介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

職場・同僚

従来型特養での業務は私には厳しく、悩んでいます。

  • syosinnsyaさん
  • 閲覧数:2,872
  • コメント:18

実務者研修を修了後、従来型の特養で4月から働き始めました。55歳です。介護の仕事は初めてですので、拙い表現がありましたらすみません。

介護の職場について相談できる人がいないので、教えてください。従来型特養というのは、どこでもこのようにかなり厳しいのでしょうか?

30床で、20人が入所者、10人がショートで、ほとんどの方は要介護4から5、90歳以上の方たちです。
始めの6日間で、ひとりの方につき、新人教育というよりも、「このまま覚えて!」という感じで教えられました。特に、「何時何分から何時何分までにこれをするのはこの人」と決まっています。強烈に覚えているのは、「この仕事このあいだ教えたよね!早く!1秒でも早く!」です。
その後は、すぐにひとりです。35回の移乗(全て全介助)、口腔ケア、更衣、食事介助、おむつ交換、片付け掃除等)が終わると、疲れで足元がふらついてしまいます。毎日、それはそうじゃない、コレができていない等、怒られてばかりです。
顔と名前とテーブル席順と部屋番号を30人分覚えることだけでも私にとっては大変でした。
仕事が時間内に終わらず、休み時間が少なくなることは毎日です。
最初の頃に、移乗で腕を痛めてしまい、そのうちに治るかなと思って仕事をしてきましたが、どんどん痛くなる一方です。

利用者さんに声掛けはしますが、コミュニケーションなんて全くと言っていいほどありません。レクもこの1ヶ月1度も見たことありません。利用者さん同士で話をしているのを見ることもほとんどありません。

まだ、1ヶ月ですが、この職場を続けていく自信がありません。先日、鬱で職場放棄した方がみえました。大変厳しい仕事だと思いました。

また、介護の世界では、休日に関して以下のようなことは、普通でしょうか?
仕事を休む時は、必ず医師の診断書が必要
仕事を休む時は、自分の代わりに仕事をしてくれる人を自分で探して頼まなければいけない
休日に市外へ外出する時は届け出が必要(急な休みがあった場合の臨時出勤のため)

あれもこれも早くやらなければと思うと、すごく焦ってしまいます。ベテランにとっては何でも無いようなことでも、忘れてしまったり出来なかったりします。この歳からですが、介護の世界で働いてみようと思い飛び込みましたが、あまりの重労働に後悔しています。

どこの介護施設でも、同じようなものでしょうか?
やはり、私の年齢では介護の仕事は無理でしょうか?
どのような介護施設がオススメでしょうか?
相談できる人がいないので、少しでも情報をいただければと思って・・・
どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントする

同じかもしれないですね~。

私は今訪問介護やってますが、1回さーーっとやっているのを見て次から独り立ちでした。
細かく細かくメモとってる間もないので、抜け落ちてるところもあり、確認するために電話を入れると、「この前教えたけど忘れたの?」って言われましたね。

私はこの業界8年くらいいるんで色んな職員がいることを理解してるのでイラっとはくるけどスルーできますが、普通に不親切ですよねぇ、そういう発言は。

自分もそういう時期があったのに忘れちゃうんですよね。


ポイントは、色んなこと言われても真剣に受け止めないことです。

私も初めて老人介護に携わった時は、慣れるのに1年かかりました。それまではなぜ仕事が終わらないんだと責められましたが、半年くらいするとみんなが手を抜いてるから時間内に終わっているということに気付き、それがきっかけで心に余裕ができました。
何というか、尊敬に値しない人の発言は雑音だと脳から指令が出たので、私は仕事終わらなくても気にしなかったですね(笑)
もちろん、丁寧かつスピーディーに仕事をするという目標は持ってましたけど。


