介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

知っておきたい!赤ちゃん、幼児の体温 は高め!

 聞いた事がある方は多いと思いますが、子どもの体温はやや高めです。

日本人の体温の平均は、36度ちょっとと言われていますが、赤ちゃんや幼児にいたっては37度以上は当たり前です。  

人によっては37度以上は熱が出ている状態だと認識している人も少なくは無いと思います。 成長が活発ですので体温が高めだと考えて頂いて結構ですが、体温調節うまくできていない為、普段の生活、時間帯でも体温が高めになっているという事も知識として覚えておくと良いでしょう。
加えて、高熱が出るような病気になっていなくても、時間、成長過程、運動やお風呂の後になど、突然に体温の上昇が見られる場合もあります。  

非接触 体温計であろうと、脇式の体温計であろうと、やはり赤ちゃん 体温計を使う時、以上の状況をご注意する必要があります。

こういった状況で、赤ちゃんの平熱を把握する事は困難ですが、おおよその平熱は判断する事ができますので時間を決めて定期的に体温計 赤ちゃんの体温を測るように心掛けて下さい。  

家庭内で定期的に体温計で体温をチェックする事ができれば、子どもの健康管理の助けとなってくれるはずです。

やはり、成長していくうえで大切な時期ですし、子供の為にできる限りの準備はしておくべきだと思います。

突然の高熱でもすぐ体温を測って上げれるように是非準備しておいてくださいね!^^

コメント

コメントするには会員登録が必要です

ログイン/会員登録

プロフィール