介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

黒電話


8月から新規でサービスに入らせてもらっている
88歳 女性の利用者さん。
レビー小体型認知症との事で、時々 幻視が見える。
その為、寝室で休むことが不安で
居間のソファーで休まれるが、熟睡できず。
生活のリズムが崩れて、言動や行動がおかしい。
寝室には、棒が置いてあり
男の人が立って、私を見ていると話される。
その為、追い払う(戦った)
きっと戦う為の武器として、棒を置いているんだと

最近は、来なくなったからと
少し、幻視の状態が落ち着いたようです
居間に黒電話が置いてあり
この電話なら自分で電話をかける
出ることができるからと
わざと変えずに使っていると弟さんが
番号を見ながら・読みながら・確認しながら
まわすという作業が頭にいいとおっしゃる。
その通りだと思う。
電話番号なんて、覚えない・書き留めなくなった
便利すぎて、頭が退化していると
洗濯機も2層式
レトロな物は、不便だけど身体に優しい。

弟さんに連絡したいからと伝え
久し振りに黒電話を使わせてもらった
めっちゃ懐かしい~
祖母がよく使っていた黒電話の光景を思い出した。
在宅ならではの暮らしの在り方を感じさせてもらった
いいな~ 黒電


コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

自分の力を信じて
楽しみながら、介護をしたい。