他の仕事も覚えとかスピードを求められると大変だったりしましたか?だとしたら、重度身体障碍者の訪問介護は時間にゆとりがあると思います。

ただ、コミュニケーション力は必要ですよね。会話ができない方もいますので。でも何も感じてないわけではないんですよ。
それにまだ会って間もないから様子を窺っているのかもしれませんしね。
老人で認知症でも関わり方とか、声の感じでヘルパーに対して協力的に動いてくれる人もいます。何も考えていないと決めつけているヘルパーは荷物みたいに扱うので自ら仕事を大変にしていると思います。
協力していただくという考えが頭にあれば介護業務自体はそんな大変じゃありません。(人員不足とか労働環境を除く)


休日の取り方については異常ですねぇ。会社が異常だから職員も変なんじゃないですかね。
介護職はどこでも必要としてるから、頑張ってそこで留まるより、自分の条件に合う職場が見つかるまで転々としていいと私は思います。





なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます。

コメントをお送りしたつもりでしたが、2つ下の投稿に入ってしまいました。慣れていなくてごめんなさい。

本当にありがとうございました。

なるほど 0
コメントする

主 ありがとうございます。

なるほど!と、納得できるお返事でした。ありがとうございます。

仕事がMAXにできるのを1と考えて・・・という考え方、まさにその通りだと思いました。うちは、A勤務~D勤務まで4種類に分かれていて、それぞれ仕事内容が詳細に決められています。新人でもベテランでも仕事の内容は全く変わりません。新人ができるわけないので、早出、残業、休憩無し、を無償ですることになります。

また、うちの施設でも、診断書を提出できない休みは、欠勤扱いで、給料から差し引かれます。(希望休も1ヶ月に1日しか認められません)
また、○○会議等が、労働時間外(タイムカード押してからの会議です)月1~3回くらいありますが、出席しないと給料から罰金として差し引かれます。

まだまだ酷いこともあります。この施設は、私には合わないと解っていますが、まだ始めて3ヶ月目です。こんなに早く辞めると、次の仕事を決める時に影響しますよね。頑張ってせめて半年勤めて、経験を積んでから他施設へ変わろうと思っています。訪問介護も、良いですね。70歳はびっくりです!

待機状態の強要は、無休の公休日に対してです。というか全ての休日に対してです。労働基準法違反行為なのですね。ありがとうございます。知識として持っているだけでも、心強いです。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

なるほど 0
コメントする

私もそうです。

老健、特養に勤務していました。職員は20代の方が多いので、若い方に合わせていました。現在は違う形態の施設で勤務しています。現在は身体がとても楽で、精神的な余裕が出てきました。年齢に合った職場を選んでもいいと思いました。私の場合です。

なるほど 0
コメントする

まさに社会の闇の部分ですね

  • VOWさん

お話を拝見しました。
年齢的にも若い頃と比べて体力の衰えを感じている頃で自信が持てない気持ちはあると思います。

訪問介護を運営する当事業所では、70歳の現役ヘルパーさんがフルで働いていますので、それから見たらまだまだ若い方ですよ。

業務の内容(忙しさ)についてですが、人は誰でも最初は非効率です。だから業務も最初は上手くいかなくて当然です。しかし、同じ事を何度も繰り返すことで、徐々に効率的に動けるようになります。

福祉の悪いところは、その効率が上がりきった状態を1と考えているところにあります。
置き換えると、一人前になって初めてお給料分の仕事をしていると言う考えをしてしまっている所です。

一般的な会社ではボーダーライン(最低目標)が存在し、最低限そこをクリアすれば一人前で、それを上回るプラスアルファの仕事をした人には、ボーナスアップや臨時支給(賞与)、昇進査定UP等の特典がありますが、介護業界はブラック企業の方式そのもので、やってもやっても誉められるどころかそれが当たり前になってしまいます。

ついでに言うと、ブラック企業よりも恐ろしい所は、先輩職員がマックスに忙しいところを新人に見せつけ、これくらいできなきゃダメよと言わんばかりに新人教育をする。『一秒でも早く』というのも同じです。これは介護者自らが積極的にブラックな状況を作り上げていることに他なりません。

そのため、主さんの職場も『早くベテランさんと同じ仕事ができるように』と詰め込まれる結果、『一秒でも早く』と言う教え方になってしまっているのではないですか?

