介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ちょっと、落ち込んだ・・

  本日は、遅番でした。夜勤専門の人が来て、夕食後、ある程度ADLの自立している

ご利用者様の居室に入っていった所、少し臭うと言って来られました。

まだ、ご利用者様は夕食後、リビングにて、過ごされていた。

夜勤専門の人は、GHの前は、特養に勤務していた人で

結構、機転の利く女性のスタッフです。

彼女、タンスの中から、袋の入った便汚染の下着とパジャマを探し出しました。

昨日の夜と思われます。そして、処理してくれました。昨夜の夜勤は、気が付かなかった様子です。

ある程度、ADLの自立しているご利用者様で、ご自分でトイレに行けるご利用者さまで、布パンツの

方です。

羞恥心があるので、失禁した場合は、自分で衣類を取り換えて、タンスなど

スタッフの目につかない所に隠すことがありますよね。この方は、パジャマの更衣も

ご自分でされるので・・ 本来は、昨夜の夜勤者が、パジャマのズボンが違うのに

気が付けば朝、処理できたのですが。

でも、ぼくも、今日は、半日位居て、2回ほどお部屋にお邪魔したのですが、

臭いに気が付かなかったことは、うっかりミスでした。

今夜の夜勤者に、「気が付かなくてごめん!」って言ったんですが

夜勤者は、「うっかりは、だれでもあるよね」って言っていた。

でも、彼女の言葉で、「この仕事は、いろいろと敏感にならないと・・」

の言葉は、心に響きましたね。

ぼくは、どうも、認知症対応以外の事に、神経を配るのがおろそかになる

時があります。 気を付けます!

コメント

せしりあさんコメントありがとうございます
 う~~ん!謙虚かなぁ~!介護の技術に自信がないので ・・・ 認知症ケアについては、自信家の所もあります。

zoo

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール

zooさん

zoo

家族介護から介護の世界に入り ました。 認知症介護専門にがんばってい ます。 社会福祉士と精神保健福祉士の 資格を取得しました。平成30年 1月より、GHの管理者に再度 なりました。ただ、今年2月に 倒れてしまいました、3月は休 養しております。 4月は、GHの管理者を引退し て、精神障害者の支援の仕事に 就きました。

カテゴリ

過去の記事