介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

今年を振り返って自己採点

 今年振り返って自分はどんな一年間だったのか。特に目標設定もせず日々過ごしておりました。実家から離れて過ごすことのさみしさは利用者様の孤独への理解に役立ちました。

今月、体調不良で2日休んだ以外はまあまあかな。介護職として考え方が自分と違う違和感あった上司とのわだかまりは未だ解決に至っておらず、気持ち良くは汗かけてないですが。

来年、事業所を異動することも視野に入れながら利用者様が楽しむことのできる精一杯の努力はしていこう。元上司に誘われて参加した研修。自分と似た感じの課題に向き合っている職員さん。研修は来年も参加していこう。ひとつでも吸収し現場に還元できるように。

コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

竹鶴政孝さんが好きだ。日経新 聞の私の履歴書の中で竹鶴政孝 さんが書かれていた言葉が素晴 らしい。サントリーさんに干さ れたり、左遷されたりしても、 感謝の言葉が素直にでてきては る言葉。人徳で自分自身は色々 な扉を開けることができて、階 段を登ることができた。

逆境があるからこそ、今の自分 自身があった。私もいつかその ように感じられる人生を送りた いと感じました。