介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

その他総合

ヘルパーはケアマネの手下ですか?

  • ナマケモノさん
  • 閲覧数:1,858
  • コメント:5

 ケアマネとヘルパーって、どういう関係なのでしょうか。特に同一事業所にいる場合、なぜか命令形になるような気がします。
 正直に言えば、月に一度、ちょいと訪問するケアマネよりも、日常接しているヘルパーの方がはるかに利用者さんのことを理解しているし、必要なケアも理解していると思うのですが。
 それに訪問介護とは、居宅介護支援の依頼を受けて業務を行うもののはずです。上でも下でもないはずです。なのに、ちょいちょいヘルパーの割り振りにまで口を出してくるので、角突き合うことになります。
 サ責は大勢いるヘルパーさんの技術や人当たり、そのほか個人的な事情も勘案して、もちろん利用者さんにとってもこれがいいと判断して割り振りしているのです。
 何か間違っているでしょうか。

コメントする

RE:ヘルパーはケアマネの手下ですか?

現在、サービス提供責任者をしています。介護保険の正確上、指示関係があるということを否定することは出来ないと思います。というのも、介護保険下で仕事をする以上、居宅の根幹部分の計画はケアマネが持っているわけですし、いくら利用者さんのことをわかっていても、提供表などの事務系書類のやり取りが無ければ、現場は、いくらサービスを動かしても、保険請求が滞りかねないリスクもあるわけですし・・・。私たちが良い援助をしていると思っている、その確信が強くても、ケアマネさんが、一瞬訪問した時に(失言かも)見てしまった現実が、サービスの実態でもあるわけですので、、、うーん。。。

なるほど 0
コメントする

ヘルパーの本質は

本当にヘルパーの本質を見抜けているのか私は、本当に疑問に感じることが多いです。また、利用者さんも、直接援助を支持しているであろう方には、なかなかヘルパーのクレームが出せないのも事実なのかもしれません。そんなことを常々感じているところです。

なるほど 0
コメントする

RE:ヘルパーの本質は

初めて書き込みさせて頂きます、ヘルパーにこトコです。
読ませて頂き、思い当たる節・・あり・・です。
難しいです。実際。。。たまたまケアマネさんが来られた時に訪問していたヘルパーの言葉掛け、動きで、一気にクレーム?が付いてしまい(事務所内にケアマネはいない)今、限られた時間内で、「笑顔」で決められた内容をこなし、なおかつ利用者さんの体調など観察も含めさせて頂く事が、必死です。
しなければならない事、以外の部分も大切(利用者さんの心の変化等)感じ取ること・・・。

なるほど 0
コメントする

ヘルパーとケアマネに上下はありませんよ

  • VOWさん

利用者さんとケアマネはケアマネの、訪問は訪問の契約をしています。
つまり、訪問のサービスには訪問の事業所が責任を持つものであり、訪問サービスの管理は訪問の責任者が行いますので、ケアマネにシフトまでとやかく言われる筋合いはありません。
また、多くの方が誤解していますが、介護保険では、確かにケアプランを元に訪問介護計画を作成するとありますが、全く同じものである必要はありません。「元に」すればいいのです。(実地指導で確認済み)
また、ケアプランは原則、担当者会議で話し合われた後、利用者の同意を得て確定するものなので訪問事業所から見てニーズや目標がそぐわないものであるときにはケアプランの訂正を求めることができます。しかし、耳を貸さないケアマネさんも多くいるのが現実です。
中には事業者に意見も聞かず、先にケアプランを作成し、利用者の同意をもらってからただ交付し、一方的にヘルパーのサービスを細かく指示してくるケアマネさんもいます。自分が中心で利用者さんをケアしている気になっている独りよがりのケアマネさんに多く見られます。

事業者はうるさく言うと利用者さんを紹介してもらえなくなります。
本来、複数のサービス事業者がある場合、利用者さんがサービス事業者を選択するのですが、
ケアマネさんへ「付け届け」するのは禁じられていますが、そうでもしないと利用者さんを回してもらえないのでは?と思えるほど、ケアマネの利用者に対する意向操作は容易に行えると言えるでしょう。

