介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

第一高女はお嬢様、第二高女はお転婆だ って・・

  本日の入浴介助は、楽しかったです。

このホームで、2番目に高齢の女性のご利用者様、元小学校の先生です。

現在、97歳、この方は、生まれを西暦にてお話しする。 1920年生まれ、大正9年

と西暦を先に言う。

鹿児島県生まれ、鹿児島の第二高等女学校から師範学校に行ったと言われました。

この年代では、すごくエリートだと思います。 

会話は成り立ちます。時々、認知症は出ますが、自分からお話ししている分には

認知症は出ません。そして、昔話をしていると理路整然としております。

そこで、タイトルの会話です。

この方は、鹿児島の2番目の女学校を出たそうです。

大正9年だから、年代としては、昭和10年代くらいでしょうか。

大正生まれの人で、女学校に行くっていうのも、少なかったそうです。

その中で、第一高等女学校は、やっぱり、お嬢様が多かったとのことでした。

そして、その方は、第二高等女学校で、当時はお転婆だったとのこと。

今日のお話を聞いている内に、NHKの朝ドラを思い出しました。

「花子とアン」のドラマですか。 リボンを付けた女学生が出てましたね。

近代史を生で聞けましたね。



コメント

zooさん、お疲れ様です!

きっと97歳のおばあちゃんはその時だけ『女学生』に戻 っていた事でしょうね〜。
その光景が目に浮かぶようです。

ほっとするひとときですね。

せしりあ

せしりあさんコメントありがとうございます
 そうでしょうね。とっても、楽しそうにお話ししており ましたからね。

zoo

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

zooさん

zoo

家族介護から介護の世界に入り ました。 認知症介護専門にがんばってい ます。 社会福祉士と精神保健福祉士の 資格を取得しました。平成28年 9月より、GHの管理者になり ましたが、いろいろありまして 、平成29年6月よりケアマネ兼 介護職に戻りました。

カテゴリ

過去の記事