介護するときに一番大事な事は、常に利用者の目線で物事を見て考えられるかと言うことではないでしょうか?

この時間になったら食事介助して、あの時間になったらあの人とこの人の排泄介助して、という教え方や覚え方に利用者の目線は考えられていますか?

主さんのお勤めの施設は、そろそろ何かを犠牲にしてでも業務改善し、簡略化する時期にさしかかっているのかも知れません。

次に、病欠の時には医師の診断書が必要か?どうか?
これは賛否別れるところですが、前のかたでもずる休みするとありましたが、ずる休み防止の意味合いでしょう。
職場があり、その社会の中の一員として考えられるならば、『仕事は辛いのが当たり前、自分だけが辛い訳じゃない、皆に迷惑をかけないためにもずる休みなんて出来ない』と考えるのが一般的でしたが、
今は個人が自分中心に考えるため、『自分の体が壊れちゃうと思った時は休んだ方がいい』と、回りの迷惑も考えず(考えても自分がかわいいから、結論は変わらない)、休むことを正論としてしまう人が増えたためだと思います。
結果、急な休みなどで施設(職場)が業務不全に陥り、シフト変更を余儀なくされ、公休の職員を呼び出さなくてはならないので、『休みの時に市外に出るときは連絡してください』となる悪循環を起こしているのです。
主さんの職場はまだ良い方かも知れません。診断書を提出できないような突然の休みは、本来、欠勤(給料が発生しない=月給から天引きされる)扱いが一般的です。しかし主さんの職場は後になってからでも、診断書を提出すれば有給休み又は特別休暇扱いにしてくれるという意味ですから、良心的かも。

最後に、休みの日に市外に出る場合の連絡については、待機状態の強要であるため、有給休暇処理となります。

しかし無給の公休日に対しての強要であれば労働基準法違反行為であり、かつ、プライバシーの侵害行為としてパワハラ対象となりますので、たとえ就業規則に記載されていたとしても、従う必要はありません。

なるほど 0
コメントする

あー…。

人手不足の悪循環スパイラル絶賛突入中の施設ですね…。

そこまで追い詰められてるのに、まだその人手のまま回そうとする。

なんで? 人が来ないから
なぜ来ない? きつい仕事だから

人が来ないのは完全に施設の広報不足。
人が一人減ることの危機感が足りなかったとしか言えません。
働き手を失うことが組織にとってどんだけ致命的か経営者はよく考えるべきだと思います。

施設にとって一番大事なものは、利用者さんではなくて、職員です。
それわかってる施設ならそうはならないはずなんです。

働き手がいて、働いてもらう場所を用意して、そこで初めて客を(利用者さん)取れるんです。

一番大切な職員を施設や利用者さんより下に見る経営者は間違えてます。






なるほど 0
コメントする

特養以外の施設を探されてはどうでしょう

  • tokkeさん

ありがとう

私も55歳で介護の仕事に初めてつきました。ヘルパー2級はとっていたもの特養での仕事にはあまり役に立ちませんでした。体力的に自信がなかったので、パートで入り、6年になります。今でもフルタイムでやる自信はありません。自分の身は、自分で守るためです。
まず利用者(長期30名とショート10名)の名前と部屋を覚えるのだけで1か月、業務の流れを覚えるのに3か月かかりました。「誰にも最初はある」と自分で自分を励まして今日までやってきました。パートだと時間が短いのですべての業務がこなせるまで半年かかりました。
主さんはフルタイムで入ったので、体力的にとてもきついと思います。うちの施設でも年々人手不足が深刻化しています。
移乗は安心・安全が第一ですので、無理をしないようにしてください。若い人は細くてもやはり力がありますが、年齢には勝てません。最初の頃は、介護事故やヒヤリハットをよく書きました。経験もない人にリーダーを任せるなんてありえない施設です。特養はスピードが要求されますので、比較的体力に自信のある人が多いです。グループホームは介護度が低い方が多いので移乗もそんなになく体力もそれほど要求されません。長く続けるためにも今一度良い施設を探されることをお勧めします。

