介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

たとえば・・・

たとえば、

掃除機を購入するとします。

その店舗には、掃除機が二台販売されています。

Aの掃除機は、昔ながらの掃除機です。

一般的な家庭で、よく見かける掃除機です。

掃除機の機能も一般的です。

グレードアップは一年に一回程度でしょうか。

Bの掃除機は、Aの掃除機と比べると、

性能面でAより優れています。

そうですね、

吸引力が高く、

コードレスで場所を選ばず、

ヘッド部分の取り替えの種類が多く、

様々なシチュエーションに対応できる。

グレードアップは消費者ニーズに応じて行う、とします。

このAとBの掃除機は、

見た目や大きさなどは変わりません。

一般的にはあり得ませんが、

商品価格も同じです。

このような場合、どちらを購入しますか?

という、お話です。

そこで、

例えはあまりよくありませんが、

本当に、よい例えではありませんが、

この掃除機(商品)を「人」として考えてみます。

商品価格(サービス単位)は同じです。

性能面(知識や技術など)は差があります。

購入する(サービスを受ける)のは、消費者(利用者)です。

AとBに当てはめてみます。

AさんもBさんも、

見た目的には、体格等に差はありません。

同じ介護職員です。

Aさんは、経験は長く介護者としてベテランです。

一般的な知識や技術は身につけています。

スキルアップは一年に一回程度です。

Bさんは、Aさんと比べると経験は短いですが、

知識や技術の吸収力が高いです。

どんな場所や状況でも対応できます。

状況に合わせて、知識や技術を使い分けます。

必要に応じて、スキルアップをしています。

介護を受ける利用者さんからしてみれば、

同じ人間が行う介護サービスを、

知識や技術に差がある場合、

サービス価格が変わらない場合、

どちらがいいでしょうね、

という、お話でした。

例えがあまりよくありませんが、

介護の商品って

「人」ですよね。

サービスは、

その「人」が行うものですよね。

質の高いサービスは、

その「人」が持つ「知識や技術」ですよね。

なんて、

今朝からこんなことを考えていました。

自己研鑽は大切なこと、

ですよね。


コメント

なるほど。
私は、多分Bでもないですが、いらないとか嫌だなぁと思 われる理由は、そこにあるのかもしれません。
また、少しですがお客様のクレームが入ってきてまして ・・・。
なんか、少し悩み解決です。お客様への対応の仕方を考 えないと・・・。

腰痛再発

腰痛再発さん、こんばんは。

ブログ拝見しましたよ。

また勝手に、私の言い分をコメントしちゃいました。

今日の私のブログは、昨日からの流れで、朝から悶々と 考えていたことを書きとめたものです。

というか、まだ悶々としています。笑

お互いに、もっと前向きに生きていきましょう!

コンシダー

シャチョーさん、こんばんは!

もちろん、Bの掃除機を買います!
だって価格同じだったら、よりよいスペックの物選びま すよね?
変なハナシ、多少Bの方が値段高くても、購入する自分 が納得する程度の価格差ならば、やっぱりBを買います 。

じゃあ逆に同じ価格でAを買ってたら???

友人の自宅でBの掃除機見て
『イイな〜♪いくらだったの?』って聞いたら、ついこの 間買ったAの掃除機と同額だった!?

…すごく損した気分。(T_T)

でも中には『使い方知ってるからAのがイイ!』ってい う人も実はいたりしますね。

【二層式洗濯機】…全自動のが安く買えるけど、需要はあ ります。

話はかなりズレましたが、Aの介護士さんとBの介護士 さんがいたら、私はやっぱりBがイイ!

いや、待てよ。
でもそこに【介護士さんの人柄の違い】が絡んでくると …訳わからないですね〜。

せしりあ

せしりあさん、おはようございます。

例えば・・・って考えてしまい、考えた時に、

介護業界の商品って人そのものなんじゃない?

って思ったところから派生した掃除機でした。

人が商品なら、サービスが商品の特長かなって。

例えは悪いかも知れませんが、想像すると止まりません でした。

コンシダー

そうですね、【人】そのものが商品価値かも知れません 。

だから推し量り難い。

特に居宅訪問介護とか派遣スタッフとして仕事をするな らば、尚更自分の【商品価値】を高めておきたいですね 、私ならば。

ただ…
『せしりあさんに担当して欲しい。その分【指名料金】 加算されてもいいから♪』

なんて事にはなりませんね、介護は。(笑)

でも会社が【大入袋】くれるかな?(笑)

せしりあ

せしりあさん、おはようございます。

1ヶ月程前でしょうか?

指名制を取り入れるような法改正の会議が開催されてい ました。

その後の動向は未確認なので、無責任な発言ですが。

いろいろとお国の方も考えているようですが、なんせ、 財源ありき、なのでね。

介護業界に対する方向性や目的、いろいろと言葉は発せ られていますが、現実性を感じられないでいる私がいま す。

大入り袋を渡すためには、介護事業以外の利益率の高い 事業を展開しないと!笑

コンシダー

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

人並みに
人生観があり
介護観があります。

職場選びの基準の一つ
その法人の福祉に対する「理念 」や「考え方」

理念や考え方に感銘を受け
共感した法人で尽力しました。

しかし
理念と実態には隔たりがあるも のです。

不満を持つが我慢しました。
そしてストレスが蓄積しました 。

やるしかない!

一念発起

現在
サービス提供責任者
CMもどき
NSもどき
LCSWもどき
時々ダイトリ

ヤル気と行動力
何とかなっています。