみて感じました。

いつの時代も「いまの若い者は」から始まる不満てあるよね。
戦争を経験した人は、自分の子供の世代には戦争に行かせたくないって思う。
その人達は、学生運動して、フォークを聴いてる若者に「今の若いもんは!」って言う。

その世代が髪を切りスーツに着替え、景気をあげ企業戦士となり、シラケ世代と言われる
若者に「今の若いもんは!」って言う。
日本に不況なんかこない、頑張って働けば報いてくれるって思う。

超高齢化社会となり、バブルがはじけて、私達の世代は親の介護と子供の学費や予備校、塾のお金を作ること、上と下に挟まれ疲れ果て、ゲーム脳の若者に「今の若いもんは」って思う。終身雇用がすたれリストラや雇い止めがある。綱渡りで親をみて子もみる。
そして、子供に介護地獄は味あわせたくないから、自分はポックリ死にたいし、自分で命のリミットきめる法律を作って欲しいと言う意見もある。

インフラ整備は国の仕事だし、納めた税金の使い方は役人や、投票で選ばれた政治家がきめる。

日本を作った歴史は神話の時代からある。

あと15年くらいで日本が沈没するなら別だけど、いまの若い世代は納めた税金がリターンする確証もなく、働いて社会保険料納めてて希望のない未来の日本を生きている。
だから年金払いたくないってみんな言う。

「老害」「暴走老人」なる言葉が生まれた背景を検証しないと、ぱすかるさんが「すべき」という正しさにたどり着かないと思う。

ほんとうなら先に生きてる人の背中を、自然に尊敬し敬う気持ちが生まれるはずだから。

なるほど 0
コメントする

追加です。

追加ですが、9月12日のブログの内容は、尊厳云々を通り越して、虐待に当たるので早急に対応した方が用ですよ。

なるほど 0
コメントする

呼び捨てはやめません?

  • goodssさん

さん


はつけてほしいです。

腹が立つのは分かりましたが、
なぜこれだけの返信で私の事をそこまでボロクソに言うのですか??
それに私トピあげてますよ~
認知症ケア加算関係でね。

一つ疑問なのですが
私をここまで侮辱して馬鹿にして呼び捨てで
私が高齢者本人でしたらどうするのですか??

ソルトさんが素晴らしい回答してくださっていたので私もそれに賛同します。
よってあまり攻撃的にならず
冷静に考えていきましょう。

なるほど 0
コメントする

こんにちは~~~!

  • zooさん

 高齢者予備軍として、いろいろと意見交換を見ておりました。
主様が本当に、心から高齢者の人をそう思い、それを実行していることを願います。
 でも、いろいろな方が書いておりますが、どうしても年上の人は、年下の人にたいして、「この若い者が・・」って言葉使いたがります。なぜかというと、年齢は戻ってこないからなんです。
実際に、今の団塊の世代は、若い時を懐かしんでおります。もっと、上の世代は、戦争を懐かしんでおります。 現実に、20代、30代の人は体験していないので、そういう話を聞くたびに「年寄りが・・」って思いあると思いますよ。
 また、介護をやっているとわかると思いますが、高齢者で認知症になった場合は、どうしても病気の為に、自己中心であったり、見当識障害であったり、拒否が強かったりします。 
 これは、社会現象で、現在もこれからも65歳以上の人が増えてきます。
そうすると社会保障費が多くなります。そのために、現役に働いている
人たちの負担も増えますよね。

 でも、これらは、高齢者の責任でも若者の責任でもないと思います。現実を見ながらこれからの高齢者ケアを高齢者も若者も皆で考えましょうよ。

なるほど 0
コメントする

いつも京都のことアップしていたのに

  • rann77さん

こんばんは
ぱすかるさん

いつも京都のことアップしていたのに
どうされてしまったのですか?

急にどうされてしまったのか
心配しています。

なるほど 0
コメントする

命のリレー

  • goodssさん

くだらない話で、論点がずれているかもしれませんが、ちょっと感じている事を述べたくて書き込みします。


子供が産まれ、生まれた子供は産まれた瞬間から成人するまで親の恩恵を受けながら衣食住と教養等身につけて大人になります。それまでの間に子供は親に毎日「本当に有難い」「感謝感謝」というのはあまり無いでしょう。親からの自立という名の反抗期もありますし。又親も恩着せがましく「育ててやっている」「後で恩を返せよ」なんて思っている親は居ないと思います。それが当たり前であり、一生懸命子育てしていますから。

もし命の中での「恩を与えたから返す」等のやり取りがあるのだとしたら、それはキャッチボールのように戻すのではなく、親から子へ、子から孫へとリレーしていく恩なのではないかと思います。

私は子供を一生懸命育て、自分が老いたら面倒見るのが当然だ!!なんて思いません。子供のその感謝は次の世代に一生懸命になってほしいです。そして命がつながり、恩や感謝がリレーされていくのだと思うのです。

親が子を永遠に愛し、子もその子供を永遠に愛する。親への感謝も大切ですが、一番の親孝行は親より先に死なないこと。そして健康で暮らすこと。それだけで十分満たされる。
それが愛なのだと思います。

命のリレーでの死は長い年月の中の当たり前の出来事で特別でもなんでもない死と老後
老人だから偉いわけではないし、若者だから偉くないわけでもない、皆大切な命
介護という仕事が誕生し、最後を生きて看取るという場になりましたが、特別なんて何も無い。ただ日常が過ぎて、死が訪れる。それだけ。
それは排除でもないし、邪魔者でもない。生産性がある、ない関係ない。

あなたのいう
排除したい人間、身勝手な理屈を述べる者は撲滅すべきという人間。皆一生懸命生きていますし、彼らもいずれ年をとり介護される側になります。
そんな彼らを姥捨てにするのですか?排除するのですか?若いころ身勝手な思想だったからという理由で??

