介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

利用者さんを海に連れて行く

 私の友人が昔話をしてくれた。
もう10年以上前の話だが、都内でヘルパーをやっていた頃に、死ぬ前にもう一度海が見たいとおっしゃる一人暮らしの男性利用者さんがいらっしゃった。若かったから、何とかしてあげたいと思った。上司に利用者さんを海に連れて行きたい。と話すと上司が「聞かなかったことにする。」と言われた。上司は「行くな」とは言わなかったから連れて行くことにした。
自分の車に利用者さんを乗せて海に連れて行った。その時の利用者さんの表情が忘れられない。利用者さんから何度もお礼を言われた。
若かったから出来たのと、時代かな。今の介護は、目標や目的を失いつつある。どうせ出来ない。やらせてもらえない。という思いが強いような気がする。出来る出来ないは別にして、もっと高齢者がしたいことをどんどん言ってくれたら変わるのかも知れないと思いました。


コメント

昔は何事に対しても大らかであり寛容でした。


今は何かあった時の責任の追求が厳しくなりすぎていま す。

失敗に対しての受容も少なくなりました。

何事に対しても委縮している面は確実にあります。

「やったらええねん」って言える、言ってもらえる環境 を作っていかないといけませんね。

関西

関西さん、コメントありがとうございます。
やってみないと分からないことが多いですからね。

northsea

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

現在、所長兼サ責をしています 。身体から、生活まで、こなし ています。
病院で栄養科で調理をしていた 経験あり。刻み食、ミキサー食 も在宅で調理しています。
もともと、調理師からこちらの 世界に入りました。
講師もやっていて、介護の現場 から色々と訴えていきたいと思 います。
遣り甲斐のある仕事なので、そ れを若い人に伝えていきたいで す。
私の記事が載っています。興味 のある方は見てください。
http://www.yomidr.yomiuri.c o.jp/page.jsp?id=33932

ブログも見てください。
http://fanblogs.jp/kaigosen monsei/