なるほど 0
コメントする

気負わずに


初めまして、おはようございます。

私も他業種から介護の仕事に就きました。
始めから、介護の仕事を選択されている方が少ない職種だから
様々な年齢の方が、新人さんで入られてこられます。

年齢に伴う体力や気力と体格差と記憶力との戦いがありますね。
若い人達や経験者の方々には、ついていけないスピード感。

焦りや不安や戸惑い等、たくさんのマイナス的な思いが日々増えて
こられていることと思いますが

あなたが、今まで学んできたことと人生経験値が必ず活かされる
場面がきますから
今は、ご自身ができることを気負わずに
また、周りの雰囲気に呑み込まれずに
確実に安全に丁寧に利用者さんに向き合って欲しいと私個人は願います。

あなたしかできないことやあなただからできることが
あるはずですよ。

「大丈夫、やればできる」と自信を持って下さい。
コツコツ継続すれば、自信も増えます。
介護の現場は・・・「場数を踏む」しかありません。

あたなの歩幅で、もう少しだけ前を向いて臨んでみて下さい。
応援しています。



なるほど 0
コメントする

48歳

介護8年目です。

途中、デイサービス3年勤務しましたが、あとは特養、老健、病院に勤めました。
デイサービス勤務のあと、久しぶりに特養で仕事してますが、この3年で体力が低下しているのか、前にできていたことができなくなっています。
トランスでは足がつり、特浴でのお姫様ダッコもできなくなっています。

若い人や体格のいい女性スタッフが軽々とトランスしていますが、私にはできないことも多いです。
みんながやっているから、と無理してやってしまうと危険だということも実感したため、周りの人に、逐一「事故起こしてもいけないので」と言いながら助けを呼ぶようにしています。こんなところでプライドや意地で頑張っても仕事を失うだけだと思っていますから。
先日、身長140センチほどのおばあちゃんが入所され、全介助でトランスしましたが、なんと軽く感じたことが…
背の高いスタッフはいつもこんなに軽々とやっていると思うと体格の差は大きいなと感じています。

若い人や背の高いスタッフからしたら、それを理由にスタッフを呼ぶなと言われそうですが、それでも人手不足の業界ですので、いるだけで助かっているはず。
排泄やトイレ誘導に時間がかかっていることも分かっていますが、文句がある人には「私が足手まといなら、会議にかけるなり直接言うなりして首を切ってくれ」と開き直っています。
私の知り合いは、58歳で施設を変わりましたが出入りの激しい業界なので、1年もいるとベテランになり新人さんが力仕事を率先してやってくれるといっていました。

私は、無理せず一生懸命やっている人を見ると、頑張らなくてもいいんだ〜ってホッとします。
みんな、人手不足でカリカリしてますから…

なるほど 0
コメントする

気持ちお察しします。

私も未経験で病院勤務していたんですが、余りのキツさに週に1日ないし2日程ズル休みしていました。
本当に体が壊れるんじゃないかというほど満身創痍で、その上業務は覚えないといけないなど心身もたなかったです。

そんな私も2度目の病院勤務で5年勤め、今は特養で1年経ちましたが、経験あってもやはり、特養はキツいです。

無理をしないでくださいね。

他の職場を探すのなら、デイサービスとかショートステイとか。
サービス付き高齢者住宅とかどうでしょうか?

文章ヘタですいません。

なるほど 0
コメントする

あなたにオススメの求人情報

もっと見る・地域変更