介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

訪問介護 拒否の強い利用者さん

 90代女性の利用者さんがいらっしゃる。
最初の訪問は、ケアマネさんと、ご本人とご家族とでサービス内容の確認を行った。

サービス内容は、買い物・調理となる。
利用者さんは、一人暮らしで、ご家族は利用者さん宅から電車で2時間くらいの所に住んでいらっしゃる。初回サービス訪問時に、ヘルパーさんと同行する。
ご本人が「何しに来たの?」とおっしゃる。
私が「買い物はないですか?」と聞くと、本人が「何も他人様にやってもらうことはない。私が全て出来ているから大丈夫。」とおっしゃる。
ケアマネさんに報告して、拒否が強いので、何もしないで帰ることを告げる。今後どうやって信頼関係を作りながらやっていくかが課題です。この仕事には正解がなく、試行錯誤をしながら何とかサービス出来るように考えていこうと思う。

コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/