それを正すためには、ケアマネ同士が自らをお互い監視させながら浄化させるか、または国に対してもっと働きかける事です。

介護保険の根幹にある公平性や利用者主体を証明する書類は利用者の印鑑ひとつ、サインひとつです。それは確かに有効だと思いますが、現実として、利用者さんは介護保険についてよくわからない場合が多くあります。そんな時、ケアマネが「ここにサインして。印鑑押して。そしたらサービス開始できますから。」の一言でサインして印鑑まで押してしまう利用者は現に存在しています。
それだけで同意を得たことになってしまいます。
また、ヘルパーのサ責がいくら正しい事を提案していても、ケアマネが提案を受けた事実を書類として残さず、担当者会議録にも記載がなければ、わざわざ利用者さんやサービス提供している事業所まで出向いてケアマネが正しいかどうかなんて調べるはずもありませんので、実地指導で指摘されることもありません。
むしろ、ケアマネは常に正しい前提で話が進みます。

年をとれば誰でも若い頃のようには動けないものです。
ケアマネがヘルパーを利用させようと思えば、体の動作を細かく聞けばどこがにガタがきていると言い出します。それに合わせてサービスをあてがえばいいだけです。
介護認定時のアセスメントに「高齢による下肢筋力低下により、立位不安定」等、体の不便さが記載されていればいいのです。特に介護認定調査は担当のケアマネが行うことが多くありますので、嘘は書かなくとも、大げさに特記に書くことは可能です。
提出された調査票は常に正しい前提がありますので、判定会議でもなかなか気付かないのが現状です。
ケアマネの中には、利用者を事業所に紹介する事を「貸し」だと思っている方がいます。その貸しを悪用する方はいないと思いますが、その貸しを根拠に事業所に融通を効かせて無理をさせようとする方はいました。
現行制度では、ケアマネさんはその気になればいくらでも利用者像を改竄出来ますし、調査側も実際の利用者を見ていないので改竄かどうかは判断がつきません。(そのような事業所はないと思いますが。)


2015年、北海道の社協が主催するヘルパー協会の研修に参加した際に、ケアマネ協会の方が来られていました。
会場から、「担当者会議の中心になるのはケアマネ以外でもいいのでは?」と質問が上がっていて、私は『確かに、事業者はお互い常に同等と考えるのであれば、利用者の事をよく理解している人が中心になって(時には利用者が中心になって)話し合いをしてもいい』と思ったのですが、しかし、その会場にいたケアマネさんは「ケアマネ中心で」と言っていました。つまり、
現在のケアマネ協会も、ケアマネの立場ばかりを主張していて、自ら浄化する力がないため、制度上全く決められていないにも関わらず、そのような発言を公然と発言するに至ったのだと思います。
そのようなケアマネが多数存在する介護保険では、事業者はやってられないと思うのも無理はありません。
もっとケアマネ事業所が増えるか、またはヘルパー事業所が減って、ケアマネ側が「頼める事業所が無くて困る」と思わない限り、バランスは取れないでしょう。
先に述べた通り、介護保険が破綻する前に国に現実を知ってもらう働きかけをするしかありません。

なるほど 0
コメントする

どちらかといえば

  • 関西さん

事業所としての考え方かそのケアマネさん本人の資質の問題だと思います。


うちも複合事業所なので、ヘルパー室のすぐ横にケアプランセンターがあります。

それでも、相談という形でケアマネがヘルパー室に行くことや、その逆もありますが、「指示」としてケアマネがヘルパーの運行表にまで口を挟むことはありません。




この問題は同一事業所だから発生することです。

1ケアマネが、他事業所のヘルパーステーションに行って割り振りに口を出せば大問題になりますよ。

もし、他事業所のケアマネがうちのヘルパー室に来て割り振りに「指示」を出したらそのケアマネをたたき出したうえでそのケアプランセンターの所長に連絡を入れますよ。

相談であれば受け取りますけどね。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更