介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

認知症の痛ましいニュース

 認知症のお年寄りの運転する車に引きずられ、その方の家族が大怪我をしたという痛ましいニュースをつい最近見ました。
その際、バリデーションという言葉が思い浮かびました。
車を運転するという明らかに危険な行為への異常なまでの執着としか社会的には看做されないかもしれませんが。
今までできていた事ができなくなっていき、それをどうする事もできなくて、そんな思いから生み出されたものかもしれません。
認知症になる以前に、車の運転というものに関して特別な感情を抱いていたかどうかを調べる事も大事だと思います。
認知症になる以前、日常的に車をどのくらいの頻度で、どのような目的で、どのくらいの時間利用していたかを調べる事も必要かもしれません。
趣味嗜好ではなく、仕事で頻繁に利用していたとしても、それもとても重要な情報だと思います。
客観的に見て現実逃避的な行動が目立つ場合、現実の具体的にどういう点が辛いのか苦しいのか、知ろうとする事で、その行動をその人の自由意志でどうにかする術も見つかるはずです。

コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

介護福祉に強い興味関心を抱い ている人間です。その理由は、 僕が一番大事にしてる、温かみ を感じてもらえるように人と接 したいという思いを、活かせる 分野だと感じるからです。

カテゴリ

過去の記事