介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

パーキンソン病の利用者さんに安心して 生活できるように

70代のパーキンソン病の方と話をした。
トイレをする所が分からなくなり、あちこちで、オシッコをしてしまう。
ゴミ箱がトイレだと勘違いしてすることもある。
私が本人に聞く。
「あちこちでトイレしていることは知っていますか?」...
本人「俺はトイレでしているよ。誰かが勝手に入って来て汚していくんだよ。」とおっしゃる。
私は、本人がそう思っているので、否定も肯定もしない。
ただ、本人がどう思っているかを知りたいだけだ。
私はいつも本人に言う。「私達が綺麗にするから大丈夫ですよ。」と声をかけると安心される。
きっとこの安心して生活出来る環境を整えることが私達の仕事だと感じるし、安心して生活出来る環境が生活を維持することに繋がる気がする。



コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/