介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

ぎっくり腰で労災って降りますか?

  • mizukaさん
  • 閲覧数:401
  • コメント:2

この業界は、腰痛が職業病みたいなもので、
年を重ねるごとに、ぎっくり腰になるリスクも増えてくると
思います。

皆さんの職場で、ぎっくり腰になって労災を申請された方はおられますか?

コメントする

労災は。

ありがとう

こんにちは。
ご存じとは思いますが、労災は労働者個人が労働基準局に申請するもので、保証の中身は、治療費や、休業補償などです。

私のいた職場では、介助移譲中に、若い社員がぎっくり腰になり、立てなくなり1か月、入院(これは1週間)と自宅療養の際に、病院から申請するように言われ労災認定を受けて、休業補償が出たケースがあります。

大きな労働災害や不明確な労働災害ではない限り、明確に労災とわかるものには、すぐに保証が下りますし、まず原因がはっきりしていれば、治療を受けた病院で、手続きを推められる場合が多いようです。

医療に関して言えば高額医療費なども、病院の事務の方が、あらかじめ説明してくださいますよ。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうごさいました

  • mizukaさん

労災というの、会社から労働基準局に連絡して降りる物だと思っていました。
個人で直接申請しないといけないものだとは知りませんでした。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更