もっと落ち着いていろいろな考えを受け入れ、穏やかにすごしませんか?
何千年も続く人間社会、そして今の日本の1億人の中の1人の貴方が何をそんなに腹を立てて暴れまわるのですか?あなたの事を愛する人も居ますしあなたも愛する人が居るでしょう。あなたもその大切な存在、命のリレーの走者なのですよ。

ちょっと話が飛びすぎて滅茶苦茶になってしまいましたが。ほんの少しでも何か心に引っかることを祈っています。

長文失礼しました。

なるほど 0
コメントする

リアル昨日の話です。

自分がいくスーパーは9時開店で朝市みたいな個数限定の野菜の特売をします。
高齢者の方も並んで買いにきます。
目玉商品めがけてきます。混雑している中で、選別して自分が選ばなかったほうれん草の束を元に戻すのに乱雑に棚に投げつける人が三人いました。三人とも団塊世代以上の高齢者男性でした。自分の選ばなかった商品も売り物なのに。その中の一人がカートごと少し後ずさりしたら、台の角にぶつかりました。
高齢者男性は、たまたま横にいた妊婦さんに「てめえ、ぶつかりやがったな」と怒鳴りました。妊婦さんは「知りません」と言う。まわりの客も「この人関係ないから」と言う。その高齢者男性は「てめえだ!てめえ」って怒鳴りながらカートを妊婦さんのお腹にぶつけようとしました。カートをかわした妊婦さんは真っ青で無言のまま立ち去りました。高齢者男性は舌打ちしながらレジに向かいました。

はあ?ジジイむかつく。ヤバイよねアレ。野放しかよ!
そんな会話が聞こえました。

自分は、高齢者だからじゃなく、元々素地の悪い人間なのだろうと思ったけど、若い世代の人には「アレが老害」と思う人もいるでしょう。

高齢者にも「尊敬できない人間」がいる。
いくら税金納めてきたと言っても、他人のお腹の赤ちゃんにカートぶつけるような人を尊敬なんかできない。
買い物も普通にできてるから認知症じゃないわけで…

ブログにある、薬を青くなるまでごはんに混ぜるのは虐待ですよね。

尊敬は、尊敬できる背中を見せることだと思う。

学校で文法や数式を学ぶけど、情操教育は学校だけじゃなく家庭でも行うものだと思う。
思いやりとか敬いとか、家庭で日々の生活の中で教えるものだと思う。

ぱすかるさんが許せない現実は、原因を誰が作ったのか、振り返ることもしないと変わらないと思う。




なるほど 0
コメントする

精神論だけでは決着がつきません、具体論の中で現時的か非現実的かをみたら如何でしょうか

具体的な事例を冷静に見つめて見ると、非が何れかにあり、それが高齢者側にあることはあります。ごみ屋敷などはその典型でしょうか。

随分とコメント・意見の応酬になっていますが、精神論であったり、ルシアさんのようなspecificであったりしては収まりも見えません。

 パスカルさんの意見において弱者が高齢者のみであるとすれば、精神論としては尊重に値するものです。これは、提案なのですが、精神論を何度交わしても意見の集約をみません。このためパスカルさんの主張を利害がぶつかる具体論の中でその扱いに関して理解することが肝要かと思います。その具体論が現実的であるならパスカルさんの主張は正しい。一方、多くの犠牲や切捨ての上で成り立つなど非現実的であるとすれば、単なる空論に過ぎないことになります。そこで、実際の老人福祉の現場で遭遇する課題に関して、その主張や解決手段を聞いてみては如何でしょうか。これなら、一般の閲覧者の方にも理解して頂けるものと考えます。

【課題の定義】
本来は、地域の中で生活されている高齢者全員の抱える課題を扱うのがベストかと思いますが、閲覧者の多くは介護・福祉に関係されている方が多いと考え、共通的な理解が可能な介護施設の世界で少なくとも現実論が成り立つのか分析したいと考えます。
従って、介護施設に入所されている高齢者を利用者、サービスの提供者間で利害が異なることが予想されるテーマを列挙してみました。
1. コミュニケーションが十分取れない、
2. 認知症のBPSDなどの問題行動(で大声や俳諧など)がある、昼夜逆転、
3. 入浴拒否、
4. 転倒リスク、
5. 怒り、喧嘩
6. 性癖、
7. 収入、
8. 家族とのギャップ。
9. 職員不足、ベテランによる若手職員のいじめ:離職に繋がり結果的にサービス不全に繋がる
10. コスト
11. スキルの確保:叩き上げの現場では、傍若無人な人が目立ちます。

実際の介護現場ではスキルレベルや慢性的な職員不足から来る対応時間の問題に加え、神経をすり減らしておられる職員さんも多いと思われます。果たして、パスカルさんはこのような状況を鑑みるに、どのような理念の下の、どのように課題解決を図るおつもりでしょうか。是非、「私ならこうする」と具体的に論じていただきたい。     例えば、10.コストでは「優秀な看護士を採用、配置基準の加算等、人的リソースでもって高齢者の要望に沿う。ただし、そのコストは利用者に転化する。十分な利用料を準備できない高齢者には泣いてもらう」などです。

その結果を、皆さんでレビューできればと